直葬

一日葬の香典ってどう?常識とお渡しする場合の相場

投稿日:

通夜か告別式の一方しか行わない一日葬が、都市部を中心に注目を浴びております。

そんな一日葬を考慮する際に、下記のようにお香典でお悩みの方も多いのではないでしょうか。

こちらの記事では一日葬における香典の考え方を隅から隅までお伝えします。

最終的には、一日葬での香典の考え方がわかり、渡す場合と渡さない場合の判断の仕方と、渡す場合の相場を把握することができます。是非最後までご覧くださいませ。

1. 一日葬は香典を受け付ける場合と受け付けない場合がある

この章では、一日葬と香典の関係について解説します。

一日葬と聞くと、

簡単な葬儀というイメージだから、香典はなしでもいいのかな?

と思う人もいるでしょう。

しかし、一日葬は、お通夜とお葬式という2回ある儀式を1回におさえた葬儀です。

一般的な葬儀とまではいかないまでも、けっこうな出費となります。

よって、香典を受け付ける場合と、受け付けない場合があります。順に説明しましょう。

香典を受け付ける場合

一日葬に限らず、どのような葬儀であっても、喪主が「受け付けない」という意向を示さなければ、香典は持参すべきです。

喪主の特別な意向がなければ、香典を持参しましょう。

香典を受け付けない場合

一日葬のお知らせに「香典の儀は辞退します」とあれば、香典を受け付けていないということになります。

なお、「香典・供物の儀は辞退します」という記述があった場合は、香典だけではなく、お花や盛籠なども贈ってはならないという意味です。

以上、一日葬の香典の有無について解説しました。

一日葬だからといって、香典が必要ないということではないため、気をつけましょう。

次に、一日葬の香典金額の相場についてご案内します。

2. 一日葬の香典金額の相場

この章では、一日葬の香典金額の相場を解説します。

一般参列者と、親族の香典金額の相場は、けっこう違います。

順を追って説明しましょう。

一日葬における一般参列者の香典金額の相場

一日葬における一般参列者の香典金額の相場は、5000円ほどです。

これは、一般的な葬儀に参列するときの金額相場と同じです。

一日葬における親族の香典金額の相場

一日葬における親族の香典金額の相場は、続柄により違ってきます。

次の表を参照してください。

故人との関係 香典金額相場
両親・義両親 5万円~10万円
祖父母 1万円~3万円
兄弟姉妹、義理の兄弟姉妹 5万円
おじやおば 1万円
その他親戚 1万円

両親や祖父母といったごく身近な親族が亡くなった場合、香典で完結させず、花や盛籠も贈るケースが多いでしょう。

どんな花を贈るか、もしくは花ではなくそのぶん香典を厚くした方がいいのかは、贈る方の気持ちというよりも、身内である喪主と相談するべき話題です。

以上、一日葬における香典相場について解説しました。

3.まとめ

いかがでしたでしょうか。

こちらの記事では、一日葬と香典に関してご紹介しました。

一日葬と言っても、一般的な葬儀まではいかなくとも大きな出費になります。

一日葬だからといって特別だと思わず、事態の連絡がない限り香典の用意することをオススメします。

相場は故人との間柄によって大きく異なりますので、しっかり確認しましょう。

おすすめ記事

1

既にサービスを利用すると決めておられる方は「葬儀一括見積りサイトの徹底分析とランキング3選」をご覧ください。 インターネットの普及によって葬儀社の選びかたが変わり「葬儀一括見積り」がオススメという情報 ...

2

目次約80%の人が葬儀社の比較をしないで後悔をしている葬儀一括見積もりサイトは手間をかけずに厳選された葬儀社を全国から見つけられる胸を張ってオススメする葬儀一括見積もりサイト3選たった10分であなたの ...

3

上記のような理由だけで、日本に7,000以上ある葬儀社の中から家族葬を選んでしまうのは大きな間違いです。 家族葬は他の葬儀と比較し、費用面でとても透明性があり納得できる比較検討ができるのが特徴です。 ...

4

「小さなお葬式」とは葬儀業界の不透明な費用に大胆にもメスを入れた、葬儀の追加費用が一切かからない定額サービスになります。 年間約24,000件の葬儀業界トップクラスの実績からわかるようにたくさんの方に ...

-直葬

Copyright© お葬式のいろは , 2018 All Rights Reserved.