家族葬 直葬

「家族葬」と「直葬(火葬式)」は全然違う!特徴や相性のよい人を徹底紹介!

更新日:

【この記事は約3分で読めます】

葬儀の簡素化によって昨今では「家族葬」や「直葬(火葬式)」が注目を浴びています。

上場もしている鎌倉新書が提供しているデータによると、家族葬は全体の30%、密葬は全体の15%と大きな割合を占めています。

そんな「家族葬」や「直葬(火葬式)」に関して下記のようなお悩みをお持ちの方も多いと思います。

こちらの記事では上記のような悩みを解決できるよう、元葬儀人の筆者が説明していきますの是非最後までご覧ください。

また、もう一点重要なことをお伝えします。

家族葬や直葬(火葬式)は新しい葬儀の形式ならではの注意点も存在します。

それは、葬儀社によって費用やサポートの質が大きく異なることです。

正しい葬儀社選びをしないと、あなたも痛い目に合う可能性が十分にあります。

そこで、今回の記事は家族葬と直葬(火葬式)の特徴だけではなく、後悔のしない正しい家族葬の葬儀社の選び方をどんな初心者の方でも読めばわかるようにかみ砕いてお伝えしていきます。

「家族葬」や「直葬(火葬式)」をどちらかを決定しても、第5章の「葬儀社えらびのコツ」は必ずご覧ください。あなたが後悔しないように、正しい葬儀社えらびの方法を紹介しています。

1.家族葬と直葬(火葬式)の違いって?

初めに結論をお伝えしますと、

通夜式や告別式のような儀式を行うのが家族葬で、儀式を一切行わず火葬のみのお葬式が直葬(火葬式)になります。

ではそれぞれの詳細をみていきましょう。

1-1.家族葬とは親族中心の葬儀のこと

本当に縁の深い親族や、故人と親しかった人たちで、ゆっくり見送るのが家族葬です。

縁の薄い一般参列者によけいな気遣いをしたくないという願いが、家族葬には込められています。

1-2.直葬(火葬式)とは通夜やお葬式をせず火葬だけを行う見送りのこと

病院を出た後、火葬場や葬儀社の安置室へ故人を移送し、通夜や葬儀をせずに火葬を行うのが直葬(火葬式)です。

遺族や親族は火葬場で別れの焼香などを行うだけで、最もシンプルなスタイルといえます。

1-3.家族葬と直葬(火葬式)の違い

冒頭と繰り返しになりますが、大切なことですのでもう一度お伝えしますと、通夜式や告別式のような儀式を行うのが家族葬で、儀式を一切行わず火葬のみのお葬式が直葬(火葬式)になります。

ではなぜ、このような家族葬や直葬(火葬式)が注目を浴びているのでしょうか?

「家族葬」や「直葬」をどちらかを決定しても、第5章の「葬儀社えらびのコツ」は必ずご覧ください。あなたが後悔しないように、正しい葬儀社えらびの方法を紹介しています。

2.家族葬や直葬(火葬式)が注目を浴びている背景

家族葬や直葬(火葬式)を選ぶ人が増えています。

どれほど伸びているのか、そしてどうして伸びているのかを説明しましょう。

2-1.家族葬は30%、直葬(火葬式)は15%

2014年、葬儀関連のデータ集計を行っている鎌倉新書が葬儀社を対象にして行った調査では、全国平均で遺族の30%が家族葬を、15%が直葬(火葬式)を選んでいるという結果が出ました。

参照:鎌倉新書

家族葬という言葉は2000年代になってから、直葬(火葬式)という言葉は2010年ごろから普及したため、新しいお別れの形と考えれば大きな伸び率を果たしているといっていいでしょう。

2-2.伸びている理由は「高齢化」「儀礼の簡素化」「一般家庭の年収減少」にある

家族葬や直葬(火葬式)が伸びている理由として、まずは高齢化が考えられます。

故人も喪主も高齢だと交流が少なくなり、結果的に葬儀に呼ぶ人が少なくなり、自然と「親族中心の見送りでよい」という考えに至るためです。

また、宗教離れが進み、葬儀に限らず冠婚葬祭全ての儀礼が簡素化する傾向も、家族葬や直葬(火葬式)の増加に一役買っています。

さらに、バブル崩壊以降、一般家庭の年収が減少の一途をたどっていることも関連していると思われます。

一般葬を行うと、大きな葬儀ホールを借りたり、祭壇を派手にしたりと、出費がかさむからです。


ここまで、家族葬や直葬(火葬式)の概要・注目を浴びている理由を紹介してきました。

それを受けて家族葬・直葬(火葬式)と相性が合う人を整理しましたので是非ご参考にしてください。

「家族葬」や「直葬」をどちらかを決定しても、第5章の「葬儀社えらびのコツ」は必ずご覧ください。あなたが後悔しないように、正しい葬儀社えらびの方法を紹介しています。

3.家族葬・直葬(火葬式)と相性が合う人は?

家族葬と相性の合う人と、直葬(火葬式)と相性の合う人は似通っています。それぞれみていきましょう。

3-1.家族葬と相性が合う人は、家族・親族だけでも儀式はしっかり行いたい人

お葬式の儀式をしっかり行った上で、故人との最後の時間を家族・親族水入らずでゆっくり過ごしたい方に向いてます。

家族葬に関してより詳しく知りたい方は下記の記事を参考にしてください。メリット・デメリット等の詳細を記載してます。

家族葬|納得した葬儀をあげるために知っておきたい全知識

昨今、故人や遺族らしい葬儀を実施したいと思う方が増えております。 そのようなご要望に対してそれぞれの特徴をもった葬儀の形式が増えてきていることをご存知でしょうか。 その中でも一番人気があるのが家族葬で ...

続きを見る

3-2.直葬(火葬式)と相性が合う人は、葬儀の儀式に価値を感じない人

多大な費用まで払って、通夜やお葬式などのお葬式の儀式をしたくない方に向いてます。

家族葬に関してより詳しく知りたい方は下記の記事を参考にしてください。メリット・デメリット等の詳細を記載してます。

元葬儀人が調べあげてわかった、直葬(火葬式)6つのメリット

昨今注目が集まる「直葬(火葬式)」 NHKの調査では関東圏の葬儀で5人のうち1ひとりが直葬(火葬式)を行なっている調査も出ております。 ただこちらの記事をお読みの方は、下記のような疑問をお持ちの方も多 ...

続きを見る

元葬儀人が調べあげてわかった、直葬(火葬式)6つのデメリット

通夜式や告別式を行わらず、できるだけ簡素化した葬儀の形式「直葬(火葬式)」 費用がとても安く、葬儀時間も省略できる等で、昨今でとても人気を集め、NHKの調査では関東圏の葬儀で5人のうち1ひとりが直葬( ...

続きを見る

家族葬と直葬(火葬式)の相性が会う人を紹介してきました。

では具体的に2つの形式の費用がどれくらいで、具体的なプラン内容がどのようなものか気になりますよね。

次に家族葬・直葬(火葬式)の相場と具体的なプラン内容をみていきましょう。

「家族葬」や「直葬」をどちらかを決定しても、第5章の「葬儀社えらびのコツ」は必ずご覧ください。あなたが後悔しないように、正しい葬儀社えらびの方法を紹介しています。

4.家族葬・直葬(火葬式)の費用相場とプラン内容

家族葬の費用相場は40~120万円、直葬(火葬式)は20~70万円

ホームページ上で家族葬の費用を公開されている大手葬儀社を確認したところ、家族葬の費用相場は40~120万円ほどになります。

+ クリック:参照とする調査・サイト

調査・サイト 相場
小さなお葬式 120万円
終活メディア 110万円
memoleis-in-time 80万円
葬儀レビ 60万円
相続情報ラボ 60万円
はじめての葬儀 70万円
永大供養Navi 40〜70万円
はじめての葬儀ガイド 40〜80万円
日比谷花壇のお葬式 40~100万円
ライフドット 50万円

より詳細を確認したければ下記記事をオススメします。

家族葬って高い?安い?家族葬の費用・相場と優良な葬儀社選びの方法

昨今注目を浴びているをあびている家族葬、実は40%以上の人が葬儀の形式として選んでいます。(アーバンフューネス) ただそんな家族葬でも費用や相場に関して下記のようなお悩みをお持ちの方も多いと思います。 ...

続きを見る

同時に通夜式や告別式の行わない直葬(火葬式)の費用相場は20~70万であることがわかりました。

より詳細を確認したければ下記記事をオススメします。

直葬(火葬式)の費用の相場はいくら?有名な葬儀社の実例と注意すべきポイント

葬儀の費用が安い「直葬(火葬式)」 全国の平均相場は20万円と言われております。 ただこちらの記事をお読みの方は、下記のような疑問をお持ちの方も多いと思います。 元葬儀人が包み隠さずお伝えしますと、費 ...

続きを見る

ではプランに含まれる内容はどのように異なってくるのでしょうか。

家族葬と直葬(火葬式)のプラン内容

下記のような特徴があり、筆者の一押しの「シンプルなお葬式」を参考にし、家族葬と直葬(火葬式)のプラン内容を比較していきます。

  • 業界トップクラスの実績
  • 優良な葬儀社で葬儀が行える
  • 費用が安い
  • 追加費用が一切かからない

参照:シンプルなお葬式

ではそれぞれの葬儀の形式の費用とプランの項目をみていきましょう。

+ クリック:各形式の費用とプラン

項目 家族葬 直葬(火葬式)
概要 費用 42万円  15万円
人数 〜30名 〜10名
ご安置 寝台車
ドライアイス
ご安置料金
手続き代行
納棺 お棺
納棺
仏衣
棺用布団
通夜式 寝台車 ×
葬儀場利用料金 ×
生花祭壇 ×
受付セット ×
司会スタッフ ×
運営スタッフ ×
看板 ×
告別式 寝台車 ×
葬儀場利用料金 ×
生花祭壇 ×
受付セット ×
司会スタッフ ×
運営スタッフ ×
看板 × ×
火葬 寝台車
火葬料金
骨壺・骨箱
会葬礼状

やはり通夜式や告別式を行わないだけあり、直葬(火葬式)のプランに含まれる内容は乏しくなります。


ここまで様々な角度から、家族葬・直葬(火葬式)の特徴を紹介してきました。

そんな注目を浴びている家族葬・直葬(火葬式)ですが、新しい葬儀の形式だからこその注意点がございます。

それは、葬儀社によって費用やサポートの質が大きく異なることです。

正しい葬儀社選びをしないと、あなたも痛い目に合う可能性が十分にあります。

最後に、あなたが後悔のない葬儀をあげるための方法をお伝えしますのでぜひ参考にしてみてください。

5.後悔のない家族葬・直葬(火葬式)をあげるための葬儀社選び

後悔のない葬儀をするためには複数の葬儀社を比較

後悔のない家族葬をするために優良な葬儀社を見つけるためにはどうすればいいのでしょうか?

答えはシンプルで、複数の葬儀社の比較をしっかり行うことです。

意外?と思った方も多いかと思いますが、公正取引委員会 も正式におすすめしており、

葬儀社を複数比較しないで、後悔が残った人が80%以上もいるとのデータも公正取引委員会から発表されています。

逆に言うとこの方法しか2017年11月時点での対応策はございません。

特に家族葬・直葬(火葬式)は新しい葬儀の形式で葬儀社の質にバラツキがあるからこそ、複数の葬儀社比較が必要不可欠になります。

必ず複数の葬儀社を比較したうえで納得した葬儀社を選びましょう。

ではどのように葬儀社を複数比較すれば良いのでしょうか。

葬儀社の複数比較には葬儀の一括見積りがおすすめ

葬儀業界はウェブ化が全然進んでおらず、アマゾンや価格.comのように比較できるサービスはありません。

また葬儀の準備は精神的にも時間的にも余裕がなく、自分の要望にあった葬儀社を一つ一つ調べて見積もりをもらうのは現実的ではありません。

そこでおすすめできるのが葬儀の一括見積りサービスになります。

逆に言うと2017年11月時点で、複数の葬儀社を効率よく比較するにはこのサービスしか選択肢はありません。

簡単に葬儀の一括見積もりの特徴を下記3つに分けて説明します。

葬儀一括見積りの3つの特徴

  1. 効率よく複数の葬儀社の候補をあげれる
  2. 葬儀社の質を担保できる
  3. 気軽に利用できる

ではそれぞれ説明していきます。

特徴1:効率よく複数の葬儀社の候補をあげれる

公正取引委員会によると、98%の人が葬儀の準備に時間的余裕がなかったといっており、効率よく葬儀の準備を行うことは重要になります。

葬儀一括見積りサービスは下記の入力フォームを記載するだけで、あなたの要望にあった複数の葬儀社の見積もりが手に入ります。

参照:葬儀レビ

時間も1分もかかりません。

下記に一括見積りサイトを利用する場合としない場合での、複数社から見積もりをもらえる流れをみていきましょう。

手順 一括見積りサイトを使用しない 一括見積りサイトを使用する
1 自身の要望に合う葬儀社Aを探す 自身の要望をサイト上に記入
2 葬儀社Aの見積りに必要な情報収集 (サイト運営社と要望確認する場合もある)
3 見積もりの依頼  
4 自身の要望に合う葬儀社Bを探す  
5 葬儀社Bの見積りに必要な情報を収集  
6 見積りの依頼  

また、下記のように整理できます。

一括見積もりサイトを使用しない 一括見積りサイトを使用する
手順の数 6 2
見積もり数 2社 平均5社
かかる時間 4-5時間 1分

時間の内葬儀の準備において効率よく葬儀社の候補を増やせるのは大きな特徴です。

特徴2:厳選した葬儀社のみ紹介

全国には7,000以上もある葬儀社が存在します。その中から、慣れない葬儀の準備の中で優良な葬儀社を見つけるのは至難の業です。

(全てのサービスではありませんが)葬儀一括見積りサービスは既に厳選された優良な葬儀社をあなたに紹介します。

理由を説明させていただきますと、(こちらも全てのサービスではありませんが)葬儀の一括見積りを運営しているのでは葬儀の大手企業になります。

その大手企業は自身の会社の信頼を守るため、あなたに紹介する葬儀社の選定を下記のように厳しくおこなっております。

参照:葬儀レビ

 特徴3:気軽に利用できる

一括見積りと聞くと中古車や不動産のようにしつこい営業をイメージする方もいるかと思います。

安心してください。

(全てのサービスではないが)葬儀の一括見積りはしつこい営業は一切なく、下記のように気軽に断ることができます。

ちなみにあなたの希望に合わなければ、そもそもこちらから連絡する必要はないので気軽に利用できます。

参照:葬儀レビ

ここまで葬儀一括見積りサービスの特徴をご紹介してきました。

葬儀一括見積りサービスは比較的新しいサービスですので、信頼できないサービスもありますので気をつけてください。

最後に具体的にどのサービスを利用すればいいかをご紹介します。

葬儀一括見積もりサービスは葬儀レビがおすすめ

結論から申し上げます。

葬儀一括見積りサービスは「葬儀レビ」を利用しておけば問題ありません。

参照:葬儀レビ

なぜ葬儀レビがオススメなのかは、2017年11月時点で確認できる下記葬儀一括見積りの中で、

サービスで重要と言われる下記7項目で全て優良な内容と言えます。(全て優良なサービスは葬儀レビのみです)

比較対象 内容
運営会社 葬儀業界の大手企業、株式会社みんれび
提携葬儀社数 全国400社以上
実績 年間4,800件以上
サポート体制 365日24時間のコールセンター・メール対応
フォーム入力時間 48秒(筆者の実例)
葬儀社の質 審査基準を通過した優良な葬儀社
気軽さ しつこい営業はなく、気軽に断れる

簡単な説明になりましたが、葬儀レビを利用しておけば問題はありません。

仮に葬儀レビの詳細をより確認したい方は下記記事も参考にしてください。

「葬儀レビ」っていいの?元葬儀人が利用者の口コミや評判を分析・大公開!

※こちらの記事では「葬儀レビ」の主要なサービスである、葬儀一括見積りサービスに関して書いております。 とは葬儀業界の大手企業、株式会社みんれびが提供している葬儀一括見積りサービスです。 ソフトバンクの ...

続きを見る

→葬儀レビのホームページはこちら
https://sougi.minrevi.jp/

 

こちらの章では後悔のない葬儀を行う方法を説明しました。

後悔のない家族葬・直葬(火葬式f)を行うためには複数の葬儀社の比較が必要不可欠になります。

葬儀社の複数比較では葬儀の一括見積りサービスの葬儀レビを利用することをおすすめします。

6.まとめ

こちらの記事では下記を紹介してきました。

  • 家族葬と直葬(火葬式)の概要
  • 家族葬と直葬(火葬式)に相性が会う人
  • 家族葬と直葬(火葬式)の費用
  • 葬儀社えらびのコツ

最後に再度まとめますと、

家族葬は交流が少ない人やゆったりとしたお別れを望む人

直葬(火葬式)は儀式に価値を感じない人、故人と縁遠い人に相性がいいです。

ただ、「家族葬」「直葬(火葬式)」両方とも比較的に新しい葬儀の形式で、葬儀社によって得意不得意が顕著にでて、費用が大きく異なります。

必ず複数の葬儀社を比較して納得のいく選択をおこないましょう。

厳選された複数の葬儀社から見積もりがすぐに届く!
入力時間たったの30秒で全国400以上の葬儀社から厳選された見積もりがもらえる。
元葬儀人が胸を張ってオススメできる安心サービスはこちら。
【葬儀レビ】全国資料一括請求

おすすめ記事

1

既に葬儀一括見積りサービスを利用すると決めておられる方は、こちらの記事の「葬儀一括見積りサイトの徹底分析とランキング3選」をご覧ください。 最近ではインターネットの普及によって葬儀社の選びかたが変わり ...

2

目次約80%の人が葬儀社の比較をしないで後悔をしている葬儀一括見積もりサイトは手間をかけずに厳選された葬儀社を全国から見つけられる胸を張ってオススメする葬儀一括見積もりサイト3選たった10分であなたの ...

3

上記のような理由だけで、日本に7,000以上ある葬儀社の中から家族葬を選んでしまうのは大きな間違いです。 家族葬は他の葬儀と比較し、費用面でとても透明性があり納得できる比較検討ができるのが特徴です。 ...

4

とは株式会社ユニクエスト・オンライン(大阪府・西区)が提供するサービス名で、葬儀業界の不透明な費用に大胆にもメスを入れた、葬儀の追加費用が一切かからない定額サービスになります。 年間約24,000件の ...

-家族葬, 直葬

Copyright© お葬式のいろは , 2017 All Rights Reserved.