お墓

安くて人気な中国産の墓石!8割の人が選んでいる理由と気をつけるべき注意点

投稿日:2017年7月12日 更新日:

【この記事は約3分で読めます】

じつは日本に流通している墓石の約8割が中国産になります。

安いだけが特徴だった中国産墓石が昨今では品質の改良が進んでいることが多くの人から選ばれる要因になります。

ただ、そんな中国産の墓石を考える際に下記のようなお悩みをお持ちではないでしょうか。

あなたがお持ちであろうお悩み

  • 墓石には中国産以外にどのような産地がある?
  • 中国産って大丈夫?安いけど品質が心配。
  • 中国産の中にもどのような墓石があるの?一覧を見たい。
  • どのように石材店を選んで良いかわからない。

本記事では中国産墓石の特徴とその一覧、そして中国産墓石をえらぶ際の注意点を説明し、

あなたが中国産墓石をふかく理解した上で購入すればよいかどうか、購入する場合のきをつけるべき注意点がわかります。

1.墓石の代表的な産地

まずはじめに中国産以外の産地を知りたい方も多いとおもいますので、その他の代表的な産地を紹介します。

中国産墓石にかかわる内容ではありませんので、読み飛ばしていただいても問題ありません。「2.中国産墓石の3つの特徴」へ。

日本の墓石は9の産地で採掘されており、うち中国、日本、インドが代表的な産地

日本で取り扱っている墓石は下記の産地で採掘されております。

墓石が採掘される9の産地

  1. 日本
  2. 中国
  3. インド
  4. スエーデン
  5. 南アフリカ
  6. ノルウェー
  7. 韓国
  8. ポルトガル
  9. ブラジル

そのうちの日本、中国、インドの3つの産地の墓石で95%以上の割合を占めております。

本記事では中国産の詳細を解説しますが、その前に簡単に日本産とインド産の特徴も下記にご紹介します。

高級な墓石として安定した需要のある国産の墓石

高級な国産の墓石は品質や見た目より安定した需要があります。

約100ほど種類があり一概に言えませんが、その他の産地と比べて費用が高く高級感があります。

ただ安価な中国産にシェアを取られ銘柄の採石量の減少に直面しております。

「自分の育った国の石で眠りたい」

「多少費用はかかってもいいからしっかりしたお墓を作りたい」

上記のような要望がある人にはおすすめです。

丈夫で種類も豊富なインド産墓石

中国産、国産に次いで3番目に流通しているインド産墓石ですが、昨今の輸入量は減少傾向になっております。

そんなインド産の墓石は硬く色艶がよいのが特徴になります。また種類も豊富です。

価格帯で言うと中国産より高く、国産よりも安い傾向があります。

ただ価格帯が大変広いのも特徴の一つで、最高級なものは国産の高級な墓石よりも高くなりますし、最安値なものは中国産と同じくらいの価格になります。

中国産では安すぎるけど、国産まで高級な墓石を選ばなくても良いと思う方に選ばれている傾向があります。

では本題の中国産の墓石に関して詳細を説明させていただきます。

2.中国産墓石の3つの特徴

日本で流通している墓石の役8割が中国産ですがどのような特徴を持っているのか見ていきましょう。

価格の割に高級感がある中国産の墓石

中国産の一番の特徴として挙げられるのが費用の安さになります。

また安かろう悪かろうではなく、品質面でも大きな改良が進み昨今では高級感も感じられるようになっています。

加工技術や産地が増え種類も豊富に

中国の墓石を作る技術は進歩しており、日本で売られているインド産墓石も加工作業は実は中国で行われている場合も多いです。

また加工技術の進歩に伴い、主な産地が福建省だったのが現在では河北省や湖北省、雲南省、広東省等の墓石の産地が増えております。

したがって昨今では中国産墓石の種類は大変豊富になってきております。

安価な墓石を高額で売る悪徳業者に注意

最近では国産墓石や高級インド産墓石に似た中国産墓石がよく流通しております。

中には悪徳業者も混じっており、安価な中国産墓石を高額で販売している話も聞きます。

模様がどれも似ている墓石に関しては、素人がみても国産か中国産かを区別できないため騙されてしまうケースが実際にあります。

そんな墓石ですがトラブルが多い葬儀業界の約2倍の相談が国民生活センターに寄せられております。

参照:国民生活センター

ではどのように墓石を選んだらトラブルに巻き込まれず納得のいく墓石を選べるのでしょうか。

対処法はシンプルで、優良な石材店を複数見つけ、比較することです。

逆を言うと2017年8月時点では、残念ながらこれしか方法はございません。

詳細はこちらの記事の「4.後悔のない墓石選びの方法」でご紹介しておりますので是非ご覧ください。

 

ここまで中国産墓石の特徴をご紹介してきました。

ではそのような中国産墓石ですが、具体的にどのような墓石があるのか、一覧を見ていきましょう。

3.中国産墓石一覧

墓石名 特徴 吸収率 金額感
河北山崎 国産の山崎に似ている。主にグレーの色で安価なため人気の高い石材。 一般的 一般的
K12 青みがかった白御影石で、知名度は低いがここ数年人気のある墓石。 良い 一般的
1704 中国産の白御影系としては高級な墓石。青みが強く艶があるのが特徴。 良い 一般的
マホガ二 赤色が特徴的で洋型墓石やデザイン墓石に向いている。人気があるが流通量が不安定。 良い 一般的
山西黒 高級感がある中安価なため人気。硬度が高く、吸水性の低い黒御影石 良い 一般的
623 日本で一番利用されている中国産墓石。白色に黒、グレー、ピンクが混ざっている。 一般的 安価
614 和型墓石として良く利用される。白と青色の二種類あり石質は柔らかい。 良くない 安価
632 白御影石の中で目が最も目が細かく糠目と呼ばれている墓石。日本で多く流通している。 一般的 安価
663 中国ピンク、中国桜御影と呼ばれ、ピンク色の墓石である。女性に人気。 良くない 安価
654 産地によって「長楽」「長泰」「角美」「平和」の種類がある。採石量はそれほど多くはないが、近年人気のある石材。 一般的 安価
AG98 青と赤色の二色に別れ、国産の「大島石」と似ており人気がある。 良い 安価
562 オレンジ色で式目の大きく墓石。中国の広西省でとれ広西紅と呼ばれている。 良い 安価
670 グリーン系墓石の中では安価で人気も高い。吸収率も低く長持ちする。 良い 安価
688 典型的な白色の中国墓石。白黒のバランスが墓石材らしい中目の石材。 一般的 安価

ここまで中国産墓石の特徴と有名な中国産墓石の一覧をご紹介してきました。

では最後に、いざあなたが墓石を選ぶ際に気をつけるべき注意点をご紹介します。

4.後悔のない墓石選びの方法

冒頭でもお伝えした通り中国産を取り扱う石材店選びには十分に注意が必要です。

特に下記2つには注意してください。

墓石選びで注意する2つのポイント

  1. 安価な墓石を高額の石として販売する、悪徳石材店の存在
  2. 墓石には相場がなく、全て石材店の言い値で決まる

先ほどお伝えした通り安い中国産の墓石を高級な中国産、ましてや国産として販売する悪徳な業者が存在します。

また驚きの方も多いかと思いますが墓石には実は一般的な相場はありません。

全て石材店の言い値で決まり、安価で人気な中国産墓石でも数十万以上費用が異なる場合があります。

上記のように問題がある墓石選びですが、後悔しないための墓石選びをするためには何が必要なのでしょうか。

後悔のない墓石選びのための2つのポイント

答えはシンプルで、下記2つのポイントを意識することです。

墓石選びの2つのポイント

  1. 悪徳業者に騙されないために、優良な石材店を複数見つける
  2. 石材店の言い値で損をしないために、①で見つけた複数の石材店を比較する

意外?と思う方もいますが、逆に言うとこれしか方法はございません。

ではどのようにすれば、優良な石材店を複数見つけて比較ができるのでしょうか。

墓石の一括見積りがオススメ

葬儀業界はウェブ化が全然進んでおらず、どのお店のどの商品がどれくらい売れてどれくらいの評価なのかがわかる、アマゾンや価格.comのようなサービスはありません。

また全国にある石材店がホームページを運用できる訳でもなく、ウェブ化が進んでない地方に行けば比較しにくいのが現実です。

かといって自分の足で石材店を調べ、見積もりをとり、比較するのは現実的ではありません。そもそも優良な石材店であるという保証もございません。

ではどのように優良な石材店を見つけ、かつ複数の比較を行えば良いのでしょうか。

考えられる手段としては墓石一の括見積りサービスになります。

逆に言うと2017年8月時点で考えられる対策はこれしかございません。

簡単に墓石の一括見積りサービスの特徴を下記3つの特徴に分けてご紹介します。

墓石一括見積もりの3つの特徴

  1. 優良石材店を複数比較できる
  2. 安く墓石が購入できる
  3. 気軽に利用できる

特徴1:優良石材店を複数比較できる

先ほどでお伝えしました、墓石選ぶで後悔しないための下記のポイントですが、

墓石選びの2つのポイント

  1. 悪徳業者に騙されないために、優良な石材店を複数見つける
  2. 石材店の言い値で損をしないために、①で見つけた複数の石材店を比較する

墓石の一括見積りサービスの特徴でカバーできます。

まず(全てのサービスではありませんが)厳しい審査基準を持って厳選した石材店のみをあなたに紹介します。

参照:墓石コネクト

また(全てのサービスではありませんが)見積もりも一社だけではなく、最大6社と複数の石材店を同時にもらえます。

特徴2:安く墓石が購入できる

墓石の費用は石材店の言い値で決まってしまいます。

ただ複数の石材店を比較することによって、下記の実例のように100万円以上安くなる場合がたくさんございます。

参照:墓石ナビ

また(全てのサービスではありませんが)下記のようにキャッシュバックを行なっており、墓石一括見積もり経由だとさらに費用が安くなります。

参照:墓石コネクト

特徴3:気軽に利用ができる

利用する方法は下記の記入欄に必要情報を記入するだけです。1分もかかりません。

参照:墓石コネクト

また、筆者も実際に利用してみて、石材店よりしつこい営業はないことはわかっているのですが、下記のように無料で石材店へのお断りも代行してくれます。

参照:墓石コネクト

ここまで墓石一括見積りの特徴を紹介してきました。

優良な石材店を複数比較でき、費用も安くなり、気軽に利用できるオススメなサービスです。

 

ただ墓石一括見積りサービスは比較的新しいサービスで、中には信頼できないサービスも存在します。

最後にどのサービスがオススメできるかをご紹介させていただきます。

墓石の一括見積りは墓石コネクトがオススメ

結論から申し上げます。

墓石の一括見積りサービスは「墓石コネクト」をオススメします。

参照:墓石コネクト

なぜ墓石コネクトがオススメなのかは、2017年8月時点で確認できる下記サービスの中で、

墓石一括見積もりサービスで重要と思われる下記7項目が優良な内容と言えます。

比較対象 墓石コネクトの内容
運営会社 インターネット関連の事業を多岐に展開する株式会社エフ・コネクト
提携葬儀社数 全国の石材店・業者が対応
サポート体制 365日24時間のコールセンター・メール対応
フォーム入力時間 1分
葬儀社の質 審査基準を通過した優良な石材店
気軽さ しつこい営業はなく、気軽に断れる
お得さ 最大10分のキャッシュバックサービス

簡単な説明になりましたが、墓石コネクトを利用しておけば問題はありません。

→墓石コネクトのホームページはこちら
https://boseki-connect.com

仮に葬儀レビの詳細をより確認したい方は下記記事も参考にしてください。

「墓石コネクト」ってどう?実際に利用した人の評判や口コミを一挙公開!

墓石コネクトは厳選された優良の石材店から最大6社の見積もりを一度にもらえる「墓石一括見積り」サービスになります。 ただ悪徳業者も多く、トラブル相談も相次いで国民生活センターに寄せられている墓石の業界だ ...

続きを見る

こちらの章では後悔のない墓石選びの方法を説明しました。

後悔のない墓石選びをするためには、優良な石材店を複数見つけて比べる必要があります。

優良な石材店を複数比較するためには、墓石一括見積りサービスの墓石コネクトをおすすめします。

5.まとめ

いかがでしたでしょうか?

中国産墓石の特徴、そして後悔のない墓石の選び方をお伝えしてきました。

しつこいかもですがこの記事でご紹介した内容を最後にご紹介いたします。

 

中国産墓石は加工技術の進歩もあり、価格の割に高級感のある墓石です。

ただ、安価な中国産の墓石を国産や高級な中国産、インド産として販売している悪徳業者もいるので注意してください。

また後悔しない墓石の選び方には、

優良な石材店の複数比較が必要になり、墓石一括見積りサービスの墓石コネクトをオススメします。

→墓石コネクトのホームページはこちら
https://boseki-connect.com

おすすめ記事

1

既に葬儀一括見積りサイトを利用すると決めておられる方は、「葬儀一括見積りサイトの徹底分析とランキング3選」をご覧ください 最近ではインターネットの普及によって葬儀社の選びかたが変わり、「葬儀一括見積り ...

2

目次約80%の人が葬儀社の比較をしないで後悔をしている葬儀一括見積もりサイトは手間をかけずに厳選された葬儀社を全国から見つけられる胸を張ってオススメする葬儀一括見積もりサイト3選たった10分であなたの ...

3

上記のような理由だけで、日本に7,000以上ある葬儀社の中から家族葬を選んでしまうのは大きな間違いです。 家族葬は他の葬儀と比較し、費用面でとても透明性があり納得できる比較検討ができるのが特徴です。 ...

4

とは株式会社ユニクエスト・オンライン(大阪府・西区)が提供するサービス名で、葬儀業界の不透明な費用に大胆にもメスを入れた、葬儀の追加費用が一切かからない定額サービスになります。 年間約24,000件の ...

-お墓

Copyright© お葬式のいろは , 2017 All Rights Reserved.