火葬場

火葬場は公営と民営どっちがいい?気になる料金相場と特徴

投稿日:

火葬場を調べているが下記のようなことで疑問・不安を感じる人もいるでしょう。

疑問・不安

  • 火葬場にはどんな種類があるの?
  • 公営と民営の火葬場はどちらがいい?
  • 公営と民営の火葬場はだいたいどれくらいの料金か知りたい

そこで今回は、公営・民営の火葬場に関して紹介します。

公営には公営の、民営には民営のメリット・デメリットが存在します。

あなたがこの記事を読み終わることには、公営・民営の火葬場がどのような特徴を持っているのか、どれくらいの料金なのかを把握でき、さらにあなたの近くにある火葬場一覧も知ることができます。

ぜひ参考にしてみてください。

火葬場の2つの種類:公営と民営

日本の火葬場には公営と民営の2つの種類で分けることができます。

ではそれぞれの特徴をみてみましょう。

地域の自治体が運営する公営の火葬場

各地域の自治体が運営している公営の火葬場にはいくつかの決まりがある場合があります。

例えば、故人もしくは喪主などお葬式を主催する遺族のその地域に住んでいる必要があったりします。

自治体が運営しているため民営と比較してかかる費用は安いです。

葬儀社や寺院など自治体以外の団体が運営する民営の火葬場

公営の火葬場とは異なり、利用に際して決まりがないのが民営の火葬場になります。

予約さえ空いていればどんな人でも利用できます。

自治体が運営している訳ではないので、公営と比べ民営の料金は少し割高になります。


 

では気になる2つの火葬場(公営・民営)の料金相場をみてみましょう。

値段・費用はどれくらい?公営・民営の火葬場に関する料金相場

では早速、公営の火葬場がどれくらいの費用がかかるのかみてみましょう。

公営の火葬場は数千円〜5万円が料金相場

自治体が運営している公営の火葬場でも料金は一律ではありません。

安い火葬場だと数千円から、高い火葬場だと5万円と民営とそんなに変わりません。

公営だからと言って、料金は安いと言い切れる訳ではないので注意が必要です。

民営の火葬場は5万円〜15万円が料金相場

やはり公営と比べ民営の火葬場は料金が高い傾向があります。

安い火葬場でも公営のもっとも高い料金相場の5万円ほどあります。

ただ高いだけではありません。

自分の希望する時間帯であったり、公営より柔軟な対応をしてくれる特徴もあります。

※あなたの近くにどのような火葬場があるのか気になる人は、下記の記事も参考にしてください。

都道府県ごとの火葬場の一覧を作成しました。

近くの火葬場を知りたい! 【2019年最新】都道府県ごとの火葬場一覧

火葬場を探している中で下記のような疑問・不安を感じる人もいるでしょう。 そこで今回は、時点の全国各都道府県の火葬場一覧をまとめました。 一覧を紹介する前に、一点注意すべきことをお伝えします。 火葬場に ...

続きを見る

まとめ

いかがでしたか。

この記事では公営・民営の火葬場に関する情報を紹介してきました。

公営は料金が安い分、その地域に住んでいる人が優先されます。

逆に民営は空いてさえすれば誰でも利用できますが、公営よりも料金は高くなります。

あなたの置かれている状況にあった火葬場を選ぶようにしましょう。

この記事が少しでもあなたのためになれば幸いです。

おすすめ記事

1

既にサービスを利用すると決めておられる方は「葬儀一括見積りサイトの徹底分析とランキング3選」をご覧ください。 インターネットの普及によって葬儀社の選びかたが変わり「葬儀一括見積り」がオススメという情報 ...

2

目次約80%の人が葬儀社の比較をしないで後悔をしている葬儀一括見積もりサイトは手間をかけずに厳選された葬儀社を全国から見つけられる胸を張ってオススメする葬儀一括見積もりサイト3選たった10分であなたの ...

3

上記のような理由だけで、日本に7,000以上ある葬儀社の中から家族葬を選んでしまうのは大きな間違いです。 家族葬は他の葬儀と比較し、費用面でとても透明性があり納得できる比較検討ができるのが特徴です。 ...

4

驚く人も多いと思いますが「小さなお葬式」は、日本一選ばれているサービスになります。 出典:小さなお葬式 そんな「小さなお葬式」はおおくの人から利用されているため、ネット上では良いことも悪いことも多くみ ...

-火葬場

Copyright© お葬式のいろは , 2019 All Rights Reserved.