葬儀社

元葬儀人が解説する小さなお葬式とイオンのお葬式の違い!あなたに合うのはどれ?

投稿日:2017年3月21日 更新日:

【この記事は約4分で読めます】

小さなお葬式」「イオンのお葬式」とは、不透明な費用で知られている葬儀業界に対して、追加費用がかからない斬新なビジネスモデルを展開したサービスになります。

ただ、上記二つのサービスは酷似しており

「小さなお葬式」と「イオンのお葬式」の違いがわからない

のようなお悩みをあなたはお持ちかと思います。

先に結論を言うと、

「小さなお葬式」は取り扱いの数や提携している葬儀社等の実績を重視したいひと向けで、

「イオンのお葬式」は紹介される葬儀社の質を重視したいひと向けです。

 

(偉そうに結論を言ってますが)実はこちらの記事を書く前までは、元葬儀人の私も両サービスの細かな違いがわかりませんでした。

また、しっかりまとまっているサイトもなかったので、今回を機会に徹底的に調べあげました。

こちらの記事では元葬儀人の私が、第三者の立場を利用して包み隠さず両サービスの良し悪しをお伝えします。

この記事を読むことで、あなたが「小さなお葬式」か「イオンのお葬式」のどちらを選択すればよいのかがわかった上で、さらにお得になる葬儀社選びの方法を把握できます。

仮にどちらかのサービスをご利用することを決めても、よりお得な選択にするために、第3章「「小さなお葬式」と「イオンのお葬式」を賢く使う方法」は必ずお読み下さい。

1.「小さなお葬式」と「イオンのお葬式」徹底比較

葬儀の定額サービスを考える上で、業界人として外せないと思う4つの項目があります。

  1. 費用
  2. スタッフのサービス
  3. 葬儀社・斎場
  4. 業績

ここでは上記4つの視点で、「小さなお葬式」と「イオンのお葬式」を徹底比較していきます。

ではそれぞれの項目をみていきましょう。

1-1.費用が安いのは「小さなお葬式」

まず、両サービスで最も選択されている家族葬の費用プランをみてみましょう。

形式 小さなお葬式 イオンのお葬式
火葬式 193,000円 198,000円
一日葬 343,000円 348,000円
家族葬 493,000円 498,000円

全てのプランにて「小さなお葬式」が5,000円安い費用となっております。

ただ、上記情報のみで、「小さなお葬式」の方が安いと決めつけるのはいけません。

葬儀の定額サービスにおける、基本プランに含まれる項目が異なる場合がありますので、両社一番人気のある家族葬で比較をします。

サービス項目 小さなお葬式 イオンのお葬式
お迎え

ご安置

寝台車 ◯(最長50km) ◯(最長50km)
ドライアイス
ご遺体安置
枕飾り一式
 納棺 お棺
仏衣一式
お棺用布団
役所・火葬場手続き代行
通夜

告別式

寝台車  ◯(最長50km) ◯(最長50km)
葬儀場利用料金
生花祭壇
遺影写真
受付セット
司会スタッフ
運営スタッフ
 火葬 寝台車  ◯(最長50km)  ◯(最長50km)
火葬料金
骨壷
葬式後 自宅飾り一式
会葬礼状

基本プランに含まれる項目は一緒でした。

従って費用面でみると「小さなお葬式」のほうがオススメできます。

続いてサービスの質をみていきましょう。

気持ちの整理もできないまま、限られた時間で沢山の準備をすすめなければいけない葬儀。

その流れで葬儀スタッフのサービスの質は大変重要になってきます。

1-2.スタッフのサービスは「イオンのお葬式」がよい(かも)

両サービスのスタッフは、どちらとも優良なサポートを提供していると言えます。

特徴としては、複数の専門スタッフが常駐して、24時間365日迅速かつ丁寧な対応をしております。

参照:小さなお葬式

参照:イオンのお葬式

一点、異なる点をあげれば、「イオンのお葬式」の方が、コールセンターのスタッフの研修がしっかりなされていることです。

参照:イオンのお葬式

両サービス大きく異なりませんが、スタッフの研修制度という視点では「イオンのお葬式」の方が重点をおき、スタッフのサービスの質はよい可能性があると言えます。

1-3.葬儀社数は「小さなお葬式」・葬儀社の質は「イオンのお葬式」

こちらでは

  1. 取り扱いのある葬儀社数
  2. 紹介される葬儀社の質

の二つの観点で話を進めていきます。

取り扱える葬儀社数「小さなお葬式」の方が多い

葬儀社数に関して各サービスが提携している葬儀社数や斎場の数を比較していきましょう。

「小さなお葬式」は3,000以上の斎場のご案内可能であると明記されているに対して、イオンのお葬式は540の葬儀社と提携していると記載がございます。

参照:小さなお葬式

参照:イオンのお葬式

あくまでも業界人の感覚となってしまいますが、1つの葬儀社が平均7以上の斎場を抱えているとは考えにくいため、「小さなお葬式」のほうが取り扱える葬儀社・斎場数は多いと言えます。

おおよそではございますが、約1.3倍多く「小さなお葬式」のほうが葬儀社や斎場を取り扱っているとイメージしていただければと思います。

では紹介される葬儀社の質はどうでしょうか?下記にみていきます。

紹介される葬儀社の質は「イオンのお葬式」がよい可能性がある

「イオンのお葬式」は提携する葬儀社を独自の基準を持って選び、

参照:イオンのお葬式

利用者の感想をもって葬儀社のランク付けを行い、

参照:イオンのお葬式

葬儀社に向けて研修制度も整っております。

参照:イオンのお葬式

このような紹介する葬儀社の質を担保する動きは「イオンのお葬式」の大きな強みと言えます。

ただ、「イオンのお葬式」の紹介経由の全ての葬儀社が良質なものである保証はないので気をつけましょう。

ここまで、紹介される葬儀社という視点で両サービスの比較してきました。

最後に両サービスの業績をみていきます。

1-4.実績が豊富なのは「小さなお葬式」

定額サービスの実績をサービス開始時期と公開されている紹介実績数を参考に話をすすめていきます。

比較項目 小さなお葬式 イオンの葬式
サービス開始時期 2009年 2009年
実績 年間24,000件 非公開

開始時期は両サービス同じ時期です。

一方、取り扱い実績は、年間24,000件の業界トップクラスの実績をもつ「小さなお葬式」が目立ちます。

参照:イオンのお葬式

「イオンのお葬式」の取り扱い実績は記載がないため、正確にどちらに優劣があるか判断はできませんが、

仮に「小さなお葬式」以上の実績数が会った場合、その件数をアピールをすることは会社として当然のことです。

そのような明確な表記がないということは、「小さなお葬式」よりも取り扱い実績はすくないと思っても問題ありません。

以上、取り扱い実績の観点より、実績数は「小さなお葬式」の方が豊富であると言えます。

ここまで、業界人の私が重要と思う項目毎に両サービスを比較してきました。

上記情報をふまえて、あなたがどちらのサービスに相性がいいのか見ていきましょう。

2.「小さなお葬式」と「イオンのお葬式」に相性がいい人は

まずは、「小さなお葬式」と相性がいい人を紹介します。

2-1.「小さなお葬式」は実績数と候補となる葬儀社の数で安心感を持ちたい人向け

「小さなお葬式」は取り扱い件数24,000件を誇る実績と、3,000以上の斎場と提携していることより、より幅広く葬儀社や斎場を紹介してくれます。

実際に取り扱ってきた実績があり、葬儀社の候補を見る時に参考になる情報が多いという安心感を持ちたい人には相性がよいと言えます。

費用の面も「小さなお葬式」の方がお得でしたが、全てのサービスにおいて5,000円程の差額であったため、こちらではあえて記載はしません。

2-2.「イオンのお葬式」は質の高い葬儀社を選びたい人向け

上記で説明した通り、「イオンのお葬式」は葬儀社の選定やランク付け、葬儀社への研修を通じて、利用者に紹介する葬儀社の質を担保する努力をしております。

上記のような取り組みは定額サービスにおいて「イオンのお葬式」しか行なっておらず、大きな特典となります。

葬儀社の質をある程度担保されたい人に「イオンのお葬式」は相性がいいです。

ただ「イオンのお葬式」経由全ての葬儀社が優良なものではございません。

あくまでも「イオンのお葬式」は利用者と葬儀社の間にある仲介サービスであることを念頭においてください。

ここまでの説明であなたがどちらのサービスを利用すればよいか把握できたと思います。

ただ実際に利用する前に下記方法は必ず参考にしてください。

下記方法を試して

  • 全く新たな候補の葬儀社が見つかる
  • 検討していた同じ葬儀社か何万円もお得に葬儀ができる

上記のようなことが実際におきますので、是非参考にしてください。

3.「小さなお葬式」と「イオンのお葬式」を賢く使う方法

ここまでの説明であなたが「小さなお葬式」と「イオンのお葬式」どちらのサービスに向いているのかわかったと思います。

こちらの章では、両サービスをより賢く使う2つの方法をご紹介します。

両サービスを賢く利用する2つの方法

  1. 資料請求を行う
  2. 葬儀一括見積りを併用する

ではそれぞれを説明します。

方法1:割引特典がある資料請求を行う

実際に利用している人が少ないのですが、「小さなお葬式」と「シンプルなお葬式文字」共に事前に資料請求するだけで5,000円割引対象になります。

参照:小さなお葬式

参照:イオンのお葬式

割引き兼のみならずエンディングノートやパンフレット等、終活にも参考になる資料も含まれているの利用するしないに限らず資料請求を行なっておくのもオススメです。

また下記の7項目を埋めるだけですので1分もかかりません。

参照:小さななお葬式

方法2:葬儀一括見積りを併用し最適な葬儀社を見つける確率をあげる

両サービスは独自の営業で提携する葬儀社や斎場を増やしております。

しかも定額サービスに提携する葬儀社もある程度限られるため、

1つのサービスのみに絞って葬儀社探しを行なうと、あなたにとっての最適な候補を見逃してしまいます。

ではどのように対処すれば良いのでしょうか?

筆者としては葬儀一括見積りとの併用をおすすめしてます。

葬儀一括見積りとはあなたの要望をサイト上に記入するだけで、厳選された全国の葬儀社の複数の見積りが気軽に手に入るサービスです。

代表的な葬儀一括見積りサービスは葬儀レビです。

複数サービスがございますが提携社数や業績の視点よりこちらを利用しておけば大丈夫です。

記入フォームも下記にように簡単な項目で60秒もあれば完了し、

参照:葬儀レビ

なお、下記のようにしつこい営業なかったので、相場を把握するだけとしても最適です。

参照:葬儀レビ

小さなお葬式」や「シンプルなお葬式」と「葬儀レビ」を併用することによって、

  • 全く新たな候補の葬儀社が見つかる
  • 検討していた同じ葬儀社から何万円もお得に葬儀ができる

ができるようになりますので必ず利用してみてください。

4.まとめ

いかがでしたでしょうか?

元葬儀人が「小さなお葬式」と「イオンのお葬式」の徹底比較した情報をお伝えしてきました。

小さなお葬式」は取り扱いの数や提携している葬儀社等の実績を重視したいひと向けで、

「[イオンのお葬式]」は紹介される葬儀社の質を重視したいひと向けです。

またお得に、納得感のある選択をするためにも、

を忘れないようにしましょう。

こちらの記事を通じてあなたの葬儀の準備の少しでもお力になれたならば幸いです。

おすすめ記事

1

既に葬儀一括見積りサイトを利用すると決めておられる方は、「葬儀一括見積りサイトの徹底分析とランキング3選」をご覧ください 最近ではインターネットの普及によって葬儀社の選びかたが変わり、「葬儀一括見積り ...

2

目次約80%の人が葬儀社の比較をしないで後悔をしている葬儀一括見積もりサイトは手間をかけずに厳選された葬儀社を全国から見つけられる胸を張ってオススメする葬儀一括見積もりサイト3選たった10分であなたの ...

3

上記のような理由だけで、日本に7,000以上ある葬儀社の中から家族葬を選んでしまうのは大きな間違いです。 家族葬は他の葬儀と比較し、費用面でとても透明性があり納得できる比較検討ができるのが特徴です。 ...

4

とは株式会社ユニクエスト・オンライン(大阪府・西区)が提供するサービス名で、葬儀業界の不透明な費用に大胆にもメスを入れた、葬儀の追加費用が一切かからない定額サービスになります。 年間約24,000件の ...

-葬儀社

Copyright© お葬式のいろは , 2017 All Rights Reserved.