葬儀社

業界人・利用者が教える「小さなお葬式」の正体と正しい使い方

更新日:

【この記事は約4分で読めます】

「小さなお葬式」とは葬儀業界の不透明な費用に大胆にもメスを入れた、葬儀の追加費用が一切かからない定額サービスになります。

年間約24,000件の葬儀業界トップクラスの実績からわかるようにたくさんの方に選ばれております。

ただ斬新なサービスだからそこ下記のようなお悩みをお持ちかと思います。

元葬儀人の私も実際に利用してみて、「小さなお葬式」は利用した方が良いサービスであると思いました。

ただ、正直に結論を申し上げてしまいますと、同じサービスでより費用を抑えられる「シンプルなお葬式」の方がオススメできます。

よりそうのお葬式公式ページ

「小さなお葬式」はもちろんオススメできるサービスです。

ただデメリットや注意点、他のサービスとの比較をしないと、後悔の残る葬儀になる可能性もございますので是非注意してくださいませ。

こちらの記事では第三者という立場を利用して、デメリットや注意点、利用時のコツ等を包み隠さず全てお伝えします。

包み隠さずと書いている理由としては、公式サイトを見ても都合が良い事しか書いてありません。

また葬儀業界は他の業界と比べ著しく情報が不透明で、正しく理解できないまま葬儀の準備を進めて後悔する人が多いためです。

こちらの記事を通じて「小さなお葬式」の評判はもちろんのこと、葬儀の準備を進める上での心得をお伝えすることで、一人でも多く後悔のない葬儀の準備をしてもらえたらと思います。

1.「小さなお葬式」の概要

「小さなお葬式」の概要を下記5つにわけて説明していきます。

5つのポイント

  1. 運営会社
  2. サービス一覧
  3. 葬儀業界の現状
  4. サービスのモデル
  5. その他サービスとの比較

ではそれぞれを説明していきます。

運営会社はユニクエスト・オンラインという会社

大阪府西区にある株式会社ユニクエスト・オンラインというECサイトやウェブサービス、サーバー・ネットワーク等を運営を行なうウェブサービス会社が、「小さなお葬式」を運営しています。

株式会社ユニクエスト・オンライン

ご存知のない方もいると思いますが、葬儀業界で一番注目されている会社と言っても過言ではなく、様々なメディアから事あるごとに下記のように取り上げられております。

メディア

  • 日本経済新聞:ユニクエスト・オンライン、サイトで葬送料金を比較
  • PR TIMES:ホワイトデーに”2回目”のプロポーズ!?結婚50年目の夫が婚約指輪を贈った意外なワケとは
  • Value Press:終活で保険も見直す時代  小さなお葬式の保険相談・見直しサービス「小さなおまもり保険」1月17日(水)スタート

また、転職・求人サイトを運営する大手企業Greenの情報によると、売上や従業員数上からある程度は信頼できる会社であることがわかります。

設立:2006年8月

売上:20億円(2016年3月期)

従業員数:約152人

Green

また大きなニュースになっていませんが、大手葬儀社の「さがみ典礼」を運営するアルファクラブグループが2013年にユニクエスト・オンラインを買収しております。

Diamond Online

比較的若い会社でありながら従業員152人と急成長を見せ、葬儀業界の超大手企業アルファクラブグループが親会社であるユニクエストオンラインは信用できる会社であるといえます。

ではこのユニクエスト・オンラインがどのようなサービスを展開しているのかみて見ましょう。

小さなお葬式の葬儀の種類、早割、周辺ビジネス

ユニクエスト・オンラインのサービスの特徴を下記3つにわけて説明します。

3つの特徴

  1. お葬式
  2. 早割
  3. 周辺ビジネス

ではそれぞれをみていきましょう。

お葬式

まず主力サービスである「小さなお葬式」は下記のように4つに分けられます。

小さなお葬式

それぞれをを簡単に説明していきますと下記になります。

プラン名 特徴
小さな火葬式 最も安いプランで、告別式や葬儀を行なわず、火葬のみのサービスとなっております。
小さな一日葬 火葬式に継いで安いプランで、お通夜をせずに告別式や葬儀のみで一日でお葬式をするプランとなっております。
小さな家族葬 遺族や親族、とても親しい知人のみで、お通夜・告別式・葬儀を行なうプランとなっております。
100名までのお葬式 一般的なお葬式を100名までの人数に絞って紹介をしております。

続いては早く申し込めば葬儀料金がお得になる早割プランをご紹介致します。

早割

早割と言ったら、旅行やホテル予約のイメージがございますが、「小さなお葬式」では事前に500円支払い、葬儀費用が最大66,000円安くなるプランを展開しております。

小さなお葬式

簡単に説明すると、葬儀の掛け捨て保険とイメージして頂ければと思います。

申し込み時に500円を支払えば下記のように、時間が経てば葬儀の費用が安くなります。

小さなお葬式

続いてはお葬式以外の周辺サービスをご紹介していきます。

周辺サービス

ユニクエスト・オンラインは下記のように周辺サービスを展開しております。

周辺サービス

お葬式だけではなく葬儀業界に関わる周辺サービスを手広く提供しており、周辺サービスのみの利用でもオススメはできます。

では続いてなんで「小さなお葬式」がこんなにも注目されているのか、葬儀業界の現状をみていきましょう。

高額で不透明な費用が問題な葬儀業界

葬儀の費用は不透明なものが多く、「最初の見積もりと請求額がおおきく異なった!」と良く耳にします。

上場もしている葬儀業界大手企業の鎌倉新書によると、75.8%の方が葬儀の準備を進める上で費用面で不安を感じてます。

鎌倉新書

このような葬儀業界ですが、もちろん葬儀社とのトラブルも多く発生しており、年間700件以上も国民生活センターに寄せられ注意喚起されております。

 

国民生活センター

ではこのような葬儀業界で、なぜこんなにも「小さなお葬式」が注目されているのでしょうか。

「小さなお葬式」は追加費用のかからない定額仲介サービス

高く不透明な費用体系の葬儀業界で、「小さなお葬式」は追加費用がなく費用も安い定額仲介サービスを展開しております。

いきなり定額仲介サービスと言われてもピンときませんよね。まずは下記図をみてください。

簡単に説明しますと、葬儀社と利用者を仲介しているサービスです。

まだピンとくる方も少ないと思いますので、下記2つの特徴だけ把握しておけば大丈夫です。

特徴1:定額仲介サービスは葬儀社ではない

定額仲介サービスである、小さなお葬式は葬儀社ではありません。

間違って認識してた方も多いのではないでしょうか?私もはじめ勘違いしておりました。

実際に葬儀を行うのは葬儀社であり、小さなお葬式ではありません。

特徴2:定額仲介サービスは追加費用がかからず、費用が安い

小さなお葬式のような定額仲介サービス経由で葬儀を申し込むと、追加費用がかからず、費用も安くなる傾向があります。

理由としては、定額仲介サービスは葬儀社と追加費用がかからない定額のプランで提携をしているからです。

実際にどれくらい安いのか、家族葬の費用で大手葬儀社と比べてみました。

+ クリック:葬儀社一覧

サービス 会社設立 家族葬費用 追加費用
小さなお葬式 2006年 39万円 追加費用なし
メモリード 1969年 68万円~ 追加費用あり
ティア 1997年 60-135万円 追加費用あり
公益社 1932年 98万円(事例 追加費用あり 
愛昇殿 1956年 140万円 追加費用あり 
メモワール 1973年 113万円(事例 追加費用あり 
天国社 2002年 100-180万円 追加費用あり 
ベルモニー 1991年 96-120万円 追加費用あり 
典礼会館 1972年 66,94万円  追加費用あり 
セレモア 1970年 50万円~ 追加費用あり 
平安祭典 1964年 50~68万円 追加費用あり 
博全社 1915年 82万円(事例 追加費用あり 
アーバンフューネス 2002年 59万円~  追加費用あり 
ファミーユ 1999年 60-150万円 追加費用あり 

そもそもの費用でも数十万円安いですが、追加費用がかからないことも考慮すると、大手葬儀社と比べ半額以上も安いことがわかります。

このような特徴がある小さななお葬式。

では、そのほかの定額仲介サービスと比べた場合、どうなのか気になりますよね?

1-4.葬儀インターネット仲介サイトの比較

2018年02月時点で日本には4つの葬儀の定額仲介サービスがございました。

重要なポイントである提携葬儀社数と費用を4つのサービスごとに調べてみました。

サービス 会社設立 提携葬儀社、斎場数 火葬式 一日葬 家族葬 一般葬
小さなお葬式 2006年 斎場数:3,000以上 193,000円 343,000円 493,000円 643,000円  
シンプルなお葬式 2009年 斎場数:3,200以上 148,000円 278,000円 398,000円 498,000円
イオンのお葬式 2014年 斎場数:3,200以上 198,000円 348,000円 498,000円 698,000円
らくシェル 2016年 非公開 184,000円 334,000円 484,000円

「小さなお葬式」を紹介している記事で言うのもどうかと思いますが、提携している斎場数や費用をみると、「シンプルなお葬式」が一番オススメできます。

サービス内容も変わらないので、シンプルなお葬式を利用しておけば間違いないことがわかります。

よりそうのお葬式公式ページ

一括見積もりサービスの詳細を知りたい方は下記の記事もご参考にしてください。

葬儀一括見積りはオススメ?特徴や注意点、おすすめサイト等徹底紹介

既にサービスを利用すると決めておられる方は「葬儀一括見積りサイトの徹底分析とランキング3選」をご覧ください。 インターネットの普及によって葬儀社の選びかたが変わり「葬儀一括見積り」がオススメという情報 ...

続きを見る

ここまで「小さなお葬式」がどのようなサービスなのかを説明してきました。

とても長くなりましたのでここまでの内容を下記にまとめさせていただきます。

「小さなお葬式」のまとめ

  • 運営会社はユニクエスト・オンラインで信用できる
  • 葬儀だけではなく、多岐にわたるビジネスを展開
  • 葬儀業界は不透明な費用形態が原因でトラブルが多く発生
  • 「小さなお葬式」は安く・追加費用のかからない定額仲介サービスであり、注目されている
  • 定額仲介サービスの中では「シンプルなお葬式」がオススメ

よりそうのお葬式公式ページ


では実際に「小さなお葬式」利用した方はどのような感想をお持ちなのか気になりますよね。

次の章では口コミや評判についてみていきましょう。

2.「小さなお葬式」の口コミ・評判

生の声を参考にしたく、ホームページで紹介されている口コミや感想は、良いもの厳選して紹介している可能性があるので参考にしておりません。

こちらの記事で参考とするのは、利用者が直接感想を記入できる口コミサイトを参考にしてみます。

参考にした口コミサイト

ではリアルな評判・口コミをみていきましょう。

費用が安く・明瞭である

クチコミニュティ

最近、同級生の葬儀に呼ばれることが重なって、仲のいいお友達同士でどんなお葬式にしようか、なんて話し合うことがかなり増えています。それでネットでいろいろ調べてみたら、こんなに安いの!って価格の葬儀社がでてくるわ、でてくるわ。

今までの葬儀社ってぼったくりだったのね。

まあ、冠婚葬祭って基本的に一般時が価格比較できるものじゃなかったから、今はネットで価格比較できるだけいいのかもしれない。それでどんどん価格破壊が進んでいるんでしょうね。あらかじめ故人の意思を聞けている場合はいいけど、突然亡くなられた場合は難しいから、一般のお葬式を出すのが普通になっているみたいだけど。

全国でシンプルだけど、小さな心のこもったお葬式を出せるのがこの小さなお葬式です。火葬だけなら、193000円で出せるので、私なんかはこんなんでいいかな、って思っています。

必要経費は最小限に抑えて、もっと残された人が楽しむようなもの(食事を充実させたり)するほうがずっといいよね。

スタッフのサポートが丁寧

みん評

小さなお葬式を利用させてもらったのですが、料金がリーズナブルで悪くないサービスで良かったです。

最初は利用するにあたって不安がありましたが、スタッフさんの方が丁寧に説明をしてくれましたので、大変安心しました。

また、分からないことにしっかり耳を傾けてくれたり、アドバイスをしてもらいましたので、こちらのサービスを利用しようという決めてになりました。何かあったら、またこちらのサービスを利用したいと思ってます。

あくまでも取り次ぎの立場である

クチコミュニティ

初めて「小さなお葬式」を利用するという人のために書いておきますが、ここはあくまでも「取り次ぎ業者」です。違った言い方をすれば「葬式のポータルサイト」といえるかもしれません。

そのため、実際には「小さなお葬式」という業者が葬儀を担当してくれるというわけではなく、そこのサイトを通して選んだ業者に相談するということになります。

私の場合は幸運にも特に問題なく葬式をすませることができましたが、中には見積で提示された金額以上の請求をされたり、といったこともあるようです。ただ、それでも「小さなお葬式」そのものにクレームをつけるのは言いがかりと思います。

あくまでもここは「取り次ぎ」しかしていないので、クレームをつける先が間違っています。ただ、改善を促すという意味で連絡するのは良いかもしれません。

全ての葬儀社が対象とは限らない

クチコミュニティ

候補として3つの葬儀社を考えていて、小さなお葬式で探してもらったのですが、1つの葬儀社しか対応してなかったです。

田舎と都会では対応していない葬儀社が多いのでしょうか。


以上小さなお葬式の代表的な口コミを紹介してきました。

スタッフは丁寧で評判が高く、紹介されるプランは費用が安いことがわかります。

ただ紹介される葬儀社が全て優良とは限らないこと、全ての葬儀社が対象ではないことに注意が必要です。

ここまで小さなお葬式の概要と口コミを紹介してきました。

ここまでの内容を元にメリット・デメリットをまとめましたのでご覧ください。

3.「小さなお葬式」のメリット・デメリット

ではまずメリットを紹介します。

小さなお葬式のメリット

  1. サポート体制
  2. 納得感のある費用体系
  3. 気軽に利用できる

メリット1:サポート体制

小さなお葬式

「小さなお葬式」では24時間365日、3-5名の専門スタッフが常駐しております。

また、スタッフの名前と顔がHP上で確認できるのもプラスポイントです。

小さなお葬式

不安を感じながら進めなければいけない葬儀の準備ですが、上記のような迅速かつ丁寧なサポート体制は「小さなお葬式」の大きなメリットと言えます。

メリット2:納得感のある費用体系

葬儀本体にかかる項目はすべて明記されており、追加料金は一切発生しません。

下記のように実際の葬儀の流れごとに、プランに含まれている項目を確認できます。

小さなお葬式

業界人の私でも納得できる費用体系ですし、金額も高くはありません。

メリット3:気軽に利用できる

精神的な余裕もなく、物理的な時間も少ない葬儀の準備において、手間を省くことは大変重要になります。

「小さなお葬式」は日本全国、3,000カ所以上の葬儀場と提携しており、ご自身でゼロから葬儀社を探す手間が省けます。

小さなお葬式

また1分もあれば申請が完了し、しつこい営業も一切ございませんので気軽に利用することが可能です。


では続いて、みなさんがより気になっているだろう「小さなお葬式」のデメリットを見ていきましょう。

小さなお葬式のデメリット

  1. 全葬儀社を網羅していない
  2. その他の定額サービスと比較して費用が高い
  3. 評価の悪い葬儀社にあたる可能性がある

ではそれぞれの詳細をみていきましょう。

デメリット1:全ての葬儀社を網羅していない

たとえ全国3,000以上の葬儀場と提携していたとしても、全国の葬儀社や葬儀場を網羅しているわけではありません。

よって、あなたの要望にあった最適な葬儀場が他にある可能性は十分あります。

全ての葬儀社が対象ではないことを念頭において、他のサービスを兼用しながら、候補を広げることをオススメします。

対処法の詳細はすぐ後の4章「小さなお葬式を利用する際の注意点」でご紹介します。

デメリット2:その他定額サービスと比較して費用が高い

費用を安く葬儀を行える定額サービスですが、定額サービスの中でも費用の格差は存在します。

先ほどシンプルなお葬式がオススメとお伝えしましたが、葬儀の形式でどれほど変わってくるのかみて見ましょう。

小さなお葬式 シンプルなお葬式 差額
火葬式 188,000円 148,000円 40,000円
一日葬 338,000円 278,000円 60,000円
家族葬 488,000円 398,000円 90,000円
一般葬 638,000円 498,000円 140,000円

「小さなお葬式」も「シンプルなお葬式」は提携している葬儀社数もサービス内容は異なりません。

仮にあなたが検討している葬儀社が、シンプルなお葬式にもありましたらそちらから資料請求を行い、検討をオススメします。

※追記:2018年02月時点の情報ですが、電話で問い合わせをしてしまうと、5,000円割引の特典をもらえず、詳細を話す必要があるので、結局見積りを貰うのに時間がかかってしまいます。

1分あれば終わりますのでインターネット上で申請を行いましょう。

対処法の詳細は上記同様、4章「小さなお葬式を利用する際の注意点でご紹介しますのでご安心ください。

デメリット3:評価の悪い葬儀社にあたる可能性がある

小さなお葬式はあくまでも利用者と葬儀社の仲介役であります。

どうしようもないことではありますが、紹介される葬儀社は千差万別であり、質が異なる場合がありますので注意してください。

こちらに関してはどうしようもないことですので、ご自身でよい葬儀社かそうでないかを見分ける必要があります。

下記の記事に良い葬儀社の見分け方を紹介しておりますのでぜひご参考にしてください。

業界人が教える家族葬における葬儀社の後悔させない選び方

上記のような理由だけで、日本に7,000以上ある葬儀社の中から家族葬を選んでしまうのは大きな間違いです。 家族葬は他の葬儀と比較し、費用面でとても透明性があり納得できる比較検討ができるのが特徴です。 ...

続きを見る


 

いかがでしたでしょうか。

ここまでで「小さなお葬式」の概要から口コミ、メリット・デメリットを把握できたと思います。

最後にあなたが葬儀で満足のいく優良な葬儀社の見つける方法をご紹介します。

たった2分で気軽に行える対処法なので是非参考にしてみてください。

4.小さなお葬式を利用して後悔のない葬儀にするために

小さなお葬式は例えデメリットを加味してもオススメのできるサービスです。

また活用方法によっては最終的に小さなお葬式経由で葬儀社を選ばなくても、後悔のない葬儀をあげられる可能性がグンと上がります。

ではどのように活用すれば良いのでしょうか?

葬儀社を複数比較することが大切

冒頭でも説明しましたが、葬儀は利用者と葬儀社のトラブルが多い業界で有名です。

葬儀社が異なるだけで内容が一緒なのに80万円と170万円で費用が2倍以上が異なる等、年間700件以上の相談が国民生活センターに寄せられております。

相談内容の多い順

  1. 高価格・料金
  2. 説明不足
  3. 契約
  4. 見積もり
  5. 契約書・書面
  6. 解約
  7. 返金
  8. その他

そんな葬儀業界に対して国民生活センターは2006年以来消費者に注意を呼びかけ続けております。

ではあなたがトラブルに巻き込まれないようにするためにはどうすれば良いのでしょうか。

答えは複数の葬儀社の比較をすることです。

意外?と思った方も多いかと思いますが、公正取引委員会も正式におすすめしております。

公正取引委員会によるとを葬儀社を複数比較しないで、後悔が残った人が80%以上もいるとのデータも発表されています。

逆に言うとこの方法しか2018年02月時点での対応策はございません。

ではどのように葬儀社を複数比較すれば良いのでしょうか。

葬儀の複数比較には小さなお葬式が適切

葬儀の準備においてとても重要な葬儀社の複数比較。小さなお葬式は適任なサービスであると言えます。

理由は下記2つになります。

2つの理由

  1. 追加費用の一切かからない定額サービスを展開している
  2. 簡単に早く複数の見積もりがとれ、お断りの連絡も必要ないので気軽に利用できる

 

ただ小さなお葬式にも、先ほど紹介したように下記2つの注意点があります。

デメリット

  • 全国全ての葬儀場が対象ではない
  • その他定額サービスより費用が高い

その対処法を具体的に説明していきます。

注意点をしっかり把握・対処しないと、後悔してしまう結果になりかねます。

下記に具体的な対処法を説明していきます。

対象社を増やすには葬儀の一括見積りがおすすめ

小さなお葬式は独自の営業とプランを持って提携する葬儀社を増やしております。

もちろん全国全ての葬儀社は対象ではなく、地方に行けば行くほど提携していない葬儀社も増えてきます。

知らずしてあなたの最適な葬儀社を見逃さないためにも、小さなお葬式のみで葬儀社を決めるのはやめておきましょう。

他サービスと併用して自分の要望にあった葬儀社の候補を増やすことをオススメします。

(同じ定額仲介サービスだと、提携している葬儀社が同じ可能性が高く、併用はあまりオススメできません。)

 

そこで元葬儀人がおすすめできるのが葬儀の一括見積りサービスになります。

逆に言うと2018年02月時点で、複数の葬儀社を効率よく比較するにはこのサービスしか選択肢はありません。

簡単に葬儀の一括見積もりの特徴を下記3つに分けて説明します。

一括見積もりの特徴

  1. 効率よく複数の葬儀社の候補をあげれる
  2. 葬儀社の質を担保できる
  3. 気軽に利用できる

ではそれぞれ説明していきます。

特徴1:効率よく複数の葬儀社の候補をあげれる

公正取引委員会によると、98%の人が葬儀の準備に時間的余裕がなかったといっており、効率よく葬儀の準備を行うことは重要になります。

葬儀一括見積りサービスは下記の入力フォームを記載するだけで、あなたの要望にあった複数の葬儀社の見積もりが手に入ります。

葬儀レビ

時間も1分もかかりません。

下記に一括見積りサイトを利用する場合としない場合での、複数社から見積もりをもらえる流れをみていきましょう。

手順 一括見積りサイトを使用しない 一括見積りサイトを使用する
1 自身の要望に合う葬儀社Aを探す 自身の要望をサイト上に記入
2 葬儀社Aの見積りに必要な情報収集 (サイト運営社と要望確認する場合もある)
3 見積もりの依頼  
4 自身の要望に合う葬儀社Bを探す  
5 葬儀社Bの見積りに必要な情報を収集  
6 見積りの依頼  

また、下記のように整理できます。

  一括見積もりサイトを使用しない 一括見積りサイトを使用する
手順の数 6 2
見積もり数 2社 平均5社
かかる時間 4-5時間 1分

時間の内葬儀の準備において効率よく葬儀社の候補を増やせるのは大きな特徴です。

特徴2:葬儀社の質を担保できる

全国には7,000以上もある葬儀社が存在します。その中から、慣れない葬儀の準備の中で優良な葬儀社を見つけるのは至難の業です。

(全てのサービスではありませんが)葬儀一括見積りサービスは既に厳選された優良な葬儀社をあなたに紹介します。

理由を説明させていただきますと、

(こちらも全てのサービスではありませんが)葬儀の一括見積りを運営しているのでは葬儀の大手企業になります。

その大手企業は自身の会社の信頼を守るため、あなたに紹介する葬儀社の選定を下記のように厳しくおこなっております。

葬儀レビ

 特徴3:気軽に利用できる

一括見積りと聞くと中古車や不動産のようにしつこい営業をイメージする方もいるかと思います。

安心してください。

(全てのサービスではないが)葬儀の一括見積りはしつこい営業は一切なく、下記のように気軽に断ることができます。

ちなみにあなたの希望に合わなければ、そもそもこちらから連絡する必要はないので気軽に利用できます。

葬儀レビ

ここまで葬儀一括見積りサービスの特徴をご紹介してきました。

葬儀一括見積りサービスは比較的新しいサービスですので、信頼できないサービスもありますので気をつけてください。

具体的にどのサービスを利用すればいいかをご紹介します。

葬儀一括見積もりサービスは葬儀レビがおすすめ

結論から申し上げます。

葬儀一括見積りサービスは「葬儀レビ」を利用しておけば問題ありません。

葬儀レビ

なぜ葬儀レビがオススメなのかは、2018年02月時点で確認できる下記葬儀一括見積りの中で、

サービスで重要と言われる下記7項目で全て優良な内容と言えます。(全て優良なサービスは葬儀レビのみです)

比較対象 内容
運営会社 葬儀業界の大手企業、株式会社みんれび
提携葬儀社数 全国400社以上
実績 年間4,800件以上
サポート体制 365日24時間のコールセンター・メール対応
フォーム入力時間 48秒(筆者の実例)
葬儀社の質 審査基準を通過した優良な葬儀社
気軽さ しつこい営業はなく、気軽に断れる

簡単な説明になりましたが、葬儀レビを利用しておけば問題はありません。

仮に葬儀レビの詳細をより確認したい方は下記記事も参考にしてください。

「葬儀レビ」っていいの?元葬儀人が利用者の口コミや評判を分析・大公開!

お葬式の準備を進めている中で葬儀レビの利用を検討している方も多いと思います。 また「葬儀社を探すなら葬儀レビがオススメ」と紹介されているサイトが年々増えてます。 そんな葬儀レビに関して下記のようなお悩 ...

続きを見る

葬儀レビ公式ページ


ここまで葬儀社の候補を増やす方法をご紹介してきました。

最後に同じ定額サービスでより安く葬儀を行う方法をご紹介します。

「シンプルなお葬式」でより安くできないかの確認

追加料金のかからない安い費用で葬儀を行える小さなお葬式ですが、

同じ定額サービスでは「シンプルなお葬式」でより安い費用で葬儀が実施できます。

小さなお葬式 シンプルなお葬式 差額
火葬式 188,000円 148,000円 40,000円
一日葬 338,000円 278,000円 60,000円
家族葬 488,000円 398,000円 90,000円
一般葬 638,000円 498,000円 140,000円

サービス内容はほとんど同じですので、仮に候補の葬儀社が「シンプルなお葬式」経由で行えるなら、こちらから申し込むのをおすすめします。

尚、小さなお葬式と同様、資料請求・見積り依頼を行うと5,000円の割引がありますので、電話の前にまずは資料請求を行いましょう。

よりそうのお葬式公式ページ

こちらでは後悔のない葬儀をあげるための小さなお葬式の活用方法をお伝えしました。

後悔のない葬儀をあげるために複数の葬儀社の比較は必要になります。

小さなお葬式は追加料金のかからない定額サービス、かつ気軽に利用できるサービスで複数の葬儀社比較に最適と言えます。

ただ対象の葬儀社を増やすために「葬儀レビ」と、より安い費用で行うために「シンプルなお葬式」との併用を心がけましょう。

4.まとめ

いかがでしたでしょうか?

小さなお葬式の特徴・評判を通じて後悔のしない葬儀を上げるための活用方法をお伝えしてきました。

しつこいかもですがこの記事でご紹介した内容を最後にご紹介いたします。

 

小さなお葬式は下記2点の理由により信用できるサービスと言えます。

  1. 追加料金のかからない定額サービスを展開し、大手企業の親会社がある
  2. 定額サービスの中でも実績と提携している葬儀社の数がダントツに多い

ただ、下記3点の注意点もあります。

  1. 全国全ての葬儀社が対象ではない
  2. (小さなお葬式に限ったことではないが)悪い葬儀社に当たる可能性がある
  3. 同じ定額サービスの中では最安値ではない

最後に、後悔のない葬儀をするために、小さなお葬式を活用して複数の葬儀社を比較することがおすすめです。

ただ対象の葬儀社を増やすために「葬儀レビ」と、より安い費用で行うために「シンプルなお葬式」との併用を心がけましょう。

おすすめ記事

1

既にサービスを利用すると決めておられる方は「葬儀一括見積りサイトの徹底分析とランキング3選」をご覧ください。 インターネットの普及によって葬儀社の選びかたが変わり「葬儀一括見積り」がオススメという情報 ...

2

目次約80%の人が葬儀社の比較をしないで後悔をしている葬儀一括見積もりサイトは手間をかけずに厳選された葬儀社を全国から見つけられる胸を張ってオススメする葬儀一括見積もりサイト3選たった10分であなたの ...

3

上記のような理由だけで、日本に7,000以上ある葬儀社の中から家族葬を選んでしまうのは大きな間違いです。 家族葬は他の葬儀と比較し、費用面でとても透明性があり納得できる比較検討ができるのが特徴です。 ...

4

「小さなお葬式」とは葬儀業界の不透明な費用に大胆にもメスを入れた、葬儀の追加費用が一切かからない定額サービスになります。 年間約24,000件の葬儀業界トップクラスの実績からわかるようにたくさんの方に ...

-葬儀社

Copyright© お葬式のいろは , 2018 All Rights Reserved.