家族葬

30万円の家族葬ってどう?プロが教える相場と大手葬儀社の料金一覧

投稿日:

家族葬を調べており「30万円で行える!」という情報を目にし、下記のような疑問を持っている人も多いと思います。

いきなり結論になりますが、30万円で家族葬を行うことは極めて難しいと言えます。

もしかしたら30万円で行える葬儀社もあるかもしれませんが、トラブルになる場合があるので内容や葬儀社を見直すこともおすすめします。

なぜかというと実は葬儀業界は「追加料金がかかる」などの料金に関するトラブルがたくさん発生しているからです。

実際に下記のように消費者庁にたくさん報告されてます。

そんな葬儀業界で、あなたが納得した費用(料金)で家族葬があげられるよう、こちらの記事では下記3つの内容を説明します。ぜひ参考にしてみてください。

3つの内容

  1. 家族葬の相場
  2. 大手葬儀社の価格表一覧
  3. 納得した費用(料金)で家族葬をあげられるためのコツ

家族葬の相場:30万円の家族葬は大丈夫?

30万円の家族葬が高いのか、安いのか判断するために家族葬の相場をみてみましょう。

まずはじめに家族葬の料金の考え方を説明します。

よく「葬儀社のホームページに乗っている料金=実際にかかる費用」と勘違いしてしまいますが、違いますので注意しましょう。

家族葬の費用(料金)の考え方

家族葬の費用(料金)を見るときは下記4つの項目でみるようにしましょう。

4つの項目

  1. 葬儀:斎場や火葬場など葬儀本体にかかる費用
  2. 飲食:通夜振る舞いや精進落としなどの食事にかかる費用
  3. 返礼品:香典返しなどの参列者へのお礼にかかる費用
  4. 宗教者へのお礼:お布施や車代など僧侶へのお礼にかかる費用

葬儀社のホームページに記載してある料金は"葬儀費用"のみが多いですが、中には"飲食"や"返礼品"も含まれている葬儀社もあります。

またほとんどの葬儀社の料金には"宗教者へのお礼"は含まれていないので注意しましょう。

では家族葬の相場をこの4つの項目ごとにみてみましょう。

家族葬の相場は120万円ほど

葬儀のプロや信憑性のある情報を参考にし、4つの項目ごとの相場を抽出してました。

詳細をみたい人は下記の記事を参考にしてみてください。

高い?安い?葬儀のプロが語る家族葬の相場と大手葬儀社の費用(料金)一覧

お葬式の準備をすすめる中で、家族・親族のみでゆっくり故人を見送ることができる家族葬を候補にしている人も多いでしょう。 ただ同時にそんな家族葬の費用(料金)に関して下記のような疑問がある人も多いと思いま ...

続きを見る

仮に参列者が10人の想定だと家族葬の相場は120万円ほどになります。

30万円の家族葬は相場よりも圧倒的に安い

もしかしたら葬儀本体の料金(費用)を30万円と想定していた人もいると思いますが、仮に飲食や返礼品、お布施を入れて30万円で家族葬を行えたとしたら、相場の120万円より圧倒的に安いと言えます。

30万円だと安すぎるので念のためプラン内容や他の葬儀社も吟味するようにしましょう。

たとえどんなに安くてもサービスの内容がひどかったら意味がありません。

では続いて、他の葬儀社を吟味する際の参考として、大手葬儀社ごとの家族葬の料金(費用)一覧と筆者のおすすめな葬儀社を紹介します。

※仮に葬儀社が決まっている人は、下記の記事を参考にしてみてください。家族葬の料金を安くするポイントが記載しております。

家族葬の費用(料金)を安くする4つの方法!葬儀のプロが解説

家族葬を検討しているが、思った以上に費用(料金)が高く、「家族葬を安くできないか?」と悩んでいる人も多いでしょう。 歴史の浅い家族葬は、葬儀社ごとにサービスや費用の内容が大きく異なり、たとえ同じ内容で ...

続きを見る

大手葬儀社の家族葬の料金:30万円は存在しない?

ここでは大手葬儀社の家族葬の料金(費用)を紹介します。

まずはじめに大手葬儀社の家族葬の料金(費用)をどのように比較したかを説明します。

大手葬儀社によっては基本プランにある内容が異なるため、単にホームページ上に記載してあるものは比較しないように注意しましょう。

費用(料金)の算出方法

まず、各葬儀社のホームページに表示されている費用を「表示費用」としてます。

ただ、葬儀社のプランによっては葬儀以外の「飲食」「返礼品」「お布施」が含まれていなかったりします。

そこで含まれていない葬儀社に関しては、下記の相場の費用を足して「想定合計費用」と算出してます。

各項目の相場

  • 飲食:7万円
  • 返礼品:1万円
  • お布施:25万円

要するに「表示費用」+「飲食(相場)」+「返礼品(相場)」+「お布施(相場)」=「想定合計金額」として、想定金額を抽出しています。

では下記気になる葬儀社の一覧をみてみましょう。

大手葬儀社の家族葬プランの費用一覧

大手葬儀社の家族葬の費用と内容
葬儀社表示費用プラン内容想定合計費用
飲食返礼品お布施
小さなお葬式49万円×××81.5万円
アーバンフューネス69万円(事例)×94万円
アイリス68万円×××100万円
メモリード68万円×××100.5万円
典礼会館73万円×××105.5万円
博全社82万円(事例)×107万円
ファミーユ88万円×113万円
ウィズハウス80万円×××112.5万円
メモワール92万円×117万円
ティア85万円×××117.5万円
公益社98万円(事例)×130.5万円
家族葬の天国社106万円×131万円
愛昇殿119万円×××151.5万円
紫雲閣非公開----
セレマ非公開----
ベルコ非公開----
平安祭典非公開----
ベルモニー非公開----
イズモ葬祭非公開----
清月記非公開----
セレモア非公開----
玉泉院非公開----
セレモニー非公開----

※2018年05月時点

思った以上に非公開(もしくは価格が不透明)が多く驚いたかと思います。また、やはり30万円で家族葬を展開している葬儀社はありませんでした。

また相場が約120万円の中で、80万円の葬儀社もあれば、150万円の葬儀社もあり費用の差はとても大きいと思います。

「で、結局どれを選べばいいかわからない」という人もいるでしょう。

最後に筆者がおすすめする葬儀社の決め方を紹介します。

家族葬なら「小さなお葬式」がおすすめ

筆者としては下記3つの特徴を持つ「小さなお葬式」というサービスがおすすめです。

無料でしつこい営業もないのでまずが気軽に電話をすることをおすすめします。

3つの特徴

  1. 料金が安い
  2. 定額で追加料金がかからない
  3. 優良な葬儀社を複数紹介してくれる

実は「小さなお葬式」は葬儀社ではありません。

利用者(あなた)に全国の4,000以上からなる斎場から要望にあったものを紹介してくれる仲介サービスです。

そんな「小さなお葬式」経由で葬儀社を探すと、追加料金がかからず、かつ安い料金でお葬式を行えるというサービスです。

また、安く追加費用がかからないだけでなく、紹介してくれる葬儀社は厳選されている優良な葬儀社とのことです。

筆者も実際に利用しましたが、確かに地元では有名で優良といわれている斎場を10つ紹介してもらいました。

このような特徴のもつ「小さなお葬式」はたくさんの利用者からえらばれており、2017年の葬儀受注件数が全国1位とのことです。

小さなお葬式

家族葬を行いたいならお勧めできるサービスと言えます。

筆者も何度か問い合わせてみてみましたが、しつこい営業もなく丁寧に相談のってくれるので、軽い気持ちで電話してもよいと言えます。

「小さなお葬式」のより詳細をしりたければ下記の記事も参考にしてみてください。

【知らなきゃ危険!】元葬儀人が教える「小さなお葬式」の正体

驚く人も多いと思いますが「小さなお葬式」は、日本一利用者から選ばれているサービスになります。 出典:小さなお葬式 そんな「小さなお葬式」はおおくの人から利用されているため、ネット上では良いことも悪いこ ...

続きを見る

おすすめ記事

1

既にサービスを利用すると決めておられる方は「葬儀一括見積りサイトの徹底分析とランキング3選」をご覧ください。 インターネットの普及によって葬儀社の選びかたが変わり「葬儀一括見積り」がオススメという情報 ...

2

目次約80%の人が葬儀社の比較をしないで後悔をしている葬儀一括見積もりサイトは手間をかけずに厳選された葬儀社を全国から見つけられる胸を張ってオススメする葬儀一括見積もりサイト3選たった10分であなたの ...

3

上記のような理由だけで、日本に7,000以上ある葬儀社の中から家族葬を選んでしまうのは大きな間違いです。 家族葬は他の葬儀と比較し、費用面でとても透明性があり納得できる比較検討ができるのが特徴です。 ...

4

驚く人も多いと思いますが「小さなお葬式」は、日本一利用者から選ばれているサービスになります。 出典:小さなお葬式 そんな「小さなお葬式」はおおくの人から利用されているため、ネット上では良いことも悪いこ ...

-家族葬

Copyright© お葬式のいろは , 2018 All Rights Reserved.