家族葬

家族葬って高い?安い?家族葬の費用・相場と優良な葬儀社選びの方法

投稿日:

【この記事は約3分で読めます】

昨今注目を浴びているをあびている家族葬、実は40%以上の人が葬儀の形式として選んでいます。アーバンフューネス

ただそんな家族葬でも費用や相場に関して下記のようなお悩みをお持ちの方も多いと思います。

元葬儀人の私は今でも上記のような家族葬の費用に関してご相談をたくさん受けます。

いきなり結論をお伝えいたしますが、

家族葬に費用は、火葬しか行わない直葬や1日で葬儀を終わらせる一日葬よりも高く、知人や近所の人も参加する一般葬よりも安いです。

また家族葬は新しい葬儀の形式ならではの注意点も存在します。

それは、葬儀社によって費用やサポートの質が大きく異なることです。

正しい葬儀社選びをしないと、あなたも痛い目に合う可能性が十分にあります。

そこで、今回の記事は家族葬の費用や相場だけではなく、後悔のしない正しい家族葬の葬儀社の選び方をどんな初心者の方でも読めばわかるようにかみ砕いてお伝えしていきます。

1.葬儀費用の内訳

家族葬の相場や費用をご紹介する前に、葬儀費用の内訳をご紹介します。

この内訳を理解していないと、葬儀の費用を考えるときに混乱する可能性があります。

難しくないですので、これを機に覚えてしまいましょう。

葬儀費用の内訳は3つに分けられる

3つに分けられる葬儀費用の内訳

  1. お葬式本体の費用
  2. 飲食等の接待費
  3. 寺院や僧侶への費用

ではそれぞれの詳細をみていきましょう。

内訳1:お葬式本体の費用

お葬式本体にかかる費用になります。

一般的には次の流れにかかる費用と思えば大丈夫です。

ご遺体お迎え→ご遺体ご安置→通夜式→告別式→初七日→火葬

葬儀社で紹介されている費用は、葬儀の本体費用を指しているのが一般的です。

次に紹介する飲食等の接待費や寺院への費用を考慮されていない場合がほとんどですので注意が必要です。

内訳2:飲食等の接待費

通夜式の後の食事や、火葬式の後の精進落としなどにかかる食事費用が主になります。

参加人数で大きく変わってきますし、そもそも開催しない場合もございます。

こちらの費用に関しては、葬儀社で紹介されている費用に含まれないのが一般的ですので注意してください。

内訳3:僧侶や寺院への費用

主に仏式で行う場合ですが、お経を読む僧侶や寺院に対してお布施という形でお金を支払います。

相場という概念はありませんので、直接僧侶にいくらぐらいか聞くのが正直妥当になります。

こちらの費用に関しても、葬儀社で紹介されている費用に含まれないのが一般的ですので注意してください。


まず初めに葬儀費用の内訳をご紹介してきました。

特に飲食や僧侶への費用は葬儀社が紹介する費用に含まれないのが、一般的ですので注意が必要です。

ちなみに参考程度ではありますが、日本消費者協会の調査によると上記項目にかかる平均費用は下記になります。

内容 金額
お葬式費用の平均総額 188.9万円
 内訳 内訳1:お葬式本体の費用 122.2万円
内訳2:飲食等の接待費 33.9万円
内訳3:寺院への費用 44.6万円

では続いて本題の家族葬の費用・相場に関して紹介してきます。

家族葬は家族や親族だけの葬儀で、飲食が行われない場合も多く、また無宗教式で僧侶などを呼ばない場合も多く、内訳2,3に関してそもそも費用が発生しない場合がほとんどです。(これこそが、家族葬が安い理由です)

つきましては、以後ご紹介する内容は家族葬の「お葬式本体の費用」だけに関するものであると認識ください。

2.家族葬の費用の相場

こちらでは家族葬の相場に関してみていきます。

インターネット上ではたくさんの情報があり、どれを信じてよいか正直わからないですよね。

こちらの記事ではインターネット上の情報や文献を調べあげその平均を相場としてご紹介します。

+ クリック:参照とする調査・サイト

調査・サイト 相場
小さなお葬式 120万円
終活メディア 110万円
memoleis-in-time 80万円
葬儀レビ 60万円
相続情報ラボ 60万円
はじめての葬儀 70万円
永大供養Navi 40〜70万円
はじめての葬儀ガイド 40〜80万円
日比谷花壇のお葬式 40~100万円
ライフドット 50万円

結果、家族葬の相場は40~120万円ということがわかりました。

なぜこんな相場に差があるか疑問になりますよね。

それは家族葬が新しい葬儀の形式であることが要因です。

新しい葬儀の形式である家族葬の実績の少ない葬儀社はたくさん存在します。

よって費用やサポートの質が葬儀社によって大きく異なり、このように相場にも30〜120万円と差が生じてしまっているのです。

故人とゆっくり過ごすために選んだ家族葬で、葬儀社のサポートで嫌な思いをしてしまったら意味がありません。

また安いはずの家族葬なのに高い費用がかかってしまったら元も子もありません。

あなたが上記のような痛い目に合わないよう、「5.後悔のない家族葬をするための葬儀社選び」で対処法を紹介しまので必ず参考にしてください。


家族葬の相場がわかったところで、他の葬儀の形式と比べた場合にどれくらい費用が高いのか気になりますよね。

続いて他の葬儀に比べて費用がどうなのかみていきましょう。

3.家族葬と一般葬・一日葬・直葬(火葬式)の費用比較

こちらでは下記の葬儀の形式と家族葬の費用を比べてみます。

葬儀の形式

  • 一般葬:知人や会社関係、近所の方も参加する一般的なお葬式
  • 一日葬:通夜式を行わず、一日だけで葬儀を終わらせるお葬式
  • 直葬(火葬式):通夜式や告別式を行わず、火葬のみの最もシンプルなお葬式

また費用の比較の対象として、下記特徴のある筆者もオススメしている「シンプルなお葬式」を参考にします。

  • 業界トップクラスの実績
  • 優良な葬儀社で葬儀が行える
  • 費用が安い
  • 追加費用が一切かからない

参照:シンプルなお葬式

ではそれぞれの葬儀の形式の費用とプランの項目をみていきましょう。

+ クリック:各形式の費用とプラン

項目 家族葬 一般葬 一日葬 直葬(火葬式)
概要 費用 42万円 52万円 30万円  15万円
人数 〜30名 〜100名  〜20名 〜10名
ご安置 寝台車
ドライアイス
ご安置料金
手続き代行
納棺 お棺
納棺
仏衣
棺用布団
通夜式 寝台車 × ×
葬儀場利用料金 × ×
生花祭壇 × ×
受付セット × ×
司会スタッフ × ×
運営スタッフ × ×
看板 × ×
告別式 寝台車 ×
葬儀場利用料金 ×
生花祭壇 ×
受付セット ×
司会スタッフ ×
運営スタッフ ×
看板 × × ×
火葬 寝台車
火葬料金
骨壺・骨箱
会葬礼状

家族葬の費用は、通夜式のない一日葬と火葬のみの直葬(火葬式)よりも高く、知人や会社関係者、隣人が参加する一般葬よりも安いことがわかります。

今回は「シンプルなお葬式」の例となりますが、他の葬儀社も同じ費用形態であると覚えていただければと思います。

また、費用だけではなく、項目からわかる特徴としては、「しっかりとした葬儀を、故人との最後の時間を家族・親族水入らずの時間をゆっくり行えるのが家族葬」と言うことができます。


他の葬儀の形式と家族葬の費用の比較ができたところで、「どの葬儀社の家族葬がいいの?」との疑問を持たれる方もいると思います。

続いては大手葬儀社の家族葬のプランもご紹介します。

4.大手葬儀社の家族葬の費用

ではこちらでは大手と言われている葬儀社の家族葬の費用をみてみましょう。

+ クリック:葬儀社一覧

サービス 会社設立 家族葬費用
シンプルなお葬式 2009年 40万円
イオンのお葬式 2014年 50万円
小さなお葬式 2006年  50万円
セレマ 1959年 非公開
ティア 1997年 45-135万円
ベルコ 1969年 非公開
セレマ 1959年 非公開
メモリード 1969年 45万円~
公益社 1932年 98万円(事例
紫雲閣 1966年 非公開
愛昇殿 1956年 140万円
メモワール 1973年 54-130万円
ファミーユ 2000年 40-150万円
平安祭典 1964年 50~68万円
天国社 2002年 100-180万円
天国社 1987年 52万円-
ベルモニー 1991年 96-120万円
イズモ葬祭 1966年 非公開
清月記 1985年  非公開
セレモア 1970年 40万円~
博全社 1915年 82万円(事例
玉泉院 1966年 非公開
アーバンフューネス 2002年 48万円~ 

※2018年02月時点

安いところは40万円から、高いところは200万円と大きく差があります。

もちろん葬儀社によってサポートの質が異なりますので、費用の差が出るのは自然のことです。

ただ、家族葬の差額に関しては明らかに顕著すぎることが言えます。

繰り返しの説明になりますが、理由としては家族葬が新しい葬儀の形式だからになります。

新しい葬儀の形式である家族葬に対して、実績が少なく、実施に慣れていない大手葬儀社はたくさん存在します。

よって費用やサポートの質が葬儀社によって大きく異なり、上記のように大きな差額が発生しているのが事実です。


新しい葬儀の形式である家族葬は、葬儀社によって費用やサポートの質が大きく異なることがわかりました。

故人とゆっくり過ごすために選んだ家族葬で、葬儀社のサポートで嫌な思いをしてしまったら意味がありません。

また、安いはずの家族葬なのに高い費用がかかってしまったら元も子もありません。

最後にあなたが上記のような痛い目に合わないよう、対処法を紹介しまので必ず参考にしてください。

5.後悔のない家族葬をするための葬儀社選び

後悔のない葬儀をするためには複数の葬儀社を比較

後悔のない家族葬をするために優良な葬儀社を見つけるためにはどうすればいいのでしょうか?

答えはシンプルで、複数の葬儀社の比較をしっかり行うことです。

意外?と思った方も多いかと思いますが、公正取引委員会 も正式におすすめしており、

葬儀社を複数比較しないで、後悔が残った人が80%以上もいるとのデータも公正取引委員会から発表されています。

逆に言うとこの方法しか2018年02月時点での対応策はございません。

特に家族葬は新しい葬儀の形式で葬儀社の質にバラツキがあるからこそ、複数の葬儀社比較が必要不可欠になります。

必ず複数の葬儀社を比較したうえで納得した葬儀社を選びましょう。

ではどのように葬儀社を複数比較すれば良いのでしょうか。

葬儀社の複数比較には葬儀の一括見積りがおすすめ

葬儀業界はウェブ化が全然進んでおらず、アマゾンや価格.comのように比較できるサービスはありません。

また葬儀の準備は精神的にも時間的にも余裕がなく、自分の要望にあった葬儀社を一つ一つ調べて見積もりをもらうのは現実的ではありません。

そこでおすすめできるのが葬儀の一括見積りサービスになります。

逆に言うと2018年02月時点で、複数の葬儀社を効率よく比較するにはこのサービスしか選択肢はありません。

簡単に葬儀の一括見積もりの特徴を下記3つに分けて説明します。

葬儀一括見積りの3つの特徴

  1. 効率よく複数の葬儀社の候補をあげれる
  2. 葬儀社の質を担保できる
  3. 気軽に利用できる

ではそれぞれ説明していきます。

特徴1:効率よく複数の葬儀社の候補をあげれる

公正取引委員会によると、98%の人が葬儀の準備に時間的余裕がなかったといっており、効率よく葬儀の準備を行うことは重要になります。

葬儀一括見積りサービスは下記の入力フォームを記載するだけで、あなたの要望にあった複数の葬儀社の見積もりが手に入ります。

参照:葬儀レビ

時間も1分もかかりません。

下記に一括見積りサイトを利用する場合としない場合での、複数社から見積もりをもらえる流れをみていきましょう。

手順 一括見積りサイトを使用しない 一括見積りサイトを使用する
1 自身の要望に合う葬儀社Aを探す 自身の要望をサイト上に記入
2 葬儀社Aの見積りに必要な情報収集 (サイト運営社と要望確認する場合もある)
3 見積もりの依頼  
4 自身の要望に合う葬儀社Bを探す  
5 葬儀社Bの見積りに必要な情報を収集  
6 見積りの依頼  

また、下記のように整理できます。

一括見積もりサイトを使用しない 一括見積りサイトを使用する
手順の数 6 2
見積もり数 2社 平均5社
かかる時間 4-5時間 1分

時間の内葬儀の準備において効率よく葬儀社の候補を増やせるのは大きな特徴です。

特徴2:厳選した葬儀社のみ紹介

全国には7,000以上もある葬儀社が存在します。その中から、慣れない葬儀の準備の中で優良な葬儀社を見つけるのは至難の業です。

(全てのサービスではありませんが)葬儀一括見積りサービスは既に厳選された優良な葬儀社をあなたに紹介します。

理由を説明させていただきますと、(こちらも全てのサービスではありませんが)葬儀の一括見積りを運営しているのでは葬儀の大手企業になります。

その大手企業は自身の会社の信頼を守るため、あなたに紹介する葬儀社の選定を下記のように厳しくおこなっております。

参照:葬儀レビ

 特徴3:気軽に利用できる

一括見積りと聞くと中古車や不動産のようにしつこい営業をイメージする方もいるかと思います。

安心してください。

(全てのサービスではないが)葬儀の一括見積りはしつこい営業は一切なく、下記のように気軽に断ることができます。

ちなみにあなたの希望に合わなければ、そもそもこちらから連絡する必要はないので気軽に利用できます。

参照:葬儀レビ

ここまで葬儀一括見積りサービスの特徴をご紹介してきました。

葬儀一括見積りサービスは比較的新しいサービスですので、信頼できないサービスもありますので気をつけてください。

最後に具体的にどのサービスを利用すればいいかをご紹介します。

葬儀一括見積もりサービスは葬儀レビがおすすめ

結論から申し上げます。

葬儀一括見積りサービスは「葬儀レビ」を利用しておけば問題ありません。

参照:葬儀レビ

なぜ葬儀レビがオススメなのかは、2018年02月時点で確認できる下記葬儀一括見積りの中で、

サービスで重要と言われる下記7項目で全て優良な内容と言えます。(全て優良なサービスは葬儀レビのみです)

比較対象 内容
運営会社 葬儀業界の大手企業、株式会社みんれび
提携葬儀社数 全国400社以上
実績 年間4,800件以上
サポート体制 365日24時間のコールセンター・メール対応
フォーム入力時間 48秒(筆者の実例)
葬儀社の質 審査基準を通過した優良な葬儀社
気軽さ しつこい営業はなく、気軽に断れる

簡単な説明になりましたが、葬儀レビを利用しておけば問題はありません。

仮に葬儀レビの詳細をより確認したい方は下記記事も参考にしてください。

「葬儀レビ」っていいの?元葬儀人が利用者の口コミや評判を分析・大公開!

お葬式の準備を進めている中で葬儀レビの利用を検討している方も多いと思います。 また「葬儀社を探すなら葬儀レビがオススメ」と紹介されているサイトが年々増えてます。 そんな葬儀レビに関して下記のようなお悩 ...

続きを見る

葬儀レビ公式ページ

 

こちらの章では後悔のない葬儀を行う方法を説明しました。

後悔のない家族葬を行うためには複数の葬儀社の比較が必要不可欠になります。

葬儀社の複数比較では葬儀の一括見積りサービスの葬儀レビを利用することをおすすめします。

6.まとめ

いかがでしたでしょうか。

こちらの記事では家族葬の費用や相場に関してお伝えしてきました。

しつこいかもしれませんが最後にもう一度まとめさせていただきます。


家族葬の料金は、通夜式のない一日葬と火葬のみの直葬(火葬式)よりも高く、知人や会社関係者、隣人が参加する一般葬よりも安いことがわかりました。

そんな家族葬は「しっかりとした葬儀を、故人との最後の時間を家族・親族水入らずの時間をゆっくり行いたい人に向いていると言えます。

また家族葬の相場は、40~120万円ということがわかりました。

差額の理由としては、新しい葬儀の形式のため実績の少ない葬儀社がたくさん存在することによって、費用やサポートの質が葬儀社によって大きく異なることが言えます。

故人とゆっくり過ごすために選んだ家族葬で、葬儀社のサポートで嫌な思いをしてしまったら意味がありません。

また、安いはずの家族葬なのに高い費用がかかってしまったら元も子もありません。

対処法としては公正取引委員会が正式に推奨しているように、複数の葬儀社比較が必要不可欠になります。

複数の葬儀社比較をするためには、2018年02月時点でおすすめできるが下記特徴のある「葬儀一括見積もり」になります。

  1. 効率よく複数の葬儀社の候補をあげれる
  2. 厳選された葬儀社のみ紹介
  3. 気軽に利用できる

葬儀一括見積もりの中でも、実績が最も多く、厳選された葬儀社を最も多く紹介してくれる葬儀レビを利用すれば間違いありません。

参照:葬儀レビ

おすすめ記事

1

既にサービスを利用すると決めておられる方は「葬儀一括見積りサイトの徹底分析とランキング3選」をご覧ください。 インターネットの普及によって葬儀社の選びかたが変わり「葬儀一括見積り」がオススメという情報 ...

2

目次約80%の人が葬儀社の比較をしないで後悔をしている葬儀一括見積もりサイトは手間をかけずに厳選された葬儀社を全国から見つけられる胸を張ってオススメする葬儀一括見積もりサイト3選たった10分であなたの ...

3

上記のような理由だけで、日本に7,000以上ある葬儀社の中から家族葬を選んでしまうのは大きな間違いです。 家族葬は他の葬儀と比較し、費用面でとても透明性があり納得できる比較検討ができるのが特徴です。 ...

4

「小さなお葬式」とは葬儀業界の不透明な費用に大胆にもメスを入れた、葬儀の追加費用が一切かからない定額サービスになります。 年間約24,000件の葬儀業界トップクラスの実績からわかるようにたくさんの方に ...

-家族葬

Copyright© お葬式のいろは , 2018 All Rights Reserved.