葬儀情報

お葬式の予定ってどう立てればいい?トラブルにならないための2つの基礎知識

投稿日:

お葬式の予定を考える上で下記のように困っている人も多いでしょう。

疑問・不安

  • お葬式の予定ってどのように立てればいい?
  • 亡くなったらすぐにお葬式をあげた方がいい?
  • お葬式は全体で何日くらいかかるの?

そこで今回は、お葬式の予定の立て方、お葬式のあげるタイミングをまとめました。

結論から言うと、お葬式の予定と言っても柔軟に調整できます。

ただし、方法や常識を把握していないとトラブルに繋がるので注意するようにしましょう。

最後まで読めば、あなたがどのようにお葬式の予定を立てれば良いかわかるようになるので是非参考にしてください。

お葬式の予定を立てる時の2つの基礎知識

お葬式の予定を立てる時は、2つのポイントに気をつける必要があります。

1つは、火葬は死後24時間経過していなければできないということです。

亡くなった直後に火葬することはできません。24時間という時間を踏まえ、予定を立てる必要があります。

2つ目は、お葬式の日程を立てる上で友引の扱いをよく考えることです。

友引は仏教と関係ありません。友引にお葬式をしても問題ありません。

しかし、友引にお葬式をすることを嫌がる人もいるため、無理に進めると親族間に不和をもたらす可能性があります。

また、友引は火葬場がお休みしていることが多いため、火葬場の予定をチェックしておかないと、せっかく立てたお葬式の予定がキャンセルになってしまうこともあります。

お葬式は亡くなってすぐの予定がいい?いつからお葬式をあげればいい?

お葬式は基本的に「通夜、葬儀、火葬」の流れで進みます。

通夜や葬儀をせず、いきなり火葬することもあります。

予算や日程、遺族の都合や考え方に合わせて柔軟に行われています。

お葬式は亡くなってすぐにしなければいけないという決まりはありません。

今日亡くなったから明日すぐに通夜という流れである必要もありません。葬儀場や火葬場、僧侶の日程も関係します。

よく話し合ってお葬式の日付を決めた方がスムーズに進みます。

遺族や僧侶などの都合が合わなければ、先に火葬を済ませたり、お葬式まで日数を開けたりするなどの対処法が考えられます。

お葬式は全体で何日かかる予定?

お葬式はお葬式の形態や規模によって全体に何日かかるか変わってきます。

通夜からお葬式、火葬という流れで行う場合、2日から数日程度の日数になります。

お葬式と火葬だけの場合は、1日で全て終わらせることもできます。

お葬式の規模が大きいとその分だけ参列者が多いため、一通りの流れを終わらせるために1週間くらいの期間を見ることもあります。

通夜を行わない。お葬式をせず火葬だけにする。

お葬式の流れを簡略化することによって、必要な期間を短くする方法があります。

わからないことは、葬儀店や葬儀場の担当に相談してみましょう。

おすすめ記事

1

既にサービスを利用すると決めておられる方は「葬儀一括見積りサイトの徹底分析とランキング3選」をご覧ください。 インターネットの普及によって葬儀社の選びかたが変わり「葬儀一括見積り」がオススメという情報 ...

2

目次約80%の人が葬儀社の比較をしないで後悔をしている葬儀一括見積もりサイトは手間をかけずに厳選された葬儀社を全国から見つけられる胸を張ってオススメする葬儀一括見積もりサイト3選たった10分であなたの ...

3

上記のような理由だけで、日本に7,000以上ある葬儀社の中から家族葬を選んでしまうのは大きな間違いです。 家族葬は他の葬儀と比較し、費用面でとても透明性があり納得できる比較検討ができるのが特徴です。 ...

4

驚く人も多いと思いますが「小さなお葬式」は、日本一選ばれているサービスになります。 出典:小さなお葬式 そんな「小さなお葬式」はおおくの人から利用されているため、ネット上では良いことも悪いことも多くみ ...

-葬儀情報

Copyright© お葬式のいろは , 2019 All Rights Reserved.