小さなお葬式 葬儀の形式

創価学会の葬儀(友人葬)を「小さなお葬式」で行う場合の3つのメリット・デメリット

更新日:

創価学会の友人葬のお葬式を行うのに「小さなお葬式」を候補の1つとしている人も多いと思います。

ただ同時に下記のような悩みを持っているのではないでしょうか。

「小さなお葬式」は2017年葬儀受注件数全国1位の信用できるおすすめなサービスです。

小さなお葬式

仏式以外の友人葬でも対応をしており、胸を張っておすすめはできます。

ただ同時にデメリットや注意点もあります。

この記事では創価学会の友人葬のお葬式を「小さなお葬式」で行う際のメリットだけでなく、デメリット(注意点)を説明し、あなたが正しい情報をもとに納得した選択をできればと思ってます。

※「小さなお葬式」の創価学会方式だけでなく、「小さなお葬式」全体のことを深く知りたい人は下記の記事を参考にしてください。

【知らなきゃ危険!】元葬儀人が教える「小さなお葬式」の正体

驚く人も多いと思いますが「小さなお葬式」は、日本一利用者から選ばれているサービスになります。 出典:小さなお葬式 そんな「小さなお葬式」はおおくの人から利用されているため、ネット上では良いことも悪いこ ...

続きを見る

1. 「小さなお葬式」に創価学会の友人葬を依頼するメリット

「小さなお葬式」という葬儀社紹介サイトでは、創価学会の友人葬も取り扱っています。

「小さなお葬式」に友人葬を依頼する際、何がメリットになるかを2点ご紹介しましょう。

メリット1:友人葬に対応している葬儀社を知ることができる

「小さなお葬式」に依頼すれば、友人葬に対応している葬儀社を知ることができます。

※葬儀社や斎場のプライバシーのため、モザイクをかけております。

友人葬では、創価学会特有の祭壇を使ったり、お花ではなくしきみを中心とした飾りつけをしたりと、さまざまなことに気をつけなければなりません。

不慣れな葬儀社に依頼すると、しきたり通りに葬儀が進まないこともあります。

その点「小さなお葬式」に相談すれば、きちんと友人葬に対応している葬儀社を案内してもらえます。

自力で葬儀社をイチから探すよりも安心です。

メリット2:友人葬にいくらかかるかがすぐわかる

「小さなお葬式」では、初めからサイト上に葬儀金額の案内が出ているため、友人葬にいくらかかるかが、すぐにわかります。

友人葬は、お坊さんを呼ばなかったり、信者は香典を持参しなかったりと仏教他宗派の葬儀とやや勝手が違うところがあります。

よって、お布施や香典返しが発生する他のお葬式とは、予算感がだいぶ違います。

一般的な相場感ではつかめない友人葬の総額が「小さなお葬式」であれば、初めから提示されています。

小さなお葬式

信頼できる葬儀社を案内してくれて、しかも予算が初めから分かるとなると、かなり安心ですよね。

しかし、小さなお葬式に友人葬を依頼するときには、注意すべき点もあります。

次章でご案内しましょう。

2. 「小さなお葬式」に創価学会の友人葬を依頼するときのデメリット(注意点)

「小さなお葬式」に創価学会の友人葬を依頼するときの注意点は3つです。

友人葬は、僧侶ではなく信者の仲間が中心になって行ってくれるお葬式ですから、お手伝いをしてくれる信者との連携が特に重要です。

デメリット1:支部への個別連絡は必要

友人葬のお手伝いをしてくれる支部への連絡は、喪主自身が行わなければなりません。

友人葬には僧侶が来ませんが、かわりに支部の指導者などが「導師」となり、葬儀全体を取り仕切ってくれます。

よって、友人葬をするときには、支部への連絡が不可欠です。

「小さなお葬式」が支部へ直接連絡し、全てを手配してくれるわけではないので、注意が必要です。

デメリット2:支部にどこまで手伝ってもらうか調整が必要

葬儀社に何をお任せし、支部にどこまで手伝ってもらうかは「小さなお葬式」ではなく、喪主が調整しなければなりません。

友人葬のお手伝いの内容は、支部によってさまざまです。

学会が所有する会館を葬儀用に貸し出してくれるところもあれば、葬儀委員長を設けて、葬儀全体の司会までしてくれるところもあります。

出棺前に喪主の自宅へ訪れ、出棺のお手伝いをしてくれるようなアットホームな支部もあります。

支部に任せることと、葬儀社に任せること、身内がやることの区別は、支部の葬儀を取り仕切る学会員と喪主、葬儀社とで話し合い、決める必要があります。

デメリット3:家族葬や香典辞退などを希望するときはとくに話し合いが必要

家族葬や香典辞退など、今どきの葬儀を選びたい場合には、とくに支部との話し合いが必要です。

友人葬は、僧侶ではなく信者の仲間が一緒に経典を読んで故人を送ってくれる葬儀です。

よって、家族だけでひっそり葬儀を営みたいときには、支部にどこまで関わってもらうのか話し合わなければなりません。

また、友人葬は基本的に香典を用意しない葬儀なので、信者からの香典はそもそもありません。

しかし、信者ではない一般の参列者からの香典も辞退したいときには、受付係の人との打ち合わせが必要です。

以上のように、友人葬には、小さなお葬式には任せることのできない部分も多いため、支部とのコミュニケーションをしっかり持ちましょう。

3.まとめ

いかがでしたでしょうか。

こちらでは創価学会の友人葬を行う際の「小さなお葬式」のメリット・デメリットを紹介してきました。

この記事を通じてより「小さなお葬式」の詳細を知りたくなった人は下記の記事も参考にしてみてください。

元葬儀人が徹底的に「小さなお葬式」に関して調べ上げた力作になります。

【知らなきゃ危険!】元葬儀人が教える「小さなお葬式」の正体

驚く人も多いと思いますが「小さなお葬式」は、日本一利用者から選ばれているサービスになります。 出典:小さなお葬式 そんな「小さなお葬式」はおおくの人から利用されているため、ネット上では良いことも悪いこ ...

続きを見る

おすすめ記事

1

既にサービスを利用すると決めておられる方は「葬儀一括見積りサイトの徹底分析とランキング3選」をご覧ください。 インターネットの普及によって葬儀社の選びかたが変わり「葬儀一括見積り」がオススメという情報 ...

2

目次約80%の人が葬儀社の比較をしないで後悔をしている葬儀一括見積もりサイトは手間をかけずに厳選された葬儀社を全国から見つけられる胸を張ってオススメする葬儀一括見積もりサイト3選たった10分であなたの ...

3

上記のような理由だけで、日本に7,000以上ある葬儀社の中から家族葬を選んでしまうのは大きな間違いです。 家族葬は他の葬儀と比較し、費用面でとても透明性があり納得できる比較検討ができるのが特徴です。 ...

4

驚く人も多いと思いますが「小さなお葬式」は、日本一利用者から選ばれているサービスになります。 出典:小さなお葬式 そんな「小さなお葬式」はおおくの人から利用されているため、ネット上では良いことも悪いこ ...

-小さなお葬式, 葬儀の形式

Copyright© お葬式のいろは , 2018 All Rights Reserved.