お墓

「墓じまい」や「改葬」の際に寺院や住職とトラブルの元になる「離檀料」とは?

投稿日:

【この記事は約2分で読めます】

お墓の後継ぎがいない、お墓の維持ができない等の理由で、昨今では墓じまいや改葬が着目を浴びています。

ただ同時に寺院・住職とのトラブルも多く発生しており問題になっております。

そのようなトラブルが多い墓じまいや改葬において下記のようなお悩みをお持ちの方を多いと思います。

あなたがお持ちであろうお悩み

墓じまい・改葬にはどんなトラブルがあるの?

墓じまい・改葬でトラブルにならないためにはどうすればいいの?

離檀料ってなに?払う必要があるの?どれくらい支払うの?

墓じまい・改葬に関して何も知らないで進めていると寺院や住職とのトラブルに発展する可能性は十分にあります。

こちらの記事では元葬儀人の私が、あなたが穏便に墓じまいや改葬を進められるように、上記のお悩みに対して包み隠さずにお答えします。

こちらの記事を最後まで読めば墓じまい・改葬のトラブルの全貌がわかり、特に寺院・住職との対応の仕方を把握でき、最終的には満足のいく墓じまい・改葬の準備を進められることをお約束します。

墓じまいや改葬にはトラブルが三つほどある

まず寺院・住職に関わる墓じまいや改葬のトラブルを説明する前に、そもそもどのようなトラブルがあるのか簡単に説明していきます。

主に下記3つに分けられます。

墓じまいや改葬の3つのトラブル

  1. 寺院・住職とのトラブル
  2. 親族・知人とのトラブル
  3. 石材店・業者とのトラブル

下記に簡単に説明をいたします。

トラブル1:寺院・住職とのトラブル

墓じまいや改葬をする際に、今までお骨を納めていた寺院やその住職に気持ち代としてのお布施を支払う場合が多いです。

そのお布施のことを離檀料と言うのですが、その離檀料を法外な金額を要求される場合がありトラブルになっています。

トラブル2:親族・知人とのトラブル

墓じまいや改葬をするということは、お墓をなくしたり違う場所に移すことになります。

そのこと自体に遺族や周りの知人が賛成してくれる保証はございません。

墓じまいや改葬の意見の相違によりトラブルが発生する場合があります。

トラブル3:石材店・業者とのトラブル

墓じまいや改葬をする際には、今ある墓地を更地にしたり、供養の一つである閉眼供養が必要にあります。

上記の費用に関して高額な費用を請求する石材店や業者があり、トラブルが発生しているようにです。

 

上記3つのトラブルの簡単な説明をしました。

こちらの記事ではトラブル1の「寺院・住職とのトラブル」に関しての詳細を記載していきます。

「親族・知人とのトラブル」の詳細を確認したい方は下記を、

「墓じまい」や「改葬」の際に生じる親族や知人とのトラブルを元葬儀人が解説

お墓の後継ぎがいない、お墓の維持ができない等の理由で、昨今では墓じまいや改葬が着目を浴びています。 ただ同時に親族・知人とのトラブルも多く発生しており問題になっております。 そのようなトラブルが多い墓 ...

続きを見る

「石材店・業者とのトラブル」の詳細を確認したい方は下記をご覧下さい。

元葬儀人が伝える「墓じまい」や「改葬」の際に生じる石材店や業者とのトラブル

お墓の後継ぎがいない、お墓の維持ができない等の理由で、昨今では墓じまいや改葬が着目を浴びています。 ただ同時に業者・石材店とのトラブルも多く発生しており問題になっております。 そのようなトラブルが多い ...

続きを見る

寺院・住職が法外な離檀料を要求するトラブル

こちらでは法外な離散料に関するトラブルを説明していきます。

そもそも離檀料とは?

冒頭でも軽く説明しましたが離檀料とは、墓じまいや改葬等を行う際に寺院や住職への感謝の気持ちを表すお布施のことをさします。

墓じまいや改葬を行う場合には今まで遺骨を納めてきた寺院から別の場所に移すことになるため、

「今まで遺骨を納めていただきありがとうございました」との感謝の現れを意味します。

なぜ離檀料が必要なのか?

墓じまいや改葬をする際に必要になるのが「埋葬証明書」です。

これを寺院や住職からもらう必要があるために、今までのお礼と共に離檀料を支払います。

高額な離檀料を請求する寺院・住職とのトラブル

このようにそもそもは感謝の気持ちを表すお気持ち代である離檀料。

この離檀料を法外な額を請求する寺院・住職がありトラブルが発生しているようです。

中には数百万円要求されたケースもあったとのことです。

ではこのように請求された場合はどうすれば良いのでしょうか?

下記に詳細を記載していきますので参考にしてください。

過度な離檀料に対しての対応

こちらでは過度な離檀料を請求された場合の対処法をお伝えします。

離檀料の相場

上記のように数百万円請求された場合どうすれば良いのでしょうか?

間違ってもそのまま要求通りに支払うことはしてはいけません。

離檀料とはお気持ち代になります。

あなたが寺院や住職に支払う義務は一切ございません。

そもそも寺院や住職が金額を指定するのがおかしいのですが、ただ相場は寺院に確認する場合が多いようです。

相場は3〜15万円、多くても20万円と覚えておけば良いでしょう。

それ以上の請求があった場合は下記のように対応する必要があります。

  1. 穏便に話し合いを進める
  2. それでもダメだったら行政機関へ相談・法的対策をとる

ではそれぞれを説明していきましょう。

対策1:穏便に話し合いを進める

寺院や住職は地元に根付いている場合が多く、たとえ法外な金額を要求されたとしても揉め事は避けるべきです。

できるだけ穏便にことを進められるように、

  • そもそも離檀料はお気持ち代である
  • 離檀料はそもそも任意であり義務で支払うものではない

上記のポイントを元に穏便に話合うことをオススメします。

対策2:行政機関への相談・法的処置をとる

仮に穏便に話が進められずどうしようもない場合は法的処置をとるしかございません。

ただこちらは最終手段になります。

弁護士を雇うにも費用がかかるので本末転倒になりかねません。

行政機関(村役場・町役場・市役所)から改葬許可を得ることをできる可能性もあります。

まず行政機関にご相談することをおすすめします。

それでもダメでしたら弁護士に依頼をし裁判での解決くらいしか方法はございません。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

墓じまいや改葬の「寺院や住職に関わるトラブル」を深堀して見てきました、

穏便に話し合いで解決することが最優先ですが、行政機関への相談、それでもダメだったら法的処置する方法もあることをお伝えしてきました。

こちらの記事を通じてあなたがトラブルに巻き込まれず墓じまいや改葬を進められることができましたら幸いです。

なお、「親族・知人とのトラブル」の詳細を確認したい方は下記を、

「墓じまい」や「改葬」の際に生じる親族や知人とのトラブルを元葬儀人が解説

お墓の後継ぎがいない、お墓の維持ができない等の理由で、昨今では墓じまいや改葬が着目を浴びています。 ただ同時に親族・知人とのトラブルも多く発生しており問題になっております。 そのようなトラブルが多い墓 ...

続きを見る

「石材店・業者とのトラブル」の詳細を確認したい方は下記をご覧下さい。

元葬儀人が伝える「墓じまい」や「改葬」の際に生じる石材店や業者とのトラブル

お墓の後継ぎがいない、お墓の維持ができない等の理由で、昨今では墓じまいや改葬が着目を浴びています。 ただ同時に業者・石材店とのトラブルも多く発生しており問題になっております。 そのようなトラブルが多い ...

続きを見る

おすすめ記事

1

既に葬儀一括見積りサイトを利用すると決めておられる方は、「葬儀一括見積りサイトの徹底分析とランキング3選」をご覧ください 最近ではインターネットの普及によって葬儀社の選びかたが変わり、「葬儀一括見積り ...

2

目次約80%の人が葬儀社の比較をしないで後悔をしている葬儀一括見積もりサイトは手間をかけずに厳選された葬儀社を全国から見つけられる胸を張ってオススメする葬儀一括見積もりサイト3選たった10分であなたの ...

3

上記のような理由だけで、日本に7,000以上ある葬儀社の中から家族葬を選んでしまうのは大きな間違いです。 家族葬は他の葬儀と比較し、費用面でとても透明性があり納得できる比較検討ができるのが特徴です。 ...

4

とは株式会社ユニクエスト・オンライン(大阪府・西区)が提供するサービス名で、葬儀業界の不透明な費用に大胆にもメスを入れた、葬儀の追加費用が一切かからない定額サービスになります。 年間約24,000件の ...

-お墓

Copyright© お葬式のいろは , 2017 All Rights Reserved.