その他

知らなかったで済まされない?お葬式の暦に関するマナー

投稿日:

お葬式は普通の人では知らない細かなしきたりが存在し、一歩間違えるとトラブルに発展することさえございます。

こちらの記事では「お葬式の暦」に関するマナーを元葬儀人がお伝えします。

難しいように思う方もいらっしゃいますが、そんなこともございませんので是非参考にしてみてください。

1. お葬式における暦のマナー

この章では、お葬式における暦のマナーについて解説します。

暦を気にしなければならないのは、「友引」と「4日目」の2点です。

お葬式の日は友引を避ける

「大安」「仏滅」などの六曜のうち、「友引」だけはお葬式をしないというしきたりがあります。

「友を引く」という字から、不幸が続くことが連想されるためです。

このしきたりから、友引を低級にしている火葬場も多くみられます。

友引は、6日に一度やってきます。

より詳細をみたい方は下記記事をご覧ください。

実は友引に葬式をあげても問題ない?対処法とダメと言われている理由

「友引にお葬式をあげてはいけない」誰もが一度は聞いたことのある話でしょう。 ただ下記のような疑問をお持ちの方も多いのではないでしょうか? 考え方次第ではございますが、「友引にお葬式を行い親戚とトラブル ...

続きを見る

4日目のお葬式を避ける地域がある

「4」は「死」に通じるという考え方から、亡くなって4日目のお葬式を避ける地域があります。

火葬の後にお葬式を行う地域では、4日目に火葬だけを行い、5日目にお葬式をするという措置が取られることがあります。


 

以上の2点だけに注意すれば、お葬式の日程は自由に決められます。

しかし、4日目のお葬式を気にしない地域は多くありますし、なかには友引すら気にしないケースがあります。

次章では、お葬式の暦を気にする必要がない場合についてご紹介します。

2. お葬式の暦を気にする必要がない場合

お葬式の暦を気にする必要がないのは、浄土真宗の葬儀の場合や、参列者の誰も暦を気にしない場合です。

詳しく解説しましょう。

浄土真宗の葬儀の場合

浄土真宗の僧侶や信徒は、友引に葬儀をすることを気にしない傾向があります。

火葬場さえ休業でないなら、浄土真宗の場合は、自由に日程を選べます。

ただ、4日目葬儀を行わない地域では、近所が気にすることもあるため、注意が必要です。

宗教者を含め誰も暦を気にしない場合

葬儀を行う僧侶や、主だった親族が友引や4日目の葬儀を気にしないなら、葬儀日程を決めるのに何の縛りもありません。

そもそも六曜は仏教とは関連がなく、また友引を「友を引く」へと連想を広げるのも日本独特の解釈です。

ですから、友引葬儀を気にしない僧侶も少なくありません。

葬儀日程を決めるときには、僧侶や親族がしきたりを気にするかどうかも、確認しておきましょう。

おすすめ記事

1

既にサービスを利用すると決めておられる方は「葬儀一括見積りサイトの徹底分析とランキング3選」をご覧ください。 インターネットの普及によって葬儀社の選びかたが変わり「葬儀一括見積り」がオススメという情報 ...

2

目次約80%の人が葬儀社の比較をしないで後悔をしている葬儀一括見積もりサイトは手間をかけずに厳選された葬儀社を全国から見つけられる胸を張ってオススメする葬儀一括見積もりサイト3選たった10分であなたの ...

3

上記のような理由だけで、日本に7,000以上ある葬儀社の中から家族葬を選んでしまうのは大きな間違いです。 家族葬は他の葬儀と比較し、費用面でとても透明性があり納得できる比較検討ができるのが特徴です。 ...

4

お葬式の準備でさまざまな情報を調べて調べるうちに「小さなお葬式がオススメである」と目にした人も多いかと思います。 「小さなお葬式」は利用者数全国1位のサービスであり、ネット上のさまざななところで紹介さ ...

-その他

Copyright© お葬式のいろは , 2018 All Rights Reserved.