お墓

故人の魂を抜く閉眼供養とは?「墓じまい」や「改葬」の際に必要な供養の概要

更新日:

【この記事は約3分で読めます】

お墓に宿る故人の魂を抜く閉眼供養。

墓を継ぐ人がいないなどの理由で、「墓じまい」や「改葬」が昨今で注目されている中で、必要になってくる閉眼供養も着目されております。

ただこの独特な供養である閉眼供養に対して下記のようなお悩みをお持ちでないでしょうか。

あなたが持っているであろう悩み

  • 閉眼供養って何?やらなければいけないの?特徴や流れを知りたい
  • 費用はかかるの?相場はどれくらいと思っておけばいい?
  • 閉眼供養のマナーの詳細を知りたい

こちらの記事では元葬儀人がとことん調べてわかった、閉眼供養の正体をつつみ隠さずお伝えします。

また第三者の立場を利用して、「墓じまい」や「改葬」を進めるための注意点も同時にお伝えします。

最後までこちらの記事を読めば下記のことがわかり、

この記事でわかること

  • 閉眼供養の概要(流れ・費用・マナー)
  • 「墓じまい」や「改葬」を進める際の注意点

閉眼供養のことだけではなく、その後の「墓じまい」や「改葬」を円満に進められるようになります。

1. 閉眼供養って何?いつやるの?

ここでは、閉眼供養の概要を解説します。

具体的には、閉眼供養の意味や、いつ行うかをみていきます。

1-1. 閉眼供養とはお墓の魂を抜く儀式のこと

閉眼供養とは、お墓に宿る故人の魂を抜く儀式のことです。

お墓ができたときには、あらかじめ開眼供養をしてもらっているため、故人の魂が宿っています。

その魂を抜く儀式を閉眼供養というため、「魂抜き」「性根抜き」とも呼ばれます。

閉眼供養とは魂を抜く儀式であることを説明しました。

次に、閉眼供養はいつ行うのかをみていきましょう。

1-2. 閉眼供養はいつ行うか

閉眼供養は、今あるお墓を処分するときや、今あるお墓から遺骨を取り出すときに行います。

具体的には、次のようなときに閉眼供養が必要になります。

  • 実家から離れて暮らしているため田舎のお墓を処分する「墓じまい」のとき
  • 今あるお墓から新しいお墓へ遺骨を移す「改葬」のとき

以上、閉眼供養の意味、いつ行うかを説明しました。

次に、閉眼供養の流れや費用をみていきましょう。

2. 閉眼供養の流れと費用について

ここでは、閉眼供養の流れと費用を説明していきます。

2-1. 当日までと当日の閉眼供養の流れ

閉眼供養の当日までの流れは、以下の通りになります。

  1. 菩提寺にお墓を処分したい旨を告げ、閉眼供養を依頼する
  2. 石材店にお墓の処分を依頼する
  3. 決められた日時に家族や親族とお墓へ出向き、住職に閉眼供養を行ってもらう

閉眼供養の当日の流れは、以下の通りになります。

  1. お墓掃除をする
  2. 供花・供物をささげる
  3. 住職にお経をあげてもらう
  4. お線香をあげてお参りする

閉眼供養の後に、遺骨をお墓から取り出したり、石材店にお墓を処分する工事(墓じまいや改葬という)をしてもらったりすることになります。

墓じまいや改葬に関しては、3章「閉眼供養後の墓じまいや改葬の行う上での注意点」で詳しく説明しておりますので、ご確認ください。

以上、閉眼供養の流れについて、おわかりいただけたでしょうか。

次に、閉眼供養で準備するものをみていきましょう。

2-2. 閉眼供養で準備するものはお墓参りとほぼ同じ

閉眼供養で準備するものは、次の通りになります。

  • お布施
  • お墓の清掃用品
  • お墓に供える供花・供物
  • ろうそく・線香・マッチ

このように、お布施以外は、通常のお墓参りと同じものを持参します。

お布施の金額が気になることでしょう。次は、閉眼供養の費用について説明します。

2-3. 閉眼供養の費用は20万円程度

閉眼供養そのものの費用として、主なものは住職へのお布施になります。

今まで供養してもらったお礼を込めて、10万円から20万円ほどのお布施を包むのが一般的です。

もしも、檀家を離れるための「離檀料」を別に請求されているとしたら、

閉眼供養そのもののお布施は、3万円から5万円ほどとするのがいいでしょう。

なお、お墓がお寺から離れたところにある場合は、「御車代」として5千円から1万円程度を包みます。

以上、閉眼供養に流れや費用についてみてきました。

次に閉眼供養のあとに行う墓じまいや改葬の注意点をご紹介します。

後悔してしまう可能性もありますのでしっかりみてください。

3. 閉眼供養後の墓じまいや改葬の行う上での注意点

閉眼供養後にはお墓を撤去する「墓じまい」か、お墓を引っ越しする「改葬」のどちらかをされると思います。

そこで必要なのが墓石の撤去作業になります。

相場は20-30万円ほどですが、中には倍以上の費用を見積りしたり、法外な料金をとるような業者もいますので十分検討してください。

ちなみに有名な優良会社でも7万円や20万円など下記のように費用に差がございます。

参照:magokorokakaku.com

参照:sankotsu-sou.com

対処法としてはあなたの要望(エリアや価格、時期)に合わせられる業者を必ず複数比較することです。

墓じまいを行なっている業者も少なく、簡単に複数の候補を見つけられないという方には、

全国の優良な業者のみの複数の見積りを、あなたの要望に合わせて出してくれる墓石コネクトをオススメします。

気にいるものがない場合はわざわざ断りの連絡をする必要もないですし、記入時間も1分もかかりませんので気軽に利用できます。

 

では最後に閉眼供養にまつわるマナーご紹介します。

4. 閉眼供養にまつわるマナー

ここでは、閉眼供養にまつわるマナーを紹介します。

具体的には、開眼供養そのもののマナーと、お墓の処分のマナーになります。

4-1. 閉眼供養のマナー

閉眼供養を行ううえでは、次のマナーを守りましょう。

  • 告知:閉眼供養を行うことを親族全体に告げ、立ち会いたい人には日時や場所を伝えましょう。
  • 服装:喪服ではない地味な服装を選びましょう。遺骨を取り出すときに汚れるため、動きやすい格好が無難です。
  • お布施:お布施の表書きは「御布施」とし、御車代は別に包み、表書きは「御車代」とします。
  • 供養後の知らせ:閉眼供養が終わったら、無事終わったことを立ち会っていない親族へ電話などで伝えましょう。

4-2. 閉眼供養後のお墓の処分のマナー

閉眼供養後、お墓を処分するときには次のマナーを守りましょう。

  • 処分方法お墓の処分は石材店に依頼します。不法投棄がされないよう、きちんとした石材店に依頼しましょう。お寺の指定店なら安心です。
  • 最後の挨拶:お墓の処分が済み、墓地が整地されたことを確認したら、改めて住職に最後の挨拶をしましょう。今までお世話になったことに、感謝の気持ちを述べます。

以上、閉眼供養のマナーについてお伝えしました。

5.まとめ

いかがでしたでしょうか?

気になる閉眼供養に関してとことん調べてみました。

こちらの記事を通じて閉眼供養の概要から気になる費用、マナーを把握でき、その後の墓じまいや改葬を後悔のない選択ができましたら幸いです。

おすすめ記事

1

既に葬儀一括見積りサービスを利用すると決めておられる方は、こちらの記事の「葬儀一括見積りサイトの徹底分析とランキング3選」をご覧ください。 最近ではインターネットの普及によって葬儀社の選びかたが変わり ...

2

目次約80%の人が葬儀社の比較をしないで後悔をしている葬儀一括見積もりサイトは手間をかけずに厳選された葬儀社を全国から見つけられる胸を張ってオススメする葬儀一括見積もりサイト3選たった10分であなたの ...

3

上記のような理由だけで、日本に7,000以上ある葬儀社の中から家族葬を選んでしまうのは大きな間違いです。 家族葬は他の葬儀と比較し、費用面でとても透明性があり納得できる比較検討ができるのが特徴です。 ...

4

とは株式会社ユニクエスト・オンライン(大阪府・西区)が提供するサービス名で、葬儀業界の不透明な費用に大胆にもメスを入れた、葬儀の追加費用が一切かからない定額サービスになります。 年間約24,000件の ...

-お墓

Copyright© お葬式のいろは , 2017 All Rights Reserved.