家族葬

家族葬の総額がわからない!気になる追加料金の実態と総額がわかる方法

投稿日:

家族葬を検討しているが追加料金が発生するなどの情報を目にし、「家族葬の総額」に関して下記のような疑問を持っている人も多いでしょう。

驚く人も多いでしょうが、ほとんどの葬儀社ではホームページにある料金で葬儀が行えません。

表示されている料金と最終的に支払う総額が大きく異なります。

そんな葬儀業界では追加料金などの不透明な費用が原因で多くのトラブルが生じております。

特に新しい葬儀の形式である家族葬は、実績の少ない葬儀社が多いためより注意が必要になります。

この記事では家族葬の総額について、読者(あなた)がどのようにすれば最終的に支払う料金を読者目線で書いております。

この記事を読むことによって家族葬の総額をわかり、結果追加料金ででトラブルに巻き込まれることなく、最終的には満足のいく家族葬を行える可能性がグッと上がりますので、ぜひ参考にしてみてください。

※なお、「家族葬の相場」に関して知りたい人は下記の記事を参考にしてください。

高い?安い?葬儀のプロが語る家族葬の相場と大手葬儀社の費用(料金)一覧

お葬式の準備をすすめる中で、家族・親族のみでゆっくり故人を見送ることができる家族葬を候補にしている人も多いでしょう。 ただ同時にそんな家族葬の費用(料金)に関して下記のような疑問がある人も多いと思いま ...

続きを見る

1.見積もりと請求とで家族葬の総額が変わる?葬儀業界の闇

まずはじめに、なぜ家族葬は総額がわかりにくいのか?の理由をみてみましょう。

追加料金でトラブルが多発する葬儀業界

冒頭でも少し触れましたが、葬儀業界は見積もり時とは異なる追加料金が頻繁に発生し、多くのトラブルになっています。

結果、国の消費者庁が運営する「国民生活センター」から下記のように正式な注意喚起が行われているほどです。

国民生活センター

では、なぜこのように"請求"と"見積もり"とで大きく総額が異なるのでしょうか。

時間も精神的にも余裕がない葬儀の準備

ほとんどの場合、故人が危篤になってから始まるお葬式の準備ですが、実は時間と気持ちに全く余裕を持つことができません。

どう考えても最愛な人が亡くなった直後で、冷静に様々なことを判断することは難しいと思います。

ただそんな状況でされ、葬儀の準備ではたくさんの細かなことを決めなければいけません。

しかも葬儀社のホームページには総額を明記しておらず、またあれやこれやとプランに含まれていない項目を追加に提案してきます。

葬儀社の追加の提案に関して、冷静に判断できないことがが"請求"と"見積もり"の総額に差額が生じる原因だったのです。

ではこのような状況で事前に家族葬の総額を把握し、後悔しない葬儀をあげるのはどのようにすればいいのでしょうか?

2.家族葬の総額を事前にわかる2つの方法

方法は下記2つになります。

2つの方法

  1. 追加料金が発生しそうな項目を葬儀社に確認
  2. 追加料金の発生しない優良な葬儀社を選ぶ

ではそれぞれみていきましょう。

方法1:追加料金が発生しそうな項目を葬儀社に確認

ほとんどの葬儀社では、葬儀のどの項目に料金はいくらかかり、どの項目にどのくらいの追加料金が発生するのかが明記されてません。

ここで紹介する方法は、追加料金は発生する可能性がある項目を一つ一つ葬儀社と共に確認する方法です。

時間はかかりますが、より確実な方法です。

葬儀のプロに家族葬の追加料金がかかりそうな項目を確認

この記事では、追加料金が発生しそうな項目に抜け漏れが一つもないよう、少しでも追加料金が発生しそうな項目を葬儀のプロ奥山様に確認してもらいました。

 

奥山晶子:

 

  • 1980年生まれ。
  • 2003年に冠婚葬祭互助会にて従事。
  • 2008年に仕事の経験をもとに喪主向けの実用誌を発刊。この頃から葬儀ライターとして活動を始める。
  • 2013年より2年間「NPO法人葬送の自由をすすめる会」理事。

 

著書:

 

  • 『終活バイブル』(中央公論新書)
  • 『葬式プランナーまどかのお弔いファイル』(文芸春秋)
  • 『フリースタイルのお別れざっし 葬』(自身で発刊)

では追加料金が発生する可能性がある項目をみてみましょう。

家族葬で追加料金が発生する可能性がある項目一覧

上記のチェック表を元に家族葬において追加料金が発生しないか一つずつ葬儀社と確認しましょう。


こちらでは、追加料金の発生する可能性がある項目を一つずつ葬儀社と確認する方法を紹介してきました。

この方法は確実ではありますが、欠点もあります。

余裕のない葬儀の準備の中で時間がかかってしまったり、そもそも全ての葬儀社が対応してくれるとは限りません。

筆者としては次の方法が、より確実でおすすめなので是非試してみてください。

方法2:追加料金の発生しない優良な葬儀社を選ぶ

いきなり結論を言いますが「小さなお葬式」というサービスがおすすめです。

そもそもの追加料金がかからず、定額で家族葬を行うことができます。

小さなお葬式

そんな小さなお葬式の特徴をしっかりまとめると下記3つに分けれます

3つの特徴

  1. 料金が安い
  2. 定額で追加料金がかからない
  3. 優良な葬儀社を複数紹介してくれる

おすすめしており恥ずかしいですが、そんな筆者ははじめ勘違いしてましたが、「小さなお葬式」は葬儀社ではありません。

利用者(あなた)に全国の4,000以上からなる斎場から要望にあったものを紹介してくれる仲介サービスです。

「小さなお葬式」経由で葬儀社を探すと、追加料金がかからず、かつ安い料金でお葬式を行えるというサービスです。

また、安く追加費用がかからないだけでなく、紹介してくれる葬儀社は厳選されている優良な葬儀社とのことです。

筆者も実際に利用しましたが、確かに地元では有名で優良といわれている斎場を10つ紹介してもらいました。

このような特徴のもつ「小さなお葬式」はたくさんの利用者からえらばれており、2017年の葬儀受注件数が全国1位とのことです。

小さなお葬式

ここまで読んでくれた読者に決めつけるのも、あまり好きではありませんが「小さなお葬式」に関しては「家族葬の総額」で少しでも疑問を持っている人におすすできるサービスです。

筆者も何度か問い合わせてみてみましたが、しつこい営業もなく丁寧に相談のってくれるので、まずは軽い気持ちで電話してもよいと言えます。

「小さなお葬式」の詳細をよりしりたければ下記の記事も参考にしてみてください。

元葬儀人と実際の利用者が教える「小さなお葬式」の正体と正しい使い方

お葬式の準備でさまざまな情報を調べて調べるうちに「小さなお葬式がオススメである」と目にした人も多いかと思います。 「小さなお葬式」は利用者数全国1位のサービスであり、ネット上のさまざななところで紹介さ ...

続きを見る

3.まとめ

いかがでしたでしょうか?

こちらの記事では「家族葬の総額」に関して、「なぜ"見積もり"と"請求"の総額が異なるのか?」「家族葬の総額を事前にわかる2つの方法」を紹介してきました。

下記2つの方法を参考に家族葬の総額を事前に把握して、後悔のない葬儀を行うようにしましょう。

2つの方法

  1. 追加料金が発生しそうな項目を葬儀社に確認
  2. 追加料金の発生しない優良な葬儀社を選ぶ

おすすめ記事

1

既にサービスを利用すると決めておられる方は「葬儀一括見積りサイトの徹底分析とランキング3選」をご覧ください。 インターネットの普及によって葬儀社の選びかたが変わり「葬儀一括見積り」がオススメという情報 ...

2

目次約80%の人が葬儀社の比較をしないで後悔をしている葬儀一括見積もりサイトは手間をかけずに厳選された葬儀社を全国から見つけられる胸を張ってオススメする葬儀一括見積もりサイト3選たった10分であなたの ...

3

上記のような理由だけで、日本に7,000以上ある葬儀社の中から家族葬を選んでしまうのは大きな間違いです。 家族葬は他の葬儀と比較し、費用面でとても透明性があり納得できる比較検討ができるのが特徴です。 ...

4

お葬式の準備でさまざまな情報を調べて調べるうちに「小さなお葬式がオススメである」と目にした人も多いかと思います。 「小さなお葬式」は利用者数全国1位のサービスであり、ネット上のさまざななところで紹介さ ...

-家族葬

Copyright© お葬式のいろは , 2018 All Rights Reserved.