その他

お葬式に関する曜日の考え方!タブーと日程決めのポイント

更新日:

お葬式の準備を進める中で、曜日を決める際に下記のようなお悩みをお持ちの方も多いと思います。

お葬式の曜日に関してはしっかりとした決まりはございませんが、六曜や地域ごとにタブーが存在するのも事実で誤るとトラブルに発展する可能性もございます。

こちらの記事では、お葬式の曜日に関してあなたが恥ずかしい思いをしないように、タブーや日程を決める方法をお伝えしますのでぜひ参考にしてみてください。

※早く、また確実に「葬儀の曜日」に関して知りたい人は「小さなお葬式」に電話することをオススメします。しつこい営業は一切なく、葬儀のプロがあなたのどんな疑問にも親身になって答えてくれます。

1. お葬式の曜日は決まっている?

この章では、お葬式の曜日について解説します。

ちょっとしたタブーを避ければ、お葬式の曜日を決めるのは難しくありません。

基本的には何曜日でもよい

お葬式をしてはいけない曜日というのはありません。

基本的には何曜日でも構わないのです。

お葬式そのものに限らず、お通夜や火葬についても同じことが言えます。

ただ下記2つの視点でタブーが存在するのも事実です。

2つのタブー

  1. 六曜
  2. 特定の地域

六曜によるタブー

お葬式には、曜日というよりは、六曜によるタブーがあります。

先勝・友引・先負・仏滅・大安・赤口の六曜のうち、友引だけはお葬式にふさわしくないとされます。

友引は「友を引く」と書き、不幸が続くことを連想させるからです。

ただし、浄土真宗など、六曜を気にしない宗派では、友引でもお葬式が行われる場合があります。

また、お葬式の前に火葬をする地域では、火葬だけを友引に行い、翌日にお葬式をすることも珍しくありません。

より六曜の詳細を知りたい方は下記記事を参考にしてみてください。

お葬式における六曜で注意すべきことは?気になる友引と他の日取りに関して

お葬式をする際に日取りで六曜を気になる方も多いでしょう。 元葬儀人として下記のようなご相談をよく頂いておりました。 六曜の理解が足りなくて、親戚や親族とトラブルが発生する場合もございます。 こちらの記 ...

続きを見る

地域のしきたりによるタブー

地域のしきたりによって、タブーとされる日にちがあります。

代表的なのは、「亡くなってから4日目にお葬式を行わない」とするしきたりです。

「4」は「死」に通じるからというのが、主な理由のようです。

ご自身に住まれている地域の方に聞くのが一番良い方法です。


上記のようにお葬式をしてはいけない曜日、ふさわしい曜日というのはなく、むしろ六曜やしきたりにタブーがあることをお分かりいただけたかと思います。

では、具体的には、お葬式の曜日はどのように決めればいいのでしょうか。

2. お葬式の曜日を決める方法

この章では、お葬式の曜日を決める方法をお伝えします。

下記二つの要望に沿ってご紹介します。

曜日決めの2つの要望

  1. なるべく期間を短縮したい
  2. お通夜やお葬式を土日に合わせたい

ではそれぞれをみていきましょう。

なるべく期間を短縮したいとき

なるべく期間を短縮したいときは、亡くなってから3日目をお葬式とします。

具体的には、臨終が日曜日なら、お通夜は月曜日、お葬式と火葬は火曜日とするのです。

火曜日が友引にあたる場合は、お通夜を火曜日、お葬式と火葬を水曜日にずらします。

ただし、4日目のお葬式を避けるしきたりがある場合は、もう一日ずらす必要があります。

この場合、お通夜が水曜日、お葬式と火葬は木曜日となります。

お通夜やお葬式を土日にあわせたいとき

お通夜やお葬式を土日に合わせたいときは、友引や4日目のお葬式を避けてスケジュールを立てます。

臨終が日曜日なら、お通夜を土曜日、お葬式を次の日曜日とします。

ただし次の日曜日が友引の場合は、お通夜を金曜日、お葬式を土曜日に早めたほうがいいでしょう。

このように、友引と4日目に気をつけて葬儀日程を組み立てましょう。


いかがでしたでしょうか。

実際に、お葬式は基本どのような曜日に行っても問題ございません。

ただ、六曜や特定の地域によってタブーが存在しますので、気をつけるようにしましょう。

このように葬儀の準備をすすめるにあたって、曜日や六曜を気にすることは大切です。

ただ満足のいく葬儀をあげるには、葬儀社の選定が一番大切です。

どれだけ曜日や六曜を気にしても、選ぶ葬儀社をあやまれば「料金がとても高い」「追加料金がかかった」など後悔してしまう可能性もあります。

では最後に、あなたがそんな後悔をしないよう葬儀社の選び方のコツを教えます。

3.満足のいく葬儀をあげるためのコツ

いくら曜日や六曜を良い日にちで選んでも、実際に葬儀を行う葬儀社えらびを誤れば元も子もないです。

この記事では「優良な葬儀社をどのように見つけるのか」を、葬儀業界の闇に触れながら説明します。

葬儀業界は費用のトラブルが多発

ほとんどの場合、故人が危篤になってから始まるお葬式の準備ですが、実は時間と気持ちに全く余裕を持つことができません。

そんな余裕のない中、葬儀の内容でたくさんの細かなことを決めなければいけず、また葬儀社はあれやこれやと追加の提案をしてきます。

最終的には「料金が高い」「追加料金が発生した」などの費用に関するトラブルがたくさん発生し、消費者庁の運営する国民生活センターから正式に注意喚起がされています。

国民生活センター

ではそんな費用に関するトラブルが多い葬儀業界でどのように優良な葬儀社を選べばいいのでしょうか。

葬儀の仲介サイト「小さなお葬式」がおすすめ

このような葬儀業界に対して筆者としては、下記3つの特徴を持つ「小さなお葬式」がおすすめです。

2つの特徴

  1. 料金が安い
  2. 定額で追加料金がかからない
  3. 優良な葬儀社を複数紹介してくれる

実は「小さなお葬式」は葬儀社ではありません。

利用者(あなた)に全国の4,000以上からなる斎場から要望にあったものを紹介してくれる仲介サービスです。

そんな「小さなお葬式」経由で葬儀社を探すと、追加料金がかからず、かつ安い料金でお葬式を行えるというサービスです。

また、安く追加費用がかからないだけでなく、紹介してくれる葬儀社は厳選されている優良な葬儀社とのことです。

筆者も実際に利用しましたが、確かに地元では有名で優良といわれている斎場を10つ紹介してもらいました。

このような特徴のもつ「小さなお葬式」はたくさんの利用者からえらばれており、2017年の葬儀受注件数が全国1位とのことです。

小さなお葬式

満足のいく葬儀をあげたいなら利用すべきサービスと言えます。

筆者も何度か問い合わせてみてみましたが、しつこい営業もなく丁寧に相談のってくれるので、軽い気持ちで電話してもよいと言えます。

おすすめ記事

1

既にサービスを利用すると決めておられる方は「葬儀一括見積りサイトの徹底分析とランキング3選」をご覧ください。 インターネットの普及によって葬儀社の選びかたが変わり「葬儀一括見積り」がオススメという情報 ...

2

目次約80%の人が葬儀社の比較をしないで後悔をしている葬儀一括見積もりサイトは手間をかけずに厳選された葬儀社を全国から見つけられる胸を張ってオススメする葬儀一括見積もりサイト3選たった10分であなたの ...

3

上記のような理由だけで、日本に7,000以上ある葬儀社の中から家族葬を選んでしまうのは大きな間違いです。 家族葬は他の葬儀と比較し、費用面でとても透明性があり納得できる比較検討ができるのが特徴です。 ...

4

お葬式の準備でさまざまな情報を調べて調べるうちに「小さなお葬式がオススメである」と目にした人も多いかと思います。 「小さなお葬式」は利用者数全国1位のサービスであり、ネット上のさまざななところで紹介さ ...

-その他

Copyright© お葬式のいろは , 2018 All Rights Reserved.