火葬場

知らなきゃ危ない?火葬場での待ち時間に必要な食事と対応

投稿日:

火葬場での休憩時間の食事に関して下記のようなことで疑問・不安を感じる人もいるでしょう。

疑問・不安

  • 火葬中の待ち時間は何をすればいいの
  • どんな食事・飲み物を出せばいいの
  • 喪主や主催側はどんな対応をすればいいの

そこで今回は、火葬中に食事に関して紹介します。

火葬中の食事は精進落としや通夜振る舞いなどの儀式ではありません。

あくまでも火葬の待ち時間になります。

ただマナーもあり、一つ間違えるとトラブルに発展する可能性もあるので気をつけてください。

あなたがこの記事を読み終わることには、火葬中の食事はどのようなものを提供すればいいか、また喪主・主催側としてどのような対応すればいいかわかるようになりますので、ぜひ参考にしてみてください。

火葬場の待ち時間に用意する食事・飲み物

一般的に火葬には1時間ほどかかります。

その1時間の間では、僧侶や参列者は火葬場の控え室で軽食やお菓子を食べたり、お茶・お酒を飲んだりし、ほとのど火葬場では飲食物の持ち込みを認めています。

軽食・お菓子に関してはコンビニで買えるもので大丈夫

軽食に関してはサンドウィッチやおむすびなど、お菓子は小分けできるおつまみやチョコレートなどが主流です。

コンビニで買えるものでも全く問題ないので忘れずに用意するようにしましょう。

お茶・お酒の飲み物に関しては火葬場で購入できるが...

また飲み物に関しては火葬場で買える、用意している場合がほとんどです。

飲み物に関しては用意しなくてもいいですが、全ての火葬場が用意していると言い切れないので、事前に確認するようにしましょう。

喪主や葬儀の主催側は、お酒やソフトドリンク、お菓子などの用意を忘れないようにしましょう。


 

ではこの火葬の待ち時間に、喪主や主催側はどのような対応をすればいいのでしょうか。

火葬場での待ち時間(食事時間)にて必要な対応

喪主や主催側は火葬中の待ち時間、どのような対応をすればいいのでしょうか。

一般的には食事の挨拶は必要ない

喪主や主催側は通夜振る舞いや精進落としなどの挨拶はする必要ありません。

理由としては通夜振る舞いや精進落としなどの儀式ではなく、あくまでも火葬の待ち時間だからです。

ただ、軽食や飲み物に手を付ける人がいなければ「どうぞ軽食をご用意したので召し上がってください」などその場の雰囲気をみて言うようにしましょう。

僧侶や参列者との会話やお茶入れなどの対応が一般的

ではどのような対応をすればいいのでしょうか。

一般的には僧侶や参列者にお酒やお茶入れなどの対応が一般的になります。

ただこの時参列者がおおく、主催側が少ないと対応仕切れない可能性がありますので、事前に対応係を決めておくのもオススメです。

まとめ

いかがでしたか。

この記事では火葬中の食事に関する情報を紹介してきました。

食事といってもあくまでも待ち時間なので、しっかりとした食事を用意する必要はありません。軽食で十分です。

軽食はコンビニで買えるサンドウィッチやおむすび、チョコレートやせんべいなどが主流です。

忘れずに準備するようにしましょう。

また飲み物は火葬場で買える・用意している場合が多いので事前に用意する必要はないと言えます。

また喪主や主催側の挨拶は必要ありません。

僧侶や参列者のお酒やお茶入れなどの対応をするようにしましょう。

この記事が少しでもあなたのためになれば幸いです。

おすすめ記事

1

既にサービスを利用すると決めておられる方は「葬儀一括見積りサイトの徹底分析とランキング3選」をご覧ください。 インターネットの普及によって葬儀社の選びかたが変わり「葬儀一括見積り」がオススメという情報 ...

2

目次約80%の人が葬儀社の比較をしないで後悔をしている葬儀一括見積もりサイトは手間をかけずに厳選された葬儀社を全国から見つけられる胸を張ってオススメする葬儀一括見積もりサイト3選たった10分であなたの ...

3

上記のような理由だけで、日本に7,000以上ある葬儀社の中から家族葬を選んでしまうのは大きな間違いです。 家族葬は他の葬儀と比較し、費用面でとても透明性があり納得できる比較検討ができるのが特徴です。 ...

4

驚く人も多いと思いますが「小さなお葬式」は、葬儀受注件数が2年連続で日本一に選ばれているサービスです。 出典:小さなお葬式 そんな「小さなお葬式」はおおくの人から利用されているため、ネット上では良いこ ...

-火葬場

Copyright© お葬式のいろは , 2019 All Rights Reserved.