小さなお葬式 直葬

「小さなお葬式」が展開する「小さな火葬式(直葬)」ってどう?元葬儀人が明かす正体

更新日:

費用面でトラブルが多発する葬儀業界において、「追加費用がかからない定額サービス」を展開するのが「小さなお葬式」です。

「小さなお葬式」は10年以上続くサービスで、2017年の葬儀実績件数で1番になりました。

小さなお葬式

こちらの記事ではそんな「小さなお葬式」の人気サービス「小さな火葬式(直葬)」に関して記載していきます。

簡略化した形式の火葬式(直葬)は、昨今注目を浴びていますが、下記のようなお悩みをお持ちの方も多いと思います。

「小さなお葬式」の実績は全国No.1で、そのサービスである「小さな火葬式(直葬)」もオススメできるサービスです。

ただ実際のところ同じサービスモデルである「よりそうのお葬式」や「イオンのお葬式」と比較して劣っている点が実在します。

こちらの記事を読むことで、「小さなお葬式」が展開する「小さな火葬式(直葬)」の良いポイントだけでなく悪いポイントも把握でき、あなたが「小さな火葬式(直葬)」を利用するべきかそうでないかが判断できますので、是非最後までご覧くださいませ。

1.「小さな火葬式(直葬)」はどんなサービス?

まず、小さなお葬式の「小さな火葬式(直葬)」がどのようなサービスなのか下記2点に沿ってご紹介します。

「小さな火葬式(直葬)」の概要

  1. 「小さな火葬式(直葬)」が選ばれる理由
  2. 「小さな火葬式(直葬)」のサービスモデル
  3. 「小さな火葬式(直葬)」のサービス内容

ではそれぞれの詳細をみていきましょう。

なぜ「小さなお葬式」が展開する「小さな火葬式(直葬)」は人気なの?

なぜ「小さな火葬式(直葬)」がこれほど選ばれるのでしょうか?実は葬儀業界の費用に関するトラブルが大きく関係しております。

驚く方も多いと思いますが、葬儀の費用は全て葬儀社の言い値で決まってしまいます。

葬儀の準備において利用者(あなた)は時間や気持ちの余裕がございません。

それをいいように「高額な費用」や「追加料金の上乗せ」をして多くのトラブルが発生しています。

トラブルは深刻化しており、消費者庁が運営する国民生活センターも下記のように正式に注意喚起をしております。

国民生活センター

このような「高額な費用」や「追加料金の上乗せ」でトラブルが多い葬儀業界において、「小さな火葬式(直葬)」は下記のような特徴があるため多くの利用者から選ばれております。

メモ

  1. 費用が安い
  2. 追加料金がかからない

こちらで紹介した葬儀業界の背景をより深く知りたい方は下記記事をご参考にしてみてください。

なぜ「小さなお葬式」は人気なの?利用者に選ばれる3つの理由

葬儀の準備を進める中で「小さなお葬式」が良いという情報をよく目にする人も多いでしょう。 ただ、同時に「なんでそんなに人気なの?選ばれてるの?」と疑問に持つ方も多いと思います。 いきなり結論になってしま ...

続きを見る

ここで「なんで「小さな火葬式(直葬)」は、費用が安く・追加料金がかからないの?」と疑問を持たれる方もいらっしゃるでしょう。

続いて気になるサービスモデルに関してご紹介します。

なぜ「小さな火葬式(直葬)」は安く・追加料金がかからないの?

驚く方もいらっしゃるかもしれませんが「小さな火葬式(直葬)」は葬儀社ではございません。

葬儀の手伝いは一切せず、利用者(あなた)が「小さな火葬式(直葬)」を利用すると、あなたの要望にあった葬儀社を全国から選んでくれて紹介してくれる定額仲介サービスです。

ここで「なぜ費用が安くなるの?追加料金がかからないの?」と疑問に思うことでしょう。

「小さな火葬式(直葬)」は「小さな火葬式経由の利用者(あなた)が、葬儀社を決定した場合は固定の費用とサービス内容で葬儀を実施する」という提携を「小さな火葬式(直葬)」と「葬儀社」間で結んでおります。

この事前に決められた提携によって、葬儀費用が安くなり、また固定費用なので追加費用がかからないと言えるわけです。

この「小さな火葬式(直葬)」のサービスモデル、定額仲介サービスの詳細をより知りたい方は下記記事を参考にしてみてください。

「小さなお葬式」は葬儀社ではない?サービスの仕組みを分析してみた

葬儀の準備を進める中で「小さなお葬式」が良いという情報をよく目にする人も多いでしょう。 ただ、「一体どのようなサービスの仕組みなのかわからない」と疑問を持つ方も多いでしょう。 こちらの記事ではそんなお ...

続きを見る

このようなサービスモデルである「小さな火葬式(直葬)」は実際にどのようなサービスなのかをみてみましょう。

「小さな火葬式(直葬)」はどのようなサービス内容?

「小さなお葬式」は「小さな火葬式(直葬)」を含め下記4つの葬儀の形式を展開しております。

葬儀の形式 費用 通夜式 告別式 火葬 参列者
火葬式(直葬) 193,000円 × × 家族・親族のみ
一日葬 343,000円 × 家族・親族のみ
家族葬 493,000円 家族・親族のみ
一般葬 643,000円 知人・友人含む

※2018年02月時点

上記表を見ればわかると思いますが、火葬式(直葬)の特徴としては、通夜式・告別式を行わず、火葬のみの形式になります。

費用が圧倒的に安いと言えます。

そんな火葬式(直葬)は、下記のような方に相性が良いと言えます。

火葬式(直葬)と相性が会う人

  • 宗教的な儀式を重視してない
  • 家族葬・親族のみで故人を見送りたい
  • 安い費用で行いたい

 

こちらでは「小さな火葬式(直葬)」が人気な理由とサービスモデル、そしてサービス内容をご紹介してきました。

では実際に利用した人たちがどのように感じているのか、評判・口コミをみていきましょう。

2.「小さなお葬式」が展開する「小さな火葬式(直葬)」の評判・口コミ

「小さなお葬式」のHPで紹介されている口コミや感想は、良いもの厳選して紹介しているのでこちらの記事では参考にしません。

こちらのサイトでは利用者の素直な意見を把握したいため、元葬儀人のツテを頼りに実際に葬儀を行なった利用者を対象に独自アンケートを実施しており、現在のアンケート対象者は200人以上まで増えております。

下記ではその中で小さなお葬式の代表的な口コミ・評判をご紹介します。

ではまず良い評判・口コミをみていきましょう。

「小さな火葬式(直葬)」の良い口コミ・評判

費用が安く・追加費用がかからない

40代男性

費用も安く、追加料金もかからず、葬儀社の方もしっかりとした対応をしてくれたため、最期の時間を満足しながら過ごすことができました。

50代女性

お葬式のトラブルで、後日に見積もり以外の費用を請求される場合があると聞いており心配でした。

小さなお葬式で申し込んだところ追加費用は一切かからず、20万で葬儀がしっかりできました。

では続いて悪い口コミ・評判をみていきましょう。

「小さな火葬式(直葬)」の悪い口コミ・評判

紹介される葬儀社が全て優良とは限らない

40代女性

紹介いただいた葬儀社があまりよくありませんでした。他の葬儀社ともしっかり比べて選ばなければいけないと反省しました。

60代女性

小さなお葬式の方が葬儀をやるものだと思っておりました。

葬儀をやってくれた葬儀社は淡々と進めてくれましたが、もう少しこちらの要望も聞いていただけなかったのかと思うと、少し残念です。

「小さな火葬式(直葬)」の評判・口コミのまとめ

いかがでしたでしょうか?

良い口コミとしては「安い費用」「明瞭な費用形態」との定額サービスの醍醐味が多く見られました、

また、悪い口コミとして、「紹介される葬儀社が優良とは限らない」ことがわかりました。

しかしこの悪い口コミに関しても対処法もありますのでご安心ください。

具体的にはこの記事の「4.満足のいく火葬式(直葬)をあげる2つのステップ」で紹介しますので参考にしてみてください。


 

このような特徴のある「小さな火葬式(直葬)」ですが、実は同じ仕組みのライバルサービスが2018年02月時点で二つございます。

このようなライバルサービスと比較した場合に「小さな火葬式(直葬)」はどのようなサービスなのでしょうか。

3.「小さな火葬式(直葬)」とライバルサービスの比較

2018年02月時点で、「小さな火葬式(直葬)」と同じ定額仲介サービスを展開している会社は「よりそうのお葬式」と「イオンのお葬式」があげられます。

これら3つのサービス内容を下記3つのポイントで比べてみました。

3つのポイント

  1. 運営する会社情報
  2. サービス内容と費用
  3. 規定外サービスの追加料金

では、まずは会社情報からみてます。

火葬式(直葬)の定額仲介サービスに関する会社情報

定額仲介サービス会社情報
サービス名 小さなお葬式 よりそうのお葬式 イオンのお葬式
運営会社 ユニクエスト・オンライン みんれび イオンライフ
開始年 2006年 2009年 2014年
提携斎場数 約4,000 約4,000 約3,200

知名度のあるイオンが運営している「イオンのお葬式」はサービス歴が浅く、提携している斎場数も少ないので正直オススメはできません。

一番歴史の長いサービスは「小さなお葬式」になりますが、「よりそうのお葬式」と提携している斎場数が同じであるため、正直なところこの2サイトは大きな差はございません。

では肝心のサービス内容をみてみましょう。

火葬式(直葬)の定額仲介サービスに関するサービス内容と費用

定額仲介サービスのサービス内容
サービス名 小さなお葬式 よりそうのお葬式 イオンのお葬式
火葬式(直葬)名 小さな火葬式 直葬プラン 火葬式(無宗教) 火葬式(仏式) 火葬式
費用 198,000円 133,000円 148,000円 173,000円 198,000円
人数 ~10名 ~10名 ~10名 ~10名 ~10名
逝去日 寝台車
ドライアイス
枕飾り一式 ×
ご安置面会 ×
納棺 お棺
仏衣一式
棺用布団
役所・仮葬場手続き
火葬 寝台車
火葬料金
お別れ用花束 × ×
骨壺・骨箱
自宅飾り一式 × ×
白木位牌 × ×
運営スタッフ

詳細をみていきますと「よりそうのお葬式」だけ火葬式(直葬)の中でも「直葬プラン」「火葬式(無宗教)」「火葬式(仏式)」の3つのプランを展開しており、「火葬式(仏式)」が他の2サイト(小さなお葬式&イオンのお葬式)と同じサービス内容です。

上記表をみていただきお分かりだとおもいますが、「よりそうのお葬式」が群を抜いて5万円安いことがわかります。

小さなお葬式 よりそうのお葬式 イオンのお葬式
小さな火葬式 火葬式(仏式) 火葬式
198,000円 173,000円 198,000円

「なら、よりそうのお葬式で決定!」と思う方もいらっしゃいますが、実はもう一つしっかり比較しなければいけない項目があります。

それが規定外のサービスを要望した場合の追加料金になります。

火葬式(直葬)の定額仲介サービスに関する追加料金

当たり前のことですが、規定外のサービスを受ける時、たとえ定額仲介サービスでも追加料金が発生します。

この追加料金に関して3サイトで比較してみました。

定額仲介サービスの追加料金
サービス名 小さなお葬式 よりそうのお葬式 イオンのお葬式
火葬式(直葬) 小さな火葬式 火葬式(仏式プラン) 火葬式
追加料金項目 斎場使用料の超過費 50,000円以上の差額 50,000円以上の差額 50,000円以上の差額
火葬場利用費 指定外の場合60,000円 指定外の場合60,000円 15,000円以上の差額
遺体安置の延長 10,000円/1日 10,800円/1日 10,000円/1日
付き添い安置 50,000円/1日 54,000円/1日 25,000円/1日
50km以上の寝台車 5,400円/10km 5,400円/10km 料金非公開

上記の追加料金の項目の意味がわからない場合は、「小さなお葬式」がわかりやすく説明しておりますので下記をご参考にしてみてください。

+ クリック:追加料金の詳細をみる

家族葬や一般葬の場合、この規定外サービスの追加料金で大きく異なる点がありました。

しかし火葬式(直葬)の場合は3サイト大きな差はなかったので気にしなくてよさそうです。


 

ここまで下記3つのポイントで定額仲介サービスを比較してきました。

3つのポイント

  1. 運営する会社情報
  2. サービス内容と費用
  3. 規定外サービスの追加料金

「それで、結局どのサイトがいいの?」っと気になる方もいらっしゃるでしょう。

下記にまとめますので参考にしてください。

火葬式(直葬)のおすすめ定額仲介サービスは「よりそうのお葬式」

いままでにご紹介した内容を下記にシンプルにまとめます。

運営会社に関しては、提携している斎場数が約4,000以上の「小さなお葬式」と「よりそうのお葬式」が良いと言えます。

しかしながら、全く同じサービス内容で「よりそうのお葬式」は他の2サイトよりも5万円も安く行えます。

規定外のサービスを利用する際の追加料金も、3サイトで大きな差はございませんでした。

よって、こちらの記事では「小さな火葬式」をメインにご紹介しておりますが、実際の筆者のオススメは「よりそうのお葬式」になります。

是非参考にしてみてください。

(2018年02月時点の情報ですが、ウェブ上で資料請求を行うとさらに5,000円割引なので、電話で問い合わせしないようにしましょう。)

よりそうのお葬式

では最後にこのような定額仲介サービスを活用した上で、満足のいく火葬式(直葬)をあげる2つのステップをご紹介します。

たった5分で実施できるので必ず参考にしてください。

4.満足のいく火葬式(直葬)をあげる2つのステップ

冒頭でもお伝えしましたが、葬儀ではトラブルが多く発生し、国民生活センターが注意を促している注意するべき業界でもあります。

では満足のいく葬儀を行うためにはどうすればよいのでしょうか。

下記2つのステップを行うだけで、優良な葬儀社を選べ、満足のいく葬儀をあげられる確率がグッと上がります。

2つのステップで5分もかからず、もちろん無料でできますので試してみてください。

2つのステップ

  1. 費用面で信頼できる葬儀社を探す
  2. 優良な葬儀社の候補を増やす

ではそれぞれの詳細をみていきましょう。

ステップ1:費用面で信頼できる葬儀社を探す

冒頭でもお伝えしましたが、葬儀のトラブルのほとんどが、「費用が高い」「追加費用がかかる」などの費用面に関することです。

そんな葬儀業界において、費用が安く、追加料金がかからない葬儀社を探すには「小さな火葬式(直葬)」のような定額仲介サービスがおすすめでき、逆に言うと定額サービスしか選択肢はありません。

こちらの記事では、そんな定額仲介サービスの代表格である「小さな火葬式(直葬)」を紹介してきましたが、正直に申し上げますと元葬儀人としては「よりそうのお葬式」をオススメします。

紹介される葬儀社や葬儀の内容は基本一緒ですが、小さなお葬式と比べて費用が5万円も安くなります。

(2018年02月時点の情報ですが、ウェブ上で資料請求を行うとさらに5,000円割引なので、電話で問い合わせしないようにしましょう。)

よりそうのお葬式

では続いてステップ2の「優良な葬儀社の候補を増やす」方法をみてきましょう。

ステップ2:葬儀社の候補を増やす

明瞭な費用で安い葬儀社を定額仲介サービスで探すだけでも、後悔ない葬儀をあげれる可能性はグッと上がります。

ただ定額仲介サービスの欠点もありまして、全ての葬儀社・斎場が対象ではございません。

理由としては、仲介サービスと定額で契約するのを嫌がる葬儀社がいるからです。

実際にどれくらいかみてみますと、「よりそうのお葬式」の提携斎場数が約4,000に対して、全国の斎場数が約8,000になります。

経済産業省

約半分の斎場と提携していること自体すごいことですが、シビアに物事を見ると半分の葬儀社を見逃していることになってしまいます。

対処法としては、「定額仲介サービスでは候補にならない葬儀社を増やす」ことに限ります。

ではどのように葬儀社の候補を増やせば良いのでしょうか?

対処法はいたってシンプルで、下記の特徴がある見積もりサービスの葬儀レビを利用すれば間違いありません。

葬儀レビの特徴

  • 厳選された優良な葬儀社のみ紹介される
  • 定額仲介サービスでは紹介されない葬儀社も紹介される
  • 無料で簡単に利用できる

葬儀レビ

厳選された、かつ定額サービスでは紹介されない葬儀社を、無料で紹介してくれるサービスです。

利用方法も下記の項目を記載し、あとは連絡を待つだけです。1分もかかりません。

葬儀レビ

こちらでは後悔のない火葬式(直葬)をあげるための下記2つのステップをお伝えしてきました。

2つのステップ

  1. 費用面で信頼できる葬儀社を探すために、定額サービス(よりそうのお葬式)の利用
  2. 葬儀社の候補を増やすために、見積もりサービス(葬儀レビ)の利用

2つのステップで時間は5分もかからないので、是非とも試してみてください。

5.まとめ

いかがでしたでしょうか?

こちらの記事では「小さなお葬式」の火葬式(直葬)の概要や口コミ・評判から、後悔のない葬儀を行うためのコツをご紹介してきました。

あなたがこちらの記事を参考にして頂き、後悔のない葬儀をあげられますと幸いです。

おすすめ記事

1

既にサービスを利用すると決めておられる方は「葬儀一括見積りサイトの徹底分析とランキング3選」をご覧ください。 インターネットの普及によって葬儀社の選びかたが変わり「葬儀一括見積り」がオススメという情報 ...

2

目次約80%の人が葬儀社の比較をしないで後悔をしている葬儀一括見積もりサイトは手間をかけずに厳選された葬儀社を全国から見つけられる胸を張ってオススメする葬儀一括見積もりサイト3選たった10分であなたの ...

3

上記のような理由だけで、日本に7,000以上ある葬儀社の中から家族葬を選んでしまうのは大きな間違いです。 家族葬は他の葬儀と比較し、費用面でとても透明性があり納得できる比較検討ができるのが特徴です。 ...

4

「小さなお葬式」とは葬儀業界の不透明な費用に大胆にもメスを入れた、葬儀の追加費用が一切かからない定額サービスになります。 年間約24,000件の葬儀業界トップクラスの実績からわかるようにたくさんの方に ...

-小さなお葬式, 直葬

Copyright© お葬式のいろは , 2018 All Rights Reserved.