葬儀社

葬儀一括見積りはオススメ?特徴や注意点、おすすめサイト等徹底紹介

投稿日:2017年3月4日 更新日:

【この記事は約3分で読めます】

既に葬儀一括見積りサイトを利用すると決めておられる方は、「葬儀一括見積りサイトの徹底分析とランキング3選」をご覧ください

最近ではインターネットの普及によって葬儀社の選びかたが変わり、「葬儀一括見積り」がオススメという情報をよくみるのではないでしょうか?

2016年までの17年間、葬儀業界で働いていた元葬儀人の私も下記のようなお悩みをたくさん耳にしてきました。

葬儀一括見積りはどういうサービスなの?信用できるの?
葬儀一括見積りでもたくさんあるけど結局どれがいいの?
葬儀一括見積りサイトの利点や注意点、具体的な利用イメージがつかない

あなたも上記のようなお悩みをお持ちではないでしょうか。

結論から申し上げますと、後悔しない葬儀をあげるために利用するべきサービスと断言できます。

また、申し込みは考えてないけど葬儀の相場だけを知りたい場合にもオススメできます。

なぜ葬儀一括見積りサイトがオススメできるサービスか、下記に簡単に説明します。

葬儀の費用に関しては平均的な相場という概念がありません。

葬儀社の言い値で決まってしまうのが実情で、たとえ同じ葬儀内容でも費用が2倍以上異なる場合もあります。

ではあなたの要望にあった葬儀の相場を知るのはどうすればいいのでしょうか?

葬儀社に見積もり依頼をし、比較を行うことです。

逆に言うと、これしか方法はございません。

少々面倒かと思いますが、葬儀を後悔しないためにも葬儀社の複数比較はしっかり行うことをオススメします。

公正取引委員会によると、葬儀社を比較しないで決めて、後悔した人が80%以上もいると言われております。

葬儀社の比較をしないで、80%以上の人が葬儀に後悔しているなんて驚きだ。。。
そうなんです。

内容が同じなのに葬儀社が異なるだけで80万円と170万円と2倍以上費用が異なる等、年間700件以上もの国民生活センターに相談がきております。

国民生活センターはトラブルの拡大防止のために、消費者に葬儀社をえらぶ場合は細心の注意を呼び掛けているのが葬儀業界の現状です。

後悔のない葬儀のために相場を把握する、そのためにも葬儀社から必ず複数の見積りをとるようにしましょう。

ただ、全国で7,000以上もある葬儀社の中からわたしの要望にあった葬儀社の見積もりをどのように手に入れればいいの?
そうそう、わかります。皆さんそのようなお悩みをお持ちになります。

元葬儀人として「葬儀一括見積り」を胸を張ってオススメしてきました。

あなたの時間をたった1分使うことで、要望にあった優良な葬儀社の見積りを複数手に入れることができます。

こちらの記事では葬儀の相場の把握の方法である「葬儀一括見積り」のすべてをご紹介します。

上記のようなトラブルをあなたの葬儀でおこないように約束しますので、最後まで記事をご覧ください。

1.葬儀一括見積りサイトは信用できるのか?

信用できます。安心してください。

葬儀一括見積りサイトを運営しているのは、インターネット業界や葬儀業界の中で上場もしている大変有名な大手企業です。

また、上場している会社は自らの信頼を守らなければいけないため、サイト運営はもちろんのこと、あなたに紹介する葬儀社の選定も厳しく行っております。

下記に葬儀一括見積りサイトを運営する会社を紹介いたします。

尚、葬儀一括見積りサイトの中には、信憑性の低い会社が運営しているサイトもあります。くれぐれもお気をつけください。

こちらの記事の「葬儀一括見積りサイトの徹底分析とランキング3選」でオススメのサイトと運営会社を紹介していますので参考にしてください。

「いい葬儀」を運営する「株式会社鎌倉新書」

設立:1984年

所在地:東京都中央区

2015年に東京証券取引所マザーズ上場

仏教や葬儀分野の出版並びにポータルサイトを運営

仏教や葬儀関連の月刊「月刊仏事」を発行

「いい葬儀」「いいお墓」「いい仏壇」など多数の葬儀関連のネットサービスを展開

「価格.com葬儀」を運営する「価格.com」

設立:1997年

所在地:東京都渋谷区

2003年東京証券取引所マザーズ上場

葬儀業界だけではなく、幅広い領域でインターネット関連サービスを展開している

「葬儀レビ」を共同運営する「株式会社みんれび」と「株式会社ニフティ」

設立:2009年

所在地:東京都新宿区

2017年4月に10億円資金調達、ソフトバンクの孫さんの右腕と言われていた、嶋聡氏(元ソフトバンク社長室室長)が社外取締役として就任

参照:JIJI.com

設立:1986年、所在地:東京都新宿区

2006年東京証券第2部上場

現在は「富士通」の完全子会社

葬儀業界だけではなく、インターネットプロバイダーや総合ポータルサイトも運用する

こちらでは葬儀一括見積りが信用できるサイトであることを説明してきました。

利用されたい方は5章「葬儀一括見積りサイトの徹底分析とランキング」をご覧ください。

ただもちろんデメリットや注意点もあります。

つぎに葬儀一括見積りのメリット・デメリットをみていきましょう。

2.葬儀一括見積りのメリット・デメリット

こちらの章では葬儀一括見積りのメリット・デメリットを紹介していきます。

2-1.葬儀一括見積りの2つのデメリット・注意点

葬儀一括見積りは下記2つのデメリットがあります。

  1. 全国全ての葬儀社が対象ではない
  2. 紹介される葬儀社がすべて優良であるとは限らない

ではそれぞれを見ていきましょう。

デメリット1:全国全ての葬儀社が対象ではない

葬儀一括見積りサイトを運営する会社は独自の営業で独自のプラン内容をもって葬儀社と提携します。

もちろん、日本全国全ての葬儀社を対象にはできず、

例えあなたの要望が全く同じでも、葬儀一括見積りサイトによってもらえる見積りが大きく異なる可能性は高いです。

結果、1つの葬儀一括見積りサイトだけに頼ってしまうとあなたにとって最適な葬儀社を見逃してしまうことがあります。

対処法としましては、2つ以上の葬儀一括見積りサイトを併用してください。

あなたにあった最適な葬儀社に出会える可能性がグッとあがります。

また、他の業界と異なり、しつこい営業の電話もなく、見積りだけで希望のものがあれば気軽に断れますのでご安心して併用ください。

デメリット2:紹介される葬儀社がすべて優良なものとは限らない

前の章では、葬儀一括見積り経由で紹介される葬儀社は、大手企業によって厳選された優良なものの可能性が高いと紹介しました。

こちらの章で強調したいのは、あくまでも可能性が高いだけであるということです。

葬儀一括見積りサイトは、あくまでもあなたと葬儀社をつなぐ仲介サービスで、葬儀社ではなく、斎場ももっているわけではありません。

例え紹介する葬儀社を厳選して、信頼できるサービスだとしても、全ての葬儀社の質を担保することは不可能になります。

対処法としては、候補にいれた葬儀社が優良なものかを自分の目で確認することになります。

下の記事で優良な葬儀社の見分け方を紹介しておりますので是非参考にしてください。

業界人が教える家族葬における葬儀社の後悔させない選び方

上記のような理由だけで、日本に7,000以上ある葬儀社の中から家族葬を選んでしまうのは大きな間違いです。 家族葬は他の葬儀と比較し、費用面でとても透明性があり納得できる比較検討ができるのが特徴です。 ...

続きを見る

尚、例え理想な葬儀社がなくても気軽に断れるのでご安心ください。

参照:葬儀レビ

ここでは葬儀一括見積りのデメリットを紹介しました。

あなたにとって最適な葬儀社をみつけるために、必ず2つ以上の葬儀一括見積りサイトの併用と、候補にあげた葬儀社が優良なものか確認はしましょう

続いてはメリットを見ていきます。

2-2.葬儀一括見積りの3つのメリット・特徴

葬儀一括見積りは下記3点のメリットがあります。

  1. 効率よく複数の葬儀社の候補をあげる
  2. 葬儀社の質を担保できる
  3. 気軽に葬儀の相場を把握できる(断れる)

ではそれぞれのメリットを見ていきましょう。

メリット1:効率よく複数の葬儀社の候補をあげる

葬儀の準備を効率よくおこなくことは大変需要になります。

公正取引委員会によると、

98%の人が葬儀の準備に時間的余裕がなかったといっており、

96%の人が比較検討をせずに葬儀社を決定し、

80%の人が実際に行った葬儀にたいして後悔をしています。

まとめると葬儀の準備において時間的余裕がなくて、葬儀社の比較ができないで後悔している人があまりに多いということです。

時間的のない葬儀の準備において、たった1分、自分の要望を記入することであなたの要望にあった葬儀社の見積りを複数手に入れられることは大きなメリットと言えます。

下記に一括見積りサイトを利用する場合としない場合での、複数社から見積もりをもらえる流れをみていきましょう。

手順 一括見積りサイトを使用しない 一括見積りサイトを使用する
1 自身の要望に合う葬儀社Aを探す 自身の要望をサイト上に記入
2 葬儀社Aの見積りに必要な情報収集 (サイト運営社と要望確認する場合もある)
3 見積もりの依頼
4 自身の要望に合う葬儀社Bを探す
5 葬儀社Bの見積りに必要な情報を収集
6 見積りの依頼

また、下記のように整理できます。

一括見積もりサイトを使用しない 一括見積りサイトを使用する
手順の数 6 2
見積もり数 2社 平均5社
かかる時間 4-5時間 1分

時間の内葬儀の準備において効率よく葬儀社の候補を増やせるのは大きなメリットと言えます。

メリット2:紹介される葬儀社は厳選された質のよいものが多い

全国に7,000以上もある葬儀社。

その中から、慣れない葬儀の準備の中で優良な葬儀社を見つけるのは至難の業です。

そんな葬儀社選びですが、葬儀一括見積り経由で紹介される葬儀社は質のよいものが多いと言えます。

前の章で説明したとおりに、サイトを運営している会社はインターネット業界や葬儀業界で名の知れている大手企業です。

その大手企業は自身の会社の信頼を守るため、あなたに紹介する葬儀社の選定を下記のように厳しくおこなっております。

参照:葬儀レビ

メリット3:気軽に葬儀の相場を把握できる

不透明な料金体系で有名な葬儀においては、これといって決まった相場は存在しません。

冒頭でもつたえましたが、重要なことはあなたの要望にあった見積りを複数出し、あなたの要望にあった相場を把握することです。

中古車や不動産の一括見積りのようなしつこい営業は一切なく、下記のように堂々断れる葬儀一括見積りは気軽に葬儀の相場を把握できます。

しかもお断りする際は、電話やメール等の連絡が必要ありません。

参照:葬儀レビ

例え実際に申し込まなくても、あなたの要望にあった相場がいくらなのか把握したいだけで利用している方もたくさんおりますので、是非その場合の活用もご検討してみてください。

ここまで葬儀一括見積りのメリットを紹介してきました。

時間や精神的に余裕のない葬儀の準備において、

効率よく優良な葬儀社の候補をだせるだけでなく、

葬儀の相場を把握する目的でも気軽に使えるメリットがあります。

ここまで葬儀一括見積りのメリット・デメリットを紹介してきました。

そのまとめとして、葬儀一括見積りと相性が良いひとを紹介します。

利用されたい方は5章「葬儀一括見積りサイトの徹底分析とランキング」をご覧ください。

3.葬儀一括見積りと相性が良い人

 

ここまで葬儀一括見積りの概要とメリット・デメリットを紹介してきました。

葬儀の準備をする上で、葬儀一括見積りは全ての人にオススメのできるサービスではあるといえますが、その中でも相性の良い人を下記に紹介します。

3-1.葬儀一括見積りと相性がよい2種類の人

  1. 効率よく簡単に、あなたの要望にあった優良な葬儀社を知りたい
  2. あなたの要望にあった葬儀の相場を知りたい

詳細は上記でたくさん説明してきたのでこちらでは割愛しますが、

あなたが上記のどちらかに当てはまる場合は必ず利用することをオススメします。

続いてはあなた利用する際のイメージがつけやすいように、葬儀一括見積りの流れを紹介します。

4.葬儀一括見積りの4つの流れ

流れは大きくわけて下記の4つになります。

  1. フォームにあなたの要望を記載
  2. (必要と判断された場合)葬儀一括見積りサイトより詳細の確認
  3. 葬儀一括見積りサイトから複数の見積りがあなたのもとに送付
  4. 希望のものがあった場合葬儀社に連絡・なければ却下が可能

ではそれぞれの流れを詳細にみていきましょう。

流れ1:フォームにあなたの要望を記載

まずはあなたの下記情報をフォームに記載します。(※葬儀一括見積りサイトによって記載内容が異なる場合があります)

かかる時間はどのサイト利用しても3分以上はかからないでしょう。

質問項目 回答例
葬儀を行う場所  東京都中央区日本橋
いつごろ葬儀を行いたいか 10日以内に準備したい
ご質問・ご希望 20人規模の家族葬を行いたい
名前  田中太郎
メールアドレス tanaka.taro@gmail.com
電話番号  090-***-***

下記に実際のフォームを添付します。ご確認くださいませ。

流れ2.(必要と判断された場合)葬儀一括見積り会社より詳細の確認

あなたの要望に対して、葬儀一括見積りサイト側でより詳細の確認が必要になった場合、電話かメールで連絡がきます。

私の場合ご質問・ご希望の欄を空欄にして提出したので、詳細確認の連絡が日曜日なのにすぐに来ました。

ちなみにスタッフさんの対応は大変素晴らしかったです。

電話での対応でもよかったのですが、メールでの連絡を要望したら下記のような確認のメールをもらいました。

このたびは「***」にお見積りのご依頼をいただきましてありがとうございます。先程はお忙しいところお電話をして申し訳ありませんでした。

お客様のご要望にあったお見積もりを準備させていただくにあたり必要な項目でございますので 下記項目にお答えいただき、

お手数ですが、ご返信頂ければと存じます。
********************************************************************
[ご儀について]
◇ご儀をお考えの地域:
儀の形態 :直(火のみ)・ 一日・ 家族・ 一般
◇おおよその参列者数 :親族  名様 、一般  名様
◇ご希望の儀場 :自宅、寺院、儀会館など
◇ご自宅でのご安置 :可、不可
◇参列者へのおもてなし :【料理】必要・不要 【会品】必要・不要
◇お付き合いのある寺院、教会等 :
◇宗旨/宗派 :
◇もしもの時、喪主をつとめられる方:
◇見積書の送信元 :①紹介儀社から直接お届け②いい儀お客様センターで取りまとめてお届け
◇ご希望の連絡方法 :メール・郵送
----------------------------------------------------------------
[該当者様について]
◇あなた様からみた該当者様の続柄:
◇お名前(差しつかえなければご記入ください) :
◇ふりがな :
◇住民票のあるご住所(市区町村):
◇現在のご状況:
◇現在いらっしゃる場所(ご自宅・病院など):
********************************************************************
お役に立てるようサポートさせて頂きますので
ご心配な事がございましたら、いつでもご相談くださいませ。
****************************************************************

メールや電話にて自身の要望をしっかり伝えられたら、あとは葬儀社の複数の見積りを、葬儀一括見積り会社より送付されるのを待つだけです。

流れ3.葬儀一括見積りサイトから複数の見積りがあなたのもとに送付

要望をしっかり葬儀一括見積り会社に伝えたら、当日か翌日にはあなたのもとに下記のようなメールと見積りが届きます。

メール例

***のお客様センターの***でございます。
お見積書が届きましたので添付ファイルにてお送り致します。
内容をご確認頂き、ご検討くださいませ。
今回ご紹介させて頂くのは下記の葬儀社です。
・***

・***
なお、あと2社の見積書を取り寄せております。
準備が整い次第、順次お送り致しますのでいましばらくお待ちくださいませ。
お見積りの内容や詳細についてご不明な点がある場合や、その他追加・変更のご要望などございましたらいつでもご連絡くださいませ。
****************************************************************
株式会社***「***」お客様センター
** **【年中無休24時間対応】
0120-393-100(フリーダイヤル)
****************************************************************

見積り例

下記のような見積りを複数もらえます。私の場合は4つ届きました。

流れ4:希望のものがあった場合に葬儀社に相談開始・なければ却下可能

見積りの内容を確認し、希望のものがあった場合に葬儀一括見積りサイトに連絡をして、葬儀社との相談が開始されます。

尚、実際に自身の希望のものがなかった場合はもちろん申し込みしなくても問題ありません。

この章では実際にあなたが葬儀一括見積りサイトを利用する際の流れを紹介してきました。

あなたがやることはたった1つ!

1分もかからない項目を埋めてフォームを提出し待つだけです。

しつこい営業もなく、また遠慮なく断れるので気軽に利用しましょう。

最後に著者がオススメする葬儀一括見積りのサイトをご紹介します。

5.葬儀一括見積りサイトの徹底分析とランキング3選

こちらの章では下記3つの流れで各サイトの特徴を分析し、業界人の私が胸を張ってオススメできる3選を紹介していきます。

  1. 葬儀一括見積りサイト一覧
  2. 主要な葬儀一括見積りサイトの徹底分析
  3. 葬儀一括見積りサイトのランキング3選

ではまずは葬儀一括見積りサイトの一覧を見ていきましょう。

5-1.葬儀一括見積りサイト一覧:計10サイト(2017年4月時点)

下記に2017年4月で存在する葬儀一括見積りサイトとその運営会社を紹介します。

上記のサイトから運営会社や実績、提携葬儀社数で信憑性の取れない下記サイトと、

  • erabu (株式会社ネット・オプション)
  • 葬儀情報館 (株式会社葬儀情報館)

サイト名は別ですが、運営会社が同じで「葬儀レビ」「いい葬儀」と実質には同じサービス内容の下記サイトを除外して、

  • 暮らしづくりの就活 (株式会社みんれび&ニフティ株式会社 )
  • お葬式ナビ(株式会社鎌倉新書)
  • お葬式消費者相談.com(株式会社鎌倉新書)

葬儀一括見積りサービスそれぞれの特徴を深くみていきます。

5-2.重要な項目別にみる葬儀一括見積もりサイトの比較表

尚、他社よりも特徴のある項目は青字で、改善が必要な項目は赤字で記載します。

サービス名 運営会社 サービス開始 料金 葬儀社数 実績 入力時間 対応時間 対応形式 プラン  特徴
いい葬儀 株式会社鎌倉新書 1999年10月 無料 500社以上 累計24万件 30秒 24時間365日 メール・コールセンター 葬儀社毎に異なる 運営会社、葬儀社数、実績、サポート等全てにおいて優良サイト
葬儀レビ 株式会社みんれび  2009年6月 無料 500社以上 年間4,800 30秒 24時間365日 メール・コールセンター 定額プランが主流 運営会社、葬儀社数、実績、サポート等全てにおいて優良サイト
価格.com 葬儀 株式会社カカクコム 2004年10月 無料 非公開 非公開 3分 24時間365日 メール・コールセンター 葬儀社毎に異なる 運営会社とサポートは優良だが、葬儀社数と実績の信憑性にかける
葬儀社比較ネット  株式会社ニジモ 2009年10月 無料 17社 非公開 1分 非公開 非公開 葬儀社毎に異なる 運営会社も含め全体的に情報が乏しく信憑性にかける
サガソーギ そうぎの窓口株式会社 2015年5月 無料 1,500社以上 非公開 1分 平日:9時ー18時 メール・コールセンター 葬儀社毎に異なる サービス歴が浅く、提携会社数の信憑性も低い

上記表だけでも決めきれない方もいますので、下記に筆者が考える葬儀一括見積もりサイトのランキングも掲載しておきますので参考にしてください。

5-3.葬儀一括見積もりサイトのランキング

※尚、前の章でもご紹介しましたが、葬儀一括見積りサイトが異なれば、紹介される葬儀社やプランは異なります。必ず2つ以上のサイトの併用をしてください。

上記で紹介した情報の中でも、特に下記5つのポイントに着目して

  • 運営会社
  • 提携葬儀社数
  • 実績
  • サポート体勢
  • 紹介される葬儀社プラン

筆者がオススメする葬儀一括見積りサイトランキング3選を紹介しますのでご参考にしてください。

1位 葬儀レビ

葬儀業界の大手企業、株式会社みんれびが運営

上場済みのインターネット大手企業のニフィティ株式会社とサービス提携

提携葬儀社数は400以上

紹介実績年間4,800以上の実績

24時間365日、コールセンターとインターネット対応

【葬儀レビ】全国資料一括請求

2位 いい葬儀

上場済みの葬儀業界の大手企業、鎌倉新書が運営

提携葬儀社数は未公開だが、全国の葬儀社と提携済み

累計紹介実績が24万件

24時間365日、コールセンターとインターネット対応

www.kamakura-net.co.jp/

3位 価格.com 

上場済みの株式会社カカクコムが運営

24時間365日、コールセンターとインターネット対応

http://kakaku.com

6.まとめ

以上、大きく下記4点を紹介してきました。

  1. なぜ葬儀一括見積りは信用できるサービスか
  2. 葬儀一括見積りのメリット・デメリット
  3. 葬儀一括見積りと相性の良い人と利用する際の注意点
  4. 葬儀一括見積りサービスのオススメランキング3選

この記事を通じて、葬儀一括見積りの正体がわかり、あなたが実際に利用する際の参考になれば幸いです。

厳選された複数の葬儀社から見積もりがすぐに届く!
入力時間たったの30秒で全国400以上の葬儀社から厳選された見積もりがもらえる。
元葬儀人が胸を張ってオススメできる安心サービスはこちら。
【葬儀レビ】全国資料一括請求

おすすめ記事

1

既に葬儀一括見積りサイトを利用すると決めておられる方は、「葬儀一括見積りサイトの徹底分析とランキング3選」をご覧ください 最近ではインターネットの普及によって葬儀社の選びかたが変わり、「葬儀一括見積り ...

2

目次約80%の人が葬儀社の比較をしないで後悔をしている葬儀一括見積もりサイトは手間をかけずに厳選された葬儀社を全国から見つけられる胸を張ってオススメする葬儀一括見積もりサイト3選たった10分であなたの ...

3

上記のような理由だけで、日本に7,000以上ある葬儀社の中から家族葬を選んでしまうのは大きな間違いです。 家族葬は他の葬儀と比較し、費用面でとても透明性があり納得できる比較検討ができるのが特徴です。 ...

4

とは株式会社ユニクエスト・オンライン(大阪府・西区)が提供するサービス名で、葬儀業界の不透明な費用に大胆にもメスを入れた、葬儀の追加費用が一切かからない定額サービスになります。 年間約24,000件の ...

-葬儀社

Copyright© お葬式のいろは , 2017 All Rights Reserved.