葬儀社

「葬儀レビ」っていいの?元葬儀人が利用者の口コミや評判を分析・大公開!

投稿日:2017年4月27日 更新日:

【この記事は約4分で読めます】

※こちらの記事では「葬儀レビ」の主要なサービスである、葬儀一括見積りサービスに関して書いております。

葬儀レビとは葬儀業界の大手企業、株式会社みんれびが提供している葬儀一括見積りサービスです。

ソフトバンクの孫さんの右腕と言われた、嶋聡氏が社外取締役として就任されたことでも有名です。

そんな葬儀レビですが下記のようなお悩みをお持ちの方も多いと思います。

あなたが抱えているであろう悩み

  • 「葬儀レビ」は良いサービスなの?信頼できる?
  • 「葬儀レビ」を実際に利用した人の口コミや評判をみたい
  • 葬儀の準備がわからなく、どのように進めていいかわからない

私もお恥ずかしながら元葬儀人として葬儀一括見積りサービスを利用したことがありませんでした。

こちらの記事では実際に私が葬儀レビのサービスを利用して感じたことを第三者という立場を利用して発信していきます。

 

まず、本題に入る前に葬儀一括見積りサービスの重要性を説明します。

葬儀の準備において一番大切なのは「葬儀社選び」になります。

全国には7,000以上の葬儀社が存在していると言われ、葬儀社ごとに特徴が大きく異なります。

中には悪質なものも含まれおり、「質素な葬儀を希望したのに高額な料金を請求された」等の相談が年間700件以上も国民生活センターに寄せられております。

国民生活センター_相談件数

参照:国民生活センター

そんな大切な葬儀社えらび。

後悔のしない葬儀社えらびのためには、複数の葬儀社を比較検討し、ご自身の目で最適な葬儀社を選ぶしか方法はありません。

葬儀一括見積りサービスは1分の記入時間で、複数の葬儀社の見積りをあなたの元にお届けしてくれます。

しかもしつこい営業は来ないので手軽に利用可能なおすすめできるサービスです。

 

ではそんなおすすめできる葬儀一括見積りサービスですが、葬儀レビはどのようなサービスでしょう。

結論から申し上げますと、葬儀レビは一括見積りサービスの中でも胸をはっておすすめできるサービスです。

ただ注意すべき点もあり、何も知らないで利用すると後悔する可能性があります。

こちらの記事では元葬儀人が実際に利用してわかった葬儀レビの良いところ悪いところも含め、とことん調査した内容を下記の順でお伝えします。

記事の流れ

  1. 会社情報、サービスからみる「葬儀レビ」の特徴
  2. 実際に利用した人の口コミからみる「葬儀レビ」の評判
  3. 「葬儀レビ」のメリット・デメリット
  4. 「葬儀レビ」を利用する際のコツ

こちらの記事を最後まで読むことによって、葬儀レビの正体と利用する際のコツを把握でき、最終的には満足のいく葬儀社選びができる事をお約束します。

※「葬儀レビ」利用すると決めている方は第4章「葬儀レビを利用する際のコツ」をご覧ください。

1.「葬儀レビ」の概要

葬儀レビの特徴

評判や口コミを紹介する前に、葬儀レビがどのようなサイトなのか簡単に説明していきます。

1-1.「葬儀レビ」は複数の葬儀社の見積りを一括で出してくれるサービス

葬儀レビはあなたの要望にあった全国の葬儀社の見積りを一括で出してくれます。

下記の項目を記入するだけなので、実際にかかる時間は1分程度になります。

質問項目 回答例
葬儀を行う場所 東京都中央区日本橋
いつごろ葬儀を行いたいか 10日以内に準備したい
ご質問・ご希望 20人規模の家族葬を行いたい
名前  田中太郎
メールアドレス tanaka.taro@gmail.com
電話番号  090-***-***

そうすると下記のような見積もりを幾つかもらえます。私の場合は5つもらう事ができました。

葬儀レビ見積り

参照:葬儀レビ

尚、見積りを複数もらうことによってあなたにあった葬儀社が見つかる可能性が高まります。

費用が全てではもちろんありませんが、

  • 葬儀の場所:兵庫県神戸市周辺
  • 葬儀の形式:家族葬(一日で行う)
  • 葬儀の人数:20人

上記内訳で見積りや費用を確認したところ、葬儀社によって下記のように差が出ました。

葬儀社 費用 参照
見積りその1 28万円 葬儀レビの一括見積り
見積りその2 38万円 葬儀レビの一括見積り
見積りその3 42万円 葬儀レビの一括見積り
典礼会館(通夜も含む) 68万円 典礼会館のHP
シンプルなお葬式 29万円 シンプルなお葬式のHP
アーバンフューネス 74万円 アーバンフューンスのHP

もちろん安ければ良いという単純な話ではありませんが、上記ほど費用の差が出てしまうのも現実ですので、多くの葬儀社を比較検討する事が重要なのかがわかります。

また気に入らないものがあればわざわざ連絡を入れる必要もないので、まずは葬儀の相場を把握したいと考えているかたもよく利用しているようです。

参照:葬儀レビ

では、葬儀レビは他の葬儀一括見積りと比べどのような特徴をもっているのでしょうか?

1-2.葬儀一括見積りサイトの比較

※その他のサイトと比べ良い点は青字で、劣っている点を赤字で記載しております。

サービス名 運営会社 サービス開始 料金 葬儀社数 実績 入力時間 対応時間 対応形式 プラン  特徴
葬儀レビ 株式会社みんれび  2009年1月 無料 500社以上  年間4,800  30秒 24時間365日 メール・コールセンター 葬儀社毎に異なる  運営会社、葬儀社数、実績、サポート等全てにおいて優良サイト
いい葬儀 株式会社鎌倉新書 1999年10月 無料 500社以上 累計24万件 30秒 24時間365日 メール・コールセンター 葬儀社毎に異なる 運営会社、葬儀社数、実績、サポート等全てにおいて優良サイト
価格.com 葬儀 株式会社カカクコム 2004年10月 無料 非公開 非公開 3分 24時間365日 メール・コールセンター 葬儀社毎に異なる 運営会社とサポートは優良だが、葬儀社数と実績の信憑性にかける
葬儀社比較ネット  株式会社ニジモ 2009年10月 無料 17社 非公開 1分 非公開 非公開 葬儀社毎に異なる 運営会社も含め全体的に情報が乏しく信憑性にかける
サガソーギ そうぎの窓口株式会社 2015年5月 無料 1,500社以上 非公開 1分 平日:9時ー18時 メール・コールセンター 葬儀社毎に異なる サービス歴が浅く、提携会社数の信憑性も低い

※2017年8月時点

ここまで葬儀レビ文字の特徴を紹介してきました。

一括見積りサービスを利用することによって、費用面はもちろんのこと最適な葬儀社が見つかる可能性は上がりそうです。

また葬儀レビは葬儀一括見積りサイトの中で、

運営会社、提携葬儀社数、実績、サポート等、すべての面で優良といえます。

ただ、サービス開始が2009年で比較的新しいサービスなのが懸念点と言えます。

では次に葬儀レビを利用したリアルな口コミや評判をみていきましょう。

2.「葬儀レビ」の評判・口コミ

葬儀レビの口コミ・評判

※「葬儀レビ」のHPで紹介されている口コミや感想は、良いもの厳選して紹介しているので参考にしすぎないようにしましょう。

利用者の素直な意見を把握したいため、こちらの記事で参考とするのは、利用者が直接感想を記入できる口コミサイトとします。

その中でも口コミ数が多く、運営会社がしっかりしている口コミュニティサイトを参考にします。

2-1.葬儀レビの口コミ

気軽に葬儀の見積りを出せる・葬儀の準備を進められえる

葬式を出すにあたって葬儀レビを利用して最適な葬儀社を探すことにしました。

葬儀レビでは幸いなことに素晴らしい葬儀社さんを紹介してもらうことができました。

口コミを見ていると良くない業者にあたったという人も少なからずいるようですが、やはりこれだけ多くの葬儀社が登録されている葬儀レビですのである程度はそんな良くない業者が混じっている可能性はあるかもしれません。

葬式というものは結婚式もそうだと思うのですが、一生のうちに何度も出すものではないんですね。

また、複数葬式を出すにしても全く同じ業者をまた利用するということはおそらくないと思います。そのため、葬式についての知識というものもなかなか蓄積できないというのが現状ではないでしょうか。

葬儀レビは用語集や費用の相場についての項目もあり、啓蒙活動も盛んなので、今すぐ葬式を出す予定がないという人も一度覗いておいて損はないと思います。

紹介された葬儀社が悪かった

他の人も書かれていますが、葬儀レビに登録されている葬儀社についてはピンキリです。

ほとんどの人もそうだとは思うのですが、葬式でなぜここまでの費用が必要なのか、何のお金なのか、相場について詳しく知っているという人はいないと思うんですね。

私もよくわからないままとにかく近場の葬儀社さんを葬儀レビで見つけたので相談したのですが、本当によくわからないまま葬式が始まり、よくわからないまま費用を支払って・・・という状態でした。

実はこの「よくわからない」というのが一番葬式では危険なのではないか、と思った次第です。

葬儀レビに登録されている業者さんがすべてそうではないと思いますが、中にはコチラ側の無知さにつけこんで大金を請求するようなところもあるかもしれません。

なので、こうした事態を防ぐという意味でもまずは葬式に対して正しい知識を身につけることが大切なんだろうと思います。

全国すべての葬儀社が見積り対象ではない

葬儀レビの良いところは、他の人も書いている通り複数の業者の情報が一括して手に入るという点。

こういうところって「相見積もり」ってなかなか言いづらいものだけど、葬儀レビなら金額の相場などもすぐに調べることができるので、価格が適正かそうでないかという点も短い時間で判断ができる。

さらに、斎場についての情報も調べることができるので、とにかく細かい情報が必要な場合には役立つサイトと思う。

難点としては、必ずしも自分の住んでいる地域の必要な情報が手に入るとは限らない、という点。

こればかりは総合情報サイトの宿命といえる部分かもしれないけれど。

手軽に短時間で利用できた

葬儀を出す先をインターネットで探すことについてはいささか抵抗もありましたが、実際にさがしてみるとかなり手軽に見つけることができ助かりました。

葬儀というのは、何日もかけてやるものではないかわりに、どこにお願いするのかを見つける時間というのもかなり限られています。

その点、地域や自身のニーズから葬儀社を探すことができる葬儀レビは、短時間で葬儀を出したいところを探すという点で考えるとかなり最適なサイトと思います。

検索もしやすく、検索で見つけることができる葬儀社さんの情報についても優秀なところが多いので、基本的にどこにお願いしてもある一定のクオリティは保証されていると思います。

また、料金的な面についても最初にこちらで予算を決めておくことができますので、追加料金がかからないという点ではとても助かりますね。

もう少し見やすいサイト構成であればさらに良かったと思いますが、この点以外は特に気になることがないほど優秀なサイトではないでしょうか。

ここまで口コミ・評判を紹介してきました。

評判の傾向としては下記のようにまとめることができます。

「葬儀レビ」は効率よく複数の葬儀社の見積もりを出せるものの、

すべての葬儀社が優良とは限らないことがわかります。

 

ここまで葬儀レビの概要と口コミをみてきました。

その二つの観点より葬儀レビのメリット・デメリットを下記にまとめています。

3.「葬儀レビ」のメリット(特徴)・デメリット(注意点)

葬儀レビのメリット・デメリット

ではまず葬儀レビのデメリットをみていきましょう

葬儀レビ2つのデメリット

  1. 紹介される葬儀社が全国全てが対象とは限らない
  2. 紹介される葬儀社が優良であるとは限らない

ではそれぞれを説明していきます。

デメリット1:紹介される葬儀社が全国全てが対象とは限らない

葬儀レビ」は独自のプランをもって、独自の営業方法で葬儀社と提携します。

もちろん、日本の全ての葬儀社と提携はできません。

対処法としましては、あなたにとって最適な葬儀社をみつける可能性をあげるため、葬儀のポータルサイトとの併用をおすすめします。

※具体的な対象法は第4章「葬儀レビを利用する際のコツ」で説明します。

デメリット2:紹介される葬儀社が全て優良とは限らない

「葬儀レビ」はあなたと葬儀社をつなぐ仲介サービスで、斎場ももっているわけでもなく、葬儀社でもありません。

葬儀社を厳選している信頼できるサイトだとしても、全ての葬儀社の質を担保はできません。

対処法としては、優良なものかを自分で判断することになります。

下の記事で優良な葬儀社の見分け方を紹介しておりますので是非参考にしてください。

業界人が教える家族葬における葬儀社の後悔させない選び方

上記のような理由だけで、日本に7,000以上ある葬儀社の中から家族葬を選んでしまうのは大きな間違いです。 家族葬は他の葬儀と比較し、費用面でとても透明性があり納得できる比較検討ができるのが特徴です。 ...

続きを見る

尚、例え理想な葬儀社が候補としてなくても自らお断りの連絡を入れる必要は一切ないのでご安心ください。

参照:葬儀レビ

では続いてはメリットを見ていきます。

葬儀レビ3つのメリット

  1. 複数の葬儀社の候補を効率よくもらえれる
  2. より良い、お得な葬儀社を見つけられる
  3. 厳選された質の良い葬儀社が多い

ではそれぞれをみていきましょう。

メリット1:複数の葬儀社の候補を効率よくもらえる

葬儀の準備を効率よくおこなくことは大変重要になります。

公正取引委員会によると、葬儀の準備において時間的余裕がなく、葬儀社の比較ができないで80%以上の人が後悔しています。

たった1分、自分の要望を記入することで、複数の葬儀社の見積りがあげれることは、時間のない葬儀の準備においておおきなメリットと言えます。

ではどれくらい効率よく候補をあげられるのでしょうか?

下記に一括見積りサイトを利用する場合としない場合での、複数社から見積もりをもらえる流れをみていきましょう。

手順 一括見積りサイトを使用しない 一括見積りサイトを使用する
1 自身の要望に合う葬儀社Aを探す 自身の要望をサイト上に記入
2 葬儀社Aの見積りに必要な情報収集 (サイト運営社と要望確認する場合もある)
3 見積もりの依頼
4 自身の要望に合う葬儀社Bを探す
5 葬儀社Bの見積りに必要な情報を収集
6 見積りの依頼

また、下記のように整理できます。

一括見積もりサイトを使用しない 一括見積りサイトを使用する
手順の数 6 2
見積もり数 2社 平均5社
かかる時間 4-5時間 1分

時間の内葬儀の準備において効率よく葬儀社の候補を増やせるのは大きなメリットと言えます。

メリット2:より良い、お得な葬儀社を見つけられる

葬儀社選びのコツはなるべく多くの葬儀社を比較することです。

そんな中複数の葬儀社の見積りを出してくれる「葬儀レビ」は最適なサービスです。

冒頭で説明した通りに、例え同じ要望で探していても、葬儀社の費用や内容は大きく異なります

一括見積りサービスを使おうが使わまいが必ず複数の葬儀社の比較は行うようにしてください。

メリット3:厳選された質の良い葬儀社が多い

慣れない葬儀の準備の中で、数多くの葬儀社の中から、あなたの要望にあった優良な葬儀社を見つけるのは難しいです。

そんな葬儀社選びですが、「葬儀レビ」経由で紹介される葬儀社は質のよいものが多いといえます。

もちろん中には優良でないものも含まれてる可能性があるので気をつけください、

サイトを運営している会社は葬儀業界で名の知れている大手企業です。

その会社の信頼を守るため、あなたに紹介する葬儀社の選定を下記のように厳しくおこなっております。

参照:葬儀レビ

参照:葬儀レビ

 

ここまで葬儀レビのメリット・デメリットを紹介してきました。

時間や精神的に余裕のない葬儀の準備において、効率よく優良な葬儀社の候補をだせるだけでなく、

葬儀の相場を把握する目的でも気軽に使えるメリットがあります。

ただ全ての葬儀社が対象でないこと、登録されている全ての葬儀社が優良でないことに注意が必要です。

では最後に、上記のデメリットを加味した上で、葬儀レビを利用する際のコツを紹介します。

4.「葬儀レビ」を利用する際のコツ

葬儀レビ利用時のコツ

こちらでは葬儀レビの特徴やデメリット、注意点を加味して、元葬儀人の私が考えた実際に利用する際のコツを紹介します。

下記の3つの流れに沿って行なえば納得できる葬儀社えらびができますのでご参考ください。

「葬儀レビ」3つの流れ

  1. 葬儀一括見積りを利用し検討する葬儀社を増やす
  2. 見積りの内容を他のサービスと比較
  3. 検討している葬儀社が優良かの確認

ではそれぞれを見ていきましょう。

流れ1:葬儀一括見積りを利用

自身で探して見積りを依頼するのもありですが、大変時間がかかってしまいます。

一括見積もりサイトを使用しない 一括見積りサイトを使用する
手順の数 6 2
見積もり数 2社 平均5社
かかる時間 4-5時間 1分

ここは楽をして「葬儀レビ」の一括見積りを利用するようにしましょう。

流れ2:見積もり内容を他のサービスでも確認

葬儀レビ」のデメリットの一つとして、全国の葬儀社を把握していない場合がございます。

仮に見積もりの中で良い葬儀社があった場合でも、葬儀のポータルサイトを利用して他に良い葬儀社がないかの確認をおすすめします。

実績や提携葬儀社数の観点より「シンプルなお葬式」や「小さなお葬式」等のポータルサイトから探せば問題はないでしょう。

※尚、2017年8月時点で定額サービスの中でも一番安い費用を提供しているのは「シンプルなお葬式」になります。

流れ3:検討している葬儀社が優良かの確認

葬儀レビ」のデメリットのもう一つとして、提携している葬儀社全てが優良なものとは限りません。

こちらは「葬儀レビ」以外の全てのサービスにも同じことが言えますが、どうしようもできません。

対象方法としては、下の記事で優良な葬儀社の見分け方を紹介しておりますので自分の目でしっかりと確認をすることです。

業界人が教える家族葬における葬儀社の後悔させない選び方

上記のような理由だけで、日本に7,000以上ある葬儀社の中から家族葬を選んでしまうのは大きな間違いです。 家族葬は他の葬儀と比較し、費用面でとても透明性があり納得できる比較検討ができるのが特徴です。 ...

続きを見る

5.まとめ

いかがでしたか?元葬儀人が「葬儀レビ」を実際に利用し、とことん調べた内容を紹介させていただきました。

筆者としては、多少のデメリットがあるとはいえ、それ以上のメリットがあるため基本的に利用はオススメしております。

ただ利用方法に関しては後悔のないようにデメリットを把握した上で利用してみてください。

こちらの記事を通じてあなたが後悔のない葬儀社選びができれば幸いです。

おすすめ記事

1

既に葬儀一括見積りサイトを利用すると決めておられる方は、「葬儀一括見積りサイトの徹底分析とランキング3選」をご覧ください 最近ではインターネットの普及によって葬儀社の選びかたが変わり、「葬儀一括見積り ...

2

目次約80%の人が葬儀社の比較をしないで後悔をしている葬儀一括見積もりサイトは手間をかけずに厳選された葬儀社を全国から見つけられる胸を張ってオススメする葬儀一括見積もりサイト3選たった10分であなたの ...

3

上記のような理由だけで、日本に7,000以上ある葬儀社の中から家族葬を選んでしまうのは大きな間違いです。 家族葬は他の葬儀と比較し、費用面でとても透明性があり納得できる比較検討ができるのが特徴です。 ...

4

とは株式会社ユニクエスト・オンライン(大阪府・西区)が提供するサービス名で、葬儀業界の不透明な費用に大胆にもメスを入れた、葬儀の追加費用が一切かからない定額サービスになります。 年間約24,000件の ...

-葬儀社

Copyright© お葬式のいろは , 2017 All Rights Reserved.