家族葬

知らなきゃ恥をかく!あなたは参列しても大丈夫?家族葬の参列マナー

更新日:

【この記事は約2分で読めます】

従来のお葬式とは大きく異なる独特なしきたりがある家族葬。

その中でも注意をしなければいけないのが、ご自身が参列者の対象かどうかになります。

この記事をみられているあなたは

家族葬の参列者の範囲がわからない
私は家族葬に参列してよいのかわからない
参列する場合やしない場合のマナーが知りたい

そんなお悩みをお持ちではないでしょうか?

家族や親族を中心にこじんまり行う家族葬。

お呼ばれしてもないのに参列することは、失礼になります。

こちらの記事では、そんな失敗をしないため下記の内容をご紹介致します。

  • 家族葬の一般的な参列者の範囲
  • あなたご自身が参列すべきかそうでないを判断する方法
  • 家族葬に参列する、参列しない、辞退するケース毎のマナー

こちらの記事をみることによって、

あなたご自身が参列するかどうかがわかることはもちろんのこと、参加する場合と参加しない場合のマナーを把握でき、

第三者として正しい姿勢で家族葬に関われることができます。

1.家族葬の参列者の範囲

家族葬の参加者の範囲は下記が一般的と言われております。

  • 家族
  • 亡くなった人の子供の家族
  • 亡くなった人の配偶者の父親、母親
  • 亡くなった人の兄弟

ただはっきりとしたきまりはございません。

上記にあげた以外の親族やとても親しい友人をお呼びする例もあります。

このように対象になる参列者の曖昧さが、参列者にとって家族葬と関わっていく中で悩ましいポイントになります。

では次に実際にあなたが家族葬の参列すべきか、そうでないか説明していきます。

2.あなたは参列しても大丈夫?家族葬に参列すべきかどうかを徹底紹介

2-1.基本、参列を遠慮すべき

通常、家族葬は家族や親族でおこないますので、原則参列は遠慮します。

招待されてないのに訪問するのは大変な失礼になります。その後の人間関係にも影響が出る場合がございますので、十分きをつけましょう。

2-2.参列しても問題ない2つの場合

参加しても問題ない場合は下記2つになります。

1.遺族から電話で直接参列のお願いがあった

遺族は家族葬の参列のお願いをする際には、電話を利用するのが一般的です。

実際に電話で参列のお願いがあった場合、参列しましょう。

2.訃報連絡の中に家族葬の詳細の情報がある

少し判断しずらいのが、電話でなく書面で連絡をもらった場合です。

書面で連絡をもらった場合に参列すべきかどうかを判断するには、

葬儀場や開始時間等の家族葬に関する詳細情報の記載されているかどうか、になります。

詳細情報の記載があれば参列しても問題なく、なければ参列はご遠慮しましょう。

もし判断ができない場合は、遺族に問い合わせてみるのも手段の一つです。

ここまでで、ご自身が参列すべきかどうかがご判断いただけたと思います。

では次に参列する方としない方にわけて、それぞれのマナーをご紹介させて頂ければと思います。

3.家族葬に参列する、参列しない人のマナー

3-1.家族葬に参列する場合の4つのマナー

家族葬のマナーは一般な葬儀と大きな違いがありません。

下記ではその中でも、家族葬で特に注意しなければいけない4つのマナーは下記になります。

  1. 家族葬=香典はいらないという考えを間違い
  2. 旅費をもらっても香典が不要とあればお返しは控える
  3. 喪服を着る
  4. 帰宅する際は喪主にしっかりと挨拶をする

3-2.一歩間違えれば失礼になる家族葬に参列しない方のマナー

家族葬に関してましては、参列しない側のマナーが大変重要になります。

ご好意で行ったことも一歩間違えれば失礼になりますので、しっかり把握していきましょう。

家族葬で参列しない場合は下記4つのマナーが重要になります。

  1. お通夜も参列しない
  2. ご焼香は葬儀一週間後になるべく喪服を来て訪問する
  3. ご焼香しない場合はお悔やみの手紙を送る
  4. 弔電と線香はお渡ししてよいが、お香典と供花は控えるべき

ここまで参列する立場、しない立場のマナーをご紹介してきました。

尚、家族葬のマナーは下記記事で、家族葬を開く立場、参列する立場、参列しない立場ごとにより詳細に記載しておりますので、同時にご参照くださいませ。

知らなきゃ恥をかく!業界人が教える家族葬の把握すべきマナー解説

従来のお葬式とは異なるマナーが家族葬には必要になります。 この記事をみられているあなたは そんなお悩みをお持ちだと思います。 家族を中心に小規模で行う家族葬だからこそ、より一層注意しなければいけないマ ...

続きを見る

4.まとめ

以上、下記3点を解説してきました。

  • 家族葬の一般的な参列者の範囲
  • あなたご自身が参列すべきかそうでないを判断する方法
  • 家族葬に参列する、参列しない、辞退するケース毎のマナー

この記事を通じて、みなさまが参列するべきかそうでないかを判断し、それぞれの立場としてのマナーを把握していただき、

お恥ずかしい思いをせず、正しい姿勢で家族葬に関わることができれば幸いです。

おすすめ記事

1

既に葬儀一括見積りサービスを利用すると決めておられる方は、こちらの記事の「葬儀一括見積りサイトの徹底分析とランキング3選」をご覧ください。 最近ではインターネットの普及によって葬儀社の選びかたが変わり ...

2

目次約80%の人が葬儀社の比較をしないで後悔をしている葬儀一括見積もりサイトは手間をかけずに厳選された葬儀社を全国から見つけられる胸を張ってオススメする葬儀一括見積もりサイト3選たった10分であなたの ...

3

上記のような理由だけで、日本に7,000以上ある葬儀社の中から家族葬を選んでしまうのは大きな間違いです。 家族葬は他の葬儀と比較し、費用面でとても透明性があり納得できる比較検討ができるのが特徴です。 ...

4

とは株式会社ユニクエスト・オンライン(大阪府・西区)が提供するサービス名で、葬儀業界の不透明な費用に大胆にもメスを入れた、葬儀の追加費用が一切かからない定額サービスになります。 年間約24,000件の ...

-家族葬

Copyright© お葬式のいろは , 2017 All Rights Reserved.