葬儀社

元葬儀人が解説する小さなお葬式とシンプルなお葬式の違い!あなたに合うのはどれ?

投稿日:2017年3月20日 更新日:

【この記事は約4分で読めます】

小さなお葬式」と「シンプルなお葬式」は葬儀業界の不透明な費用に大胆にもメスを入れた、追加費用が一切かからない定額サービスになります。

ただ、元葬儀人の私からみても両サービスは酷似しており、下記のような悩みをお持ちの方も多いかと思います。

小さなお葬式とシンプルなお葬式どちらがいいのかわからない

結論を申し上げますと、

「小さなお葬式」は実績や候補となる葬儀社の数で安心感を持ちたいひと向けで、

「シンプルなお葬式」は費用を最低限に抑えたいひと向けです。

 

(偉そうに結論を言ってますが)実はこちらの記事を書く前までは、元葬儀人の私も両サービスの細かな違いがわかりませんでした。

また、しっかりまとまっているサイトもなかったので、今回を機会に徹底的に調べあげました。

こちらの記事では元葬儀人の私が、第三者の立場を利用して包み隠さず両サービスの良し悪しをお伝えします。

この記事を読むことで、あなたが「小さなお葬式」か「シンプルなお葬式」のどちらを選択すればよいのかがわかった上で、さらにお得になる葬儀社選びの方法を把握できます。

※仮にどちらかのサービスを利用することを決めていても、よりお得な選択にするために、第3章「「小さなお葬式」と「シンプルなお葬式」を賢く使う方法」は必ずお読み下さい。

1.「小さなお葬式」と「シンプルなお葬式」徹底比較

こちらの章では業界人として、定額サービスにおける重要だと思う下記4つの項目で「小さなお葬式」と「シンプルなお葬式」の徹底比較を行ないます。

  1. 費用
  2. サービス
  3. 葬儀社数
  4. 業績

ではそれぞれをみていきましょう。

2-1.費用が安いのは「シンプルなお葬式」

まず、両サービスで最も選択されている家族葬の費用プランをみてみましょう。

参照:小さなお葬式

参照:シンプルなお葬式

小さな家族葬は488,000円に対してシンプルなお葬式は418,000円でした。

上記のプランの費用をみて「シンプルなお葬式」のほう70,000円安いと思うのはまだ早いです。

各社が謳っている基本プランは、実は詳細まで確認するとサービスに含まれている項目が異なる場合もあります。

下記に基本プランの内容を整理したので確認をしていきましょう。

サービス項目 小さなお葬式 シンプルなお葬式
お迎え

ご安置

寝台車 ◯(最長50km) ◯(50km以降10km毎に5,400円)
ドライアイス
ご遺体安置
枕飾り一式
 納棺 お棺
仏衣一式
お棺用布団
役所・火葬場手続き代行
通夜

告別式

寝台車  ◯(最長50km) ◯(50km以降10km毎に5,400円)
葬儀場利用料金
生花祭壇
遺影写真
受付セット
司会スタッフ
運営スタッフ
 火葬 寝台車  ◯(最長50km)  ◯(50km以降10km毎に5,400円)
火葬料金
骨壷
葬式後 自宅飾り一式
会葬礼状

調べていて、業界人の私でさえ驚きでしたが、定額サービスに含まれている項目が一緒になります。

よって、費用の観点よりみるならば「シンプルなお葬式」をオススメ致します。

続いてスタッフのサービスの質をみていきましょう。

2-2.スタッフの質は両サービス遜色なし

「小さなお葬式」の「シンプルなお葬式」コールセンターのスタッフの質は両サービスともに遜色なく、どちらとも優良なサポートであると言えます。

特徴としては、24時間365日、複数の専門スタッフが常駐して迅速かつ丁寧な対応をしております。

参照:小さなお葬式

参照:シンプルなお葬式

 

両サービスのコールセンターのサポートの質は高く、業界人の私にもそのような情報が入っておりますので安心して利用ができます。

2-3.取り扱い葬儀社数は「小さなお葬式」が多い(かも)

取り扱える葬儀社数・斎場数は「小さなお葬式」の方が多いと思われます。

参照:小さなお葬式

参照:シンプルなお葬式

「小さなお葬式」は3,000以上の斎場をご案内可能であると明記されているに対して、

「シンプルなお葬式」は斎場数の明記ではなく、400社以上の葬儀社を紹介できると謳ってます。

1つの葬儀社が平均10以上の斎場を抱えているとは考えにくいため、「小さなお葬式」のほうが取り扱える葬儀社数は多いと言えます。

(あくまでも業界人としての感覚値となってしまいますが)「小さなお葬式」のほうが「シンプルなお葬式」よりも1.2〜1.5倍近く葬儀社や斎場を取り扱っていると思って頂ければと思います。

ただここで、注意しなければいけないことがございます。

「小さなお葬式」と「シンプルなお葬式」は独自の営業で提携する葬儀社や斎場を増やしており、

「小さなお葬式」には取り扱いがあり「シンプルなお葬式」にはない葬儀社や斎場が存在し、もちろん逆も言える事を念頭に入れておきましょう。

最後に両サービスの業績をみていきます。

2-4.実績が豊富なのは「小さなお葬式」

実績を考える上で、サービス開始時期と公開されている実績を参考にします。

比較項目 小さなお葬式 シンプルなお葬式
サービス開始時期 2009年 2013年
実績 年間24,000件 非公開

「小さなお葬式」が4年早くサービスをスタートしております。

また取り扱い実績という視点ですと、業界トップクラスの年間24,000件の実績をもつ「小さなお葬式」が目立ちます。

ただ、「シンプルなお葬式」の実績に関して公式サイトに記載がないため、どちらのほうが実績件数が多いが判断はしかねます。

しかし、仮に「シンプルなお葬式」が「小さなお葬式」以上の実績数がある場合、公式ページでその内容を謳ってアピールをすることは当然です。

逆にそのような表記がないということは、24,000件よりも実績数はすくないという認識を持っても間違いでないと思われます。

サービス開始時期と取り扱い実績の観点より、「小さなお葬式」のほうが実績が豊富であると言えます。

ここまで両サービスを項目毎に比較してきました。紹介してきた情報をふまえてサービス毎に相性の良い人を下記にまとめます。

2.「小さなお葬式」と「シンプルなお葬式」に相性がいい人は

まずは、「小さなお葬式」と相性がいい人を紹介します。

2-1.「小さなお葬式」は実績や候補となる葬儀社の数で安心感を持ちたい人向け

「小さなお葬式」は「シンプルなお葬式」より4年早くサービスを開始、業界トップクラスの取り扱い件数24,000件を誇る実績と、4,000以上の斎場と提携していることより、より幅広く葬儀社や斎場を紹介してくれます。

取り扱い実績や葬儀社の選定の時に参考にできる候補会社を多くでき、安心感を持って葬儀社選びをしたい人に相性がよいと言えます。

ただ「小さなお葬式」経由全ての葬儀社が優良なものではございません。

あくまでも「シンプルなお葬式」と比較したい際に候補とあがる葬儀社や斎場の数が多いという意味を念頭においてください。

2-2.「シンプルなお葬式」は費用を抑えて行ないたい人

上記では最も人気のある「家族葬」で費用の比較をしましたが、「直葬」や「一般葬」でもサービス内容の項目が一緒で「シンプルなお葬式」のほうが「小さなお葬式」よりも安い傾向になっております。

よって、「シンプルなお葬式」は費用を抑えて葬儀を行ないたい人向けになります。

ここまでの説明であなたが「小さなお葬式」か「シンプルなお葬式」に相性がよいかがわかるようになったと思います。

最後にこの両サービスをより賢く使う方法を下記で紹介します。

下記方法を試して

  • 全く新たな候補の葬儀社が見つかる
  • 検討していた同じ葬儀社から何万円もお得に葬儀ができる

上記のようなことがおきますので必ず参考にしてください。

3.「小さなお葬式」と「シンプルなお葬式」を賢く使う方法

ここまでの説明であなたが「小さなお葬式」と「シンプルなお葬式」どちらのサービスに向いているのかわかったと思います。

こちらの章では、両サービスをより賢く使う2つの方法をご紹介します。

両サービスを賢く利用する2つの方法

  1. 資料請求を行う
  2. 葬儀一括見積りを併用する

ではそれぞれを説明します。

方法1:割引特典がある資料請求を行う

実際に利用している人が少ないのですが、「小さなお葬式」と「シンプルなお葬式文字」共に事前に資料請求するだけで5,000円割引対象になります。

参照:小さなお葬式

参照:シンプルなお葬式

割引き兼のみならずエンディングノートやパンフレット等、終活にも参考になる資料も含まれているの利用するしないに限らず資料請求を行なっておくのもオススメです。

また下記の7項目を埋めるだけですので1分もかかりません。

参照:シンプルなお葬式

方法2:葬儀一括見積りを併用し最適な葬儀社を見つける確率をあげる

両サービスは独自の営業で提携する葬儀社や斎場を増やしております。

しかも定額サービスに提携する葬儀社もある程度限られるため、

1つのサービスのみに絞って葬儀社探しを行なうと、あなたにとっての最適な候補を見逃してしまいます。

ではどのように対処すれば良いのでしょうか?

筆者としては葬儀一括見積りとの併用をおすすめしてます。

葬儀一括見積りとはあなたの要望をサイト上に記入するだけで、厳選された全国の葬儀社の複数の見積りが気軽に手に入るサービスです。

代表的な葬儀一括見積りサービスは葬儀レビです。

複数サービスがございますが提携社数や業績の視点よりこちらを利用しておけば大丈夫です。

記入フォームも下記にように簡単な項目で60秒もあれば完了し、

参照:葬儀レビ

なお、下記のようにしつこい営業なかったので、相場を把握するだけとしても最適です。

参照:葬儀レビ

 

小さなお葬式」や「シンプルなお葬式」と「葬儀レビ」を併用することによって、

  • 全く新たな候補の葬儀社が見つかる
  • 検討していた同じ葬儀社から何万円もお得に葬儀ができる

ができるようになりますので必ず利用してみてください。

4.まとめ

いかがでしたでしょうか?

元葬儀人が「小さなお葬式」と「シンプルなお葬式」の徹底比較した情報をお伝えしてきました。

小さなお葬式」は実績や候補となる葬儀社の数で安心感を持ちたいひと向けで、

シンプルなお葬式」は費用を最低限に抑えたいひと向けです。

またお得に、納得感のある選択をするためにも、

を忘れないようにしましょう。

こちらの記事を通じてあなたの葬儀の準備の少しでもお力になれたならば幸いです。

おすすめ記事

1

既に葬儀一括見積りサイトを利用すると決めておられる方は、「葬儀一括見積りサイトの徹底分析とランキング3選」をご覧ください 最近ではインターネットの普及によって葬儀社の選びかたが変わり、「葬儀一括見積り ...

2

目次約80%の人が葬儀社の比較をしないで後悔をしている葬儀一括見積もりサイトは手間をかけずに厳選された葬儀社を全国から見つけられる胸を張ってオススメする葬儀一括見積もりサイト3選たった10分であなたの ...

3

上記のような理由だけで、日本に7,000以上ある葬儀社の中から家族葬を選んでしまうのは大きな間違いです。 家族葬は他の葬儀と比較し、費用面でとても透明性があり納得できる比較検討ができるのが特徴です。 ...

4

とは株式会社ユニクエスト・オンライン(大阪府・西区)が提供するサービス名で、葬儀業界の不透明な費用に大胆にもメスを入れた、葬儀の追加費用が一切かからない定額サービスになります。 年間約24,000件の ...

-葬儀社

Copyright© お葬式のいろは , 2017 All Rights Reserved.