家族葬

家族葬は告別式必要?開く場合の注意点と開かない場合の代案

更新日:

【この記事は約2分で読めます】

家族葬は一般的な葬儀と異なる点がいくつかあります。

こちらの記事では家族葬の告別式に関する内容を記載していきます。

家族葬は告別式必要なの?
家族葬で告別式をする際の注意点は?
家族葬と一般的な葬儀で告別式の内容が変わるの?

上記のような質問を元葬儀人の私はたくさんもらいました。

家族葬での告別式をやるもやならいも、

やる場合の内容をどこまで省略するのもあなた次第です。

ただ、告別式そのものや内容の意義をしっかり理解してから判断しましょう。

告別式の意義をしっかり把握せずに判断してしまうと、他の参列者の想いと乖離が発生しトラブルが生じることもあります。気をつけましょう。

こちらの記事では下記4点を紹介いたします。

  1. 告別式の意義
  2. 家族葬における告別式は必要か?
  3. 家族葬における告別式の流れ
  4. 家族葬で告別式を行わない場合は?

こちらの記事を読むことによって、あなたが家族葬の告別式をやるべきかやらないべきか、またやる場合の流れとやらない場合の代案を把握することができます。

1.みんな意外に知らない告別式の意義

葬儀の告別式には、参列者が故人に最後のお別れをし、悲しい気持ちをみんなで慰め合うという意義があります。

また、最後にお別れの場があることで、遺族が愛する人に別れを告げ、明日に向けて少しなりとも気持ちを切り替えることができます。

2.そもそも家族葬って告別式は必要?

親族中心の家族葬であれば、

わざわざ告別式を行うまでもないのでは

と疑問に思う人もいるでしょう。

もちろん、さまざまな考え方があります。

家族葬における告別式は、行っても行わなくてもどちらともよく、あなたの意志で決めることができます。

(※極稀に葬儀社や菩提寺の規則でご自身できめきれない場合もあります。事前にしっかり相談をしましょう)

では下記に実際に開く必要がある場合を見ていきましょう。

2-1.家族葬で告別式を開く理由

故人に対して

もっとやれたことがある

など悔やむことが多いなら、告別式は必要です。

告別式は、故人を主役にし親族が心を尽くすことができる最後の機会だからです。

2-2.家族葬で告別式を開かない理由

上記理由とは逆で、

故人に対して精一杯尽くせた

という充実感があるときは、告別式は不要かもしれません。

家族葬において告別式が必要かどうかは、遺族の気持ちによるでしょう。

次章では、家族葬における告別式の流れをご紹介します。

3.家族葬における告別式の流れ・注意点

家族葬と一般的な葬儀の告別式の流れに大きな違いはありません。

告別式の詳細な流れを把握したい方は下記の記事をご参照ください。

葬儀の流れ|事前準備から葬儀後までの全知識

人生最期のイベントである葬儀。 ただ、葬儀には独特な「しきたり」があり、細かな流れやマナーを把握することは簡単なことではありません。 この記事を読まれているあなたは、 のようなお悩みをおもちではないか ...

続きを見る

ただ、家族葬における告別式では内容を下記のように調整できたり、若干の相違点がありますのでご参照ください。

3-1.弔辞・弔電は行われないことも

家族葬では一般参列者がいないため、弔辞・弔電の時間がない場合があります。

かわりに孫の手紙朗読があるなど、よりアットホームな別れの場となります。

3-2.喪主あいさつがないこともある

親族のみの場合、喪主あいさつがぎょうぎょうしく不自然に感じられる場合が多々あります。

このため、喪主あいさつを省く家族葬がみられます。

3-3.告別式の時間が短い

参列する人数が多いと、焼香や献花に時間をとられ、一時間ほどかかります。

一方、家族葬での告別式は、人数が少ないため、30分から40分ほどで終了するのが一般的です。

一般的な葬儀とは少し流れが違うことがわかっていただけたでしょうか。

ここまで家族葬で告別式を行う場合を紹介してきました。

続いては家族葬で告別式を行わない場合、どうすればよいのか見ていきましょう。

4.家族葬で告別式を行なわない場合は直葬がオススメ

上記で告別式の意義や家族葬の告別式の流れを紹介してきました。上記内容をみて、

やはり家族葬での告別式はいらない

と思われたあなたは、直葬という葬儀の形式をオススメします。

直送は通夜や葬儀、告別式を行わず、火葬のみを行う葬儀の形式で、費用も安く、昨今では首都圏を中心に直葬を選ぶ利用者が急増しています。

より直葬を知りたければ、まずは下記サイトであなたの要望にあった直葬相場をチェック&内容をオペレーターと気軽に相談しましょう。

大手企業が運営し、優良な葬儀社しか紹介されず、しつこい営業も一切ないので安心して利用できるサービスです。しかもオペレーターも丁寧です。

葬儀業界の大手企業、株式会社みんれびが運営

上場済みのインターネット大手企業のニフィティ株式会社とサービス提携

提携葬儀社数は400以上

紹介実績年間4,800以上の実績

24時間365日、コールセンターとインターネット対応

【葬儀レビ】全国資料一括請求

尚、実際の依頼方法は下記のフォームの「ご質問・ご要望」欄に直葬と記載し、他の必要項目を埋めるだけです。1分もあれば完了します。

もちろん家族葬にも利用できますので、葬儀社の候補をふやしたい方、家族葬の相場を知りたい方にもオススメです。

5.まとめ

以上、この記事では大きく下記4点を紹介してきました。

  1. 告別式の意義
  2. 家族葬における告別式は必要か?
  3. 家族葬における告別式の流れ
  4. 家族葬で告別式を行わない場合は?

こちらの記事を読むことによって、あなたが家族葬において告別式が必要かどうかが判断でき、必要な場合の流れと必要でない場合の代打案を把握でき、納得のいく葬儀をあげられれば幸いです。

おすすめ記事

1

既に葬儀一括見積りサービスを利用すると決めておられる方は、こちらの記事の「葬儀一括見積りサイトの徹底分析とランキング3選」をご覧ください。 最近ではインターネットの普及によって葬儀社の選びかたが変わり ...

2

目次約80%の人が葬儀社の比較をしないで後悔をしている葬儀一括見積もりサイトは手間をかけずに厳選された葬儀社を全国から見つけられる胸を張ってオススメする葬儀一括見積もりサイト3選たった10分であなたの ...

3

上記のような理由だけで、日本に7,000以上ある葬儀社の中から家族葬を選んでしまうのは大きな間違いです。 家族葬は他の葬儀と比較し、費用面でとても透明性があり納得できる比較検討ができるのが特徴です。 ...

4

とは株式会社ユニクエスト・オンライン(大阪府・西区)が提供するサービス名で、葬儀業界の不透明な費用に大胆にもメスを入れた、葬儀の追加費用が一切かからない定額サービスになります。 年間約24,000件の ...

-家族葬

Copyright© お葬式のいろは , 2017 All Rights Reserved.