直葬

2017年の直葬(火葬式)の割合は?都市部になるほど増える驚きの割合

更新日:

【この記事は約2分で読めます】

通夜式や告別式を行わない葬儀の形式「直葬(火葬式)」

その形式が利用されるようになったのは2000年前後。そこから徐々に割合を伸ばし、今では主要な葬儀の形式の一つとなりました。今では高い割合で選ばれていますが下記のような疑問をお持ちの方もいるでしょう。

実際どれくらいの割合で選ばれているの?
いろんな調査があり、どれを信じれば良いのかわからない

こちらの記事では、直葬(火葬式)の調査を行っている葬儀社や団体を調べあげ、比較し信用できる割合としてお伝えします。

1.直葬(火葬式)の割合

昨今注目を浴びている直葬(火葬式)ですが、どれくらいの割合なのか徹底的に調べようと思います。様々な企業や団体で調査がありますので、一つ一つみて見ましょう。

鎌倉新書:16%

葬儀業界ではめずらしく上場もしている大手葬儀会社の「鎌倉新書」が、全国の葬儀社を対象に行ったアンケート結果になります。

参照:https://www.kamakura-net.co.jp/newstopics/pdf/20150201.pdf

NHK:関東で22%

少し古い情報になりますが、2013年でNHKが行った調査で、関東圏で22%と発表しております。東京や大阪などの大都市があるエリアで割合が高くなるようです。

参照:https://www.nhk.or.jp/seikatsu-blog/800/152205.html

日比谷花壇:19%

大手葬儀社の日比谷花壇の割合では19%との結果が見られます。こちらの会社でも都市部になればなるほど直葬(火葬式)の割合は高まると言っております。

参照:http://www.news-postseven.com/archives/20121101_152590.html

アーバンフューネス:16%

関東で主に展開する大手葬儀社アーバンフューネスの自社調査によると16%という結果がわかります。ちなみに調査は少し古く2015年になります。

参照:http://data.urban-funes.com/data/chosen-funeral-style/

2.直葬(火葬式)の20%ほど

各社の調査は下記のようにまとめられます。

調査元割合メモ
鎌倉新書16%2015年の調査
NHK22%2013年の調査、関東圏のみ
日比谷花壇19%2012年の調査
アーバンフューネス16%2015年の調査

公開されている調査は、最新でも2015年と少し古くなります。直近では割合が上がっているとの仮説のもと、2017年現在では直葬(火葬式)の割合は20%ほどと認識して良いでしょう。

また東京や大阪のような大都市がある関東、近畿エリアでは割合が高くなる傾向があり、そのような都市部での割合は25%ほどかと思われます。

では、なぜそもそも直葬(火葬式)が選ばれているのか疑問になった方もいると思います。

そんなあなたは下記記事で直葬(火葬式)のメリットを6つにまとめておりますので、自身の要望とマッチしているかご参考にしてみてください。

元葬儀人が調べあげてわかった、直葬(火葬式)6つのメリット

昨今注目が集まる「直葬(火葬式)」 NHKの調査では関東圏の葬儀で5人のうち1ひとりが直葬(火葬式)を行なっている調査も出ております。 ただこちらの記事をお読みの方は、下記のような疑問をお持ちの方も多 ...

続きを見る

 

では最後に、直葬(火葬式)を満足して行うためのコツをご紹介します。

3.後悔のない直葬(火葬式)を行うためには

いくら直葬に関して深く理解できても、実際に葬儀を行う葬儀社えらびを誤れば元も子もないです。

この記事では「優良な葬儀社をどのように見つけるのか」を、葬儀業界の闇に触れながら説明します。

葬儀業界は費用のトラブルが多発

ほとんどの場合、故人が危篤になってから始まるお葬式の準備ですが、実は時間と気持ちに全く余裕を持つことができません。

そんな余裕のない中、葬儀の内容でたくさんの細かなことを決めなければいけず、また葬儀社はあれやこれやと追加の提案をしてきます。

最終的には「料金が高い」「追加料金が発生した」などの費用に関するトラブルがたくさん発生し、消費者庁の運営する国民生活センターから正式に注意喚起がされています。

国民生活センター

ではそんな費用に関するトラブルが多い葬儀業界でどのように優良な葬儀社を選べばいいのでしょうか。

葬儀の仲介サイト「小さなお葬式」がおすすめ

このような葬儀業界に対して筆者としては、下記3つの特徴を持つ「小さなお葬式」がおすすめです。

2つの特徴

  1. 料金が安い
  2. 定額で追加料金がかからない
  3. 優良な葬儀社を複数紹介してくれる

実は「小さなお葬式」は葬儀社ではありません。

利用者(あなた)に全国の4,000以上からなる斎場から要望にあったものを紹介してくれる仲介サービスです。

そんな「小さなお葬式」経由で葬儀社を探すと、追加料金がかからず、かつ安い料金でお葬式を行えるというサービスです。

また、安く追加費用がかからないだけでなく、紹介してくれる葬儀社は厳選されている優良な葬儀社とのことです。

筆者も実際に利用しましたが、確かに地元では有名で優良といわれている斎場を10つ紹介してもらいました。

このような特徴のもつ「小さなお葬式」はたくさんの利用者からえらばれており、2017年の葬儀受注件数が全国1位とのことです。

小さなお葬式

満足のいく葬儀をあげたいなら利用すべきサービスと言えます。

筆者も何度か問い合わせてみてみましたが、しつこい営業もなく丁寧に相談のってくれるので、軽い気持ちで電話してもよいと言えます。

おすすめ記事

1

既にサービスを利用すると決めておられる方は「葬儀一括見積りサイトの徹底分析とランキング3選」をご覧ください。 インターネットの普及によって葬儀社の選びかたが変わり「葬儀一括見積り」がオススメという情報 ...

2

目次約80%の人が葬儀社の比較をしないで後悔をしている葬儀一括見積もりサイトは手間をかけずに厳選された葬儀社を全国から見つけられる胸を張ってオススメする葬儀一括見積もりサイト3選たった10分であなたの ...

3

上記のような理由だけで、日本に7,000以上ある葬儀社の中から家族葬を選んでしまうのは大きな間違いです。 家族葬は他の葬儀と比較し、費用面でとても透明性があり納得できる比較検討ができるのが特徴です。 ...

4

驚く人も多いと思いますが「小さなお葬式」は、日本一利用者から選ばれているサービスになります。 出典:小さなお葬式 そんな「小さなお葬式」はおおくの人から利用されているため、ネット上では良いことも悪いこ ...

-直葬

Copyright© お葬式のいろは , 2018 All Rights Reserved.