直葬

直葬(火葬式)でお経は必要?お経の必要性、僧侶を呼ぶ方法とその相場

投稿日:

【この記事は約2分で読めます】

葬儀のしきたりを簡略化した直葬(火葬式)

僧侶を呼んで行うお経などに関しても簡略できるのか?

のような疑問をお持ちな方も多いと思います。

先に結論を申し上げます。

通常、直葬(火葬式)では僧侶を呼んでお経を読みませんが、オプションとして読んでもらうこともできます

こちらの記事ではお経を読む場合と読まない場合の進め方、僧侶の手配とその費用をお伝えしていきます。

1. 直葬(火葬式)にはお経が必要ではないが、読んでもらうこともできる

この章では、直葬でお経を読んでもらう場合と、読んでもらわない場合についての流れを解説します。

直葬は火葬だけの葬儀なので、基本的にはお経は必要ありません。

しかし、お経を読んでもらうことはできます。

こちらではお経を読んでもらう場合とそうでない場合の詳細をお伝えしていきます。

1-1.全くお経を読んでもらわない場合

全くお経を読んでもらわない場合には、火葬炉の前で親族が簡単にお別れを済ませるだけの見送りとなります。

僧侶を呼ばないので、お布施の必要はなく費用は安くなります。

1-2.火葬炉の前で数分だけお経を読んでもらう場合

僧侶を呼び、火葬炉の前で数分だけお経を読んでもらう場合があります。

僧侶には、火葬場に直接来ていただきます。

1-3.出棺前に火葬式を済ませる場合

火葬場へ向かう前に、安置されている場所などで遺族だけの短い葬式を行うことがあります。これを「火葬式」といいます。

僧侶には、安置場所に来てもらいお経を呼んでもらいます。さらに炉の前でお経を読んでもらうことも可能です。

 

以上、直葬におけるお経について説明しました。

「直葬(火葬式)にするけれど、僧侶には来てもらおう」と思ったら、どうすればよいのでしょうか。

次章では、直葬に僧侶を呼びたい人のために、手配方法や費用相場を紹介します。

2.直葬の僧侶の手配方法と費用相場

この章では、直葬でお経をあげてくれる僧侶をどうやって手配するのか、また、直葬のお布施の相場はいくらなのかを解説します。

2-1.僧侶は葬儀社に紹介してもらうかネットで探す

僧侶を手配するとき、一番安心なのが葬儀社に紹介してもらうことです。しかし、僧侶の誰もが直葬に理解を持っているとはいえません。

知り合いに紹介してもらうよりも、直葬に抵抗のない僧侶を葬儀社から紹介したもらったほうがトラブルがないでしょう。

葬儀社にツテがなければ、ネットで探してみましょう。「直葬一件●万円」などといった明朗会計の僧侶たちが見つかります。有名どころでいうと株式会社みんれびで展開するお坊さん便です。

参照:お坊さん便

お車代があまりかさまないよう、近くの僧侶を探すのがポイントです。

2-2.直葬のお経の費用は5万円から10万円ほど

お経のための費用のことを、お布施といいます。

直葬のお布施の相場は、5万円から10万円ほどです。

直葬でも「戒名を付けてほしい」と希望するなら、相場はぐっと上がり、15万円から20万円ほどになります。

以上、直葬のときの僧侶の手配方法と、お布施の相場について解説しました。

3.まとめ

いかがでしたでしょうか?

こちらの記事では直葬(火葬式)におけるお経の必要性と、仮に僧侶を呼ぶ場合の方法、相場をお伝えしてきました。

一般的には直葬(火葬式)においてお経を読む必要はありませんが、僧侶を呼んで読ませたい場合はこちらの記事を参考にして頂けますと幸いです。

おすすめ記事

1

既に葬儀一括見積りサイトを利用すると決めておられる方は、「葬儀一括見積りサイトの徹底分析とランキング3選」をご覧ください 最近ではインターネットの普及によって葬儀社の選びかたが変わり、「葬儀一括見積り ...

2

目次約80%の人が葬儀社の比較をしないで後悔をしている葬儀一括見積もりサイトは手間をかけずに厳選された葬儀社を全国から見つけられる胸を張ってオススメする葬儀一括見積もりサイト3選たった10分であなたの ...

3

上記のような理由だけで、日本に7,000以上ある葬儀社の中から家族葬を選んでしまうのは大きな間違いです。 家族葬は他の葬儀と比較し、費用面でとても透明性があり納得できる比較検討ができるのが特徴です。 ...

4

とは株式会社ユニクエスト・オンライン(大阪府・西区)が提供するサービス名で、葬儀業界の不透明な費用に大胆にもメスを入れた、葬儀の追加費用が一切かからない定額サービスになります。 年間約24,000件の ...

-直葬

Copyright© お葬式のいろは , 2017 All Rights Reserved.