家族葬 葬儀の形式

「家族葬」と「一般葬」の違いはなに?葬儀のプロがわかりやすく解説

更新日:

普通の葬儀が「一般葬」、近親者のみで行うのが「家族葬」とはわかるけど、より具体的な違いをわかる人は少ないでしょう。

驚く人もいると思いますが、実は「一般葬」と「家族葬」の内容はものすごく似ており、違いは参列者の対象と数くらいです。

仮に「通夜や告別式などの儀式をたくさんやりたくない」「料金を安くしたい」などの要望から「家族葬」を選んでいるなら、やめておきましょう。

この記事ではあなたが「家族葬」と「一般葬」の違いがわかるようになり、最終的にはあなたがどの葬儀の形式を選べばいいかわかるようになりますので、参考にしてください。

「家族葬」と「一般葬」の違いを一言でまとめると

いきなり結論になりますが「家族葬」と「一般葬」の違いは、参列者の対象・人数になります。

「家族葬」は家族や親族をメインとした近親者が参列しますが、「一般葬」は知人や会社など一般の人も参列します。

なお葬儀内容は一緒で、前日に通夜、当日の告別式、火葬を行います。

「そもそも葬儀の内容・流れがわからない!」という人もいると思います。下記の記事に細かく記載してますので参考にしてみてください。

葬儀の流れ|事前準備から葬儀後までの全知識

人生最期のイベントである葬儀。 ただ、葬儀には独特な「しきたり」があり、細かな流れやマナーを把握することは簡単なことではありません。 この記事を読まれているあなたは、 のようなお悩みをおもちではないか ...

続きを見る


「え?でも家族葬は費用(料金)は安くなるのでは?」と思っている人も多いでしょう。

実はそんなことはありません。

あなたも気になるであろう「家族葬」と「一般葬」の費用(料金)の考え方をみてみましょう。

「家族葬」は「一般葬」の費用(料金)は安いが出費は一緒?

下記のように「家族葬」は「一般葬」と比べて費用(料金)は安いです。

小さなお葬式

ただこの費用(料金)が安いから支払う出費が安いとは限りません。

当たり前のことを言いますが「家族葬の料金が安い=参列者が少ない」からです。

ただ参列者が少なければ少ないほど、もらえる香典も少なくなります。

いくら費用(料金)が安かったとしても、香典が少ないため出費が多くなる場合もみられます。

結婚式のお祝儀と同じ考え方です。

つきましては、「家族葬=出費が少ない」と言い切ることはできません。

この家族葬の費用(料金)に関してより詳細を知りたい人は下記の記事を参考にしてみてください。

高い?安い?葬儀のプロが語る家族葬の相場と大手葬儀社の費用(料金)一覧

お葬式の準備をすすめる中で、家族・親族のみでゆっくり故人を見送ることができる家族葬を候補にしている人も多いでしょう。 ただ同時にそんな家族葬の費用(料金)に関して下記のような疑問がある人も多いと思いま ...

続きを見る


ここまでの説明で「家族葬」と「一般葬」は、参列者の対象と人数が異なるだけで、内容や出費に関してはほぼ一緒であることがわかりました。

「で、結局どっちを選べばいいのかわからない」と思う人も多いでしょう。

そのような人のために、あなたは「家族葬」と「一般葬」のどちらを選べばいいか、メリット・デメリットを深掘りしてみました。

あなたに合うのはどっち?「家族葬」と「一般葬」のメリット・デメリット

こちらでは「家族葬」と「一般葬」の2つを比べた際の、各々のメリット・デメリットをまとめてみました。

要するに

メモ

  1. 家族葬:近親者のみでゆっくり故人を見送りたい人向け
  2. 一般葬:友人や知人を招待し盛大に故人を見送りたい人向け

のようにまとめられます。

家族葬や一般葬の詳細をより確認したい人は下記の記事を参考にしてみてください。

家族葬のメリット・デメリットを葬儀のプロが徹底解説!

お葬式の準備を進める中で、家族葬を検討しているがいまいちメリット・デメリットを理解できず、下記のような疑問を持っている人も多いと思います。 あなたも困っていると思いますが、家族葬の歴史は浅く、情報がし ...

続きを見る

一般葬とは?昔からの伝統を重んじる形式の概要やデメリット等の全てを紹介

昨今の葬儀の多様化により、一般的な葬儀のことを「一般葬」と呼ばれるようになりました。 そんな時代の流れを受けて下記のような疑問をあなたはお持ちではないでしょうか? 上記のような悩みをあなたはお持ちでは ...

続きを見る


いかがでしたでしょうか?こちらの記事では「家族葬」と「一般葬」の解説をしてきました。

ただ昨今では葬儀の形式が多様化しており、仮に料金(費用)が安く、また近親者のみの葬儀なら「直葬(火葬式)」や「一日葬」がおすすめです。

「結局どの葬儀の形式を選べばいいのかわからない!」という人に、下記の診断ツールを作成しました。

いくつかの質問に答えれば、あなたに合う葬儀の形式がわかりますので、是非参考にしてみてください。

質問1
どちらの要望を優先してお葬式の形式を選びたいですか?

おすすめ記事

1

既にサービスを利用すると決めておられる方は「葬儀一括見積りサイトの徹底分析とランキング3選」をご覧ください。 インターネットの普及によって葬儀社の選びかたが変わり「葬儀一括見積り」がオススメという情報 ...

2

目次約80%の人が葬儀社の比較をしないで後悔をしている葬儀一括見積もりサイトは手間をかけずに厳選された葬儀社を全国から見つけられる胸を張ってオススメする葬儀一括見積もりサイト3選たった10分であなたの ...

3

上記のような理由だけで、日本に7,000以上ある葬儀社の中から家族葬を選んでしまうのは大きな間違いです。 家族葬は他の葬儀と比較し、費用面でとても透明性があり納得できる比較検討ができるのが特徴です。 ...

4

お葬式の準備でさまざまな情報を調べて調べるうちに「小さなお葬式がオススメである」と目にした人も多いかと思います。 「小さなお葬式」は利用者数全国1位のサービスであり、ネット上のさまざななところで紹介さ ...

-家族葬, 葬儀の形式

Copyright© お葬式のいろは , 2018 All Rights Reserved.